とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夭逝
やりきれない

心が裂かれるような 詩 で ある


あしたはもっともっと できるようにするから 
もうおねがい ゆるして ゆるしてください 
おねがいします ほんとうにもう おなじことはしません ゆるして
・・・



結愛ちゃん が 亡くなった 享年5歳


もちろん オイラには 怒り狂う権利も
鬼畜のような親に対して 直接的に罰を加える権利もない

しかし ただ ただ どうしょうもない怒りと 悲しみだけが残る


この文を読んだ 多くの局の プロのアナウンサーが 泣いた
冷静に事実を伝えるべく 冷静に言葉を紡ぐこと を生業(なりわい)としているはずの
プロのアナウンサーたちが 涙声になった

これほどまでに 心を揺さぶられる 手紙を 日記を 嘆願書を 見たことがない
いや これは 心の叫びの「詩」である

アンネ・フランクの「アンネの日記」は その後の歴史を変えたという
でも オイラにはね それを上回る 衝撃を与えられた 文学作品 なんである



故郷の姉貴と電話で話した
結愛ちゃんの 話になった

オイラは この才能が天に召されたことを嘆いた

とても5歳の子が書いたとは思えない
凄まじい才能だ
この子が成長して 大人になっていったなら あと 何年後か
この子は 必ず世の中の人々の心を動かす 凄まじい詩人になったろうに
みんなの心に残る 凄まじい作品を必ず残したろうに
もったいない 残念でならん

電話口で 姉貴が ううん と小さく否定した

この子はね
もう みんなの心の中に ちゃあんと残ったんだよ


合掌
スポンサーサイト
2018年 春 甲子園予想 反省会
バタバタしてる間に 高校野球も終わってしまった
球児の諸君 すまない 今春はほとんど見てはおらんかった

大阪桐蔭が春連覇を果たされた というニュースを見て
「おぅ 終わったのか」と知った次第 許されよ

そういえば オイラ 大阪桐蔭を優勝候補にしていたな
これは いい成績が取れておるかも知らん
さっそく 答え合わせをしていこう



下記 青太字が的中



・BEST16

東海大相模・静岡・膳所・明徳義塾
国学院栃木・智弁和歌山・智弁学園・創成館
明秀日立・大阪桐蔭・東邦・慶応
日大三・乙訓・近江・星稜


12校的中 12✖️3点 = 36点

おぅ 優秀ではないか


・BEST 8

東海大相模・明徳義塾・智弁和歌山・智弁学園
大阪桐蔭・東邦・日大三・近江

3校✖️3点 = 9点

うう〜ん ここまで小計45点 ちょいと厳しくなったか


・BEST 4

東海大相模・智弁和歌山・大阪桐蔭・日大三

3校✖️3点=9点

ほぅ 凄いぞ Best4のうち 3校も当たっているではないか 絶好調
ここまで小計 54点
目標60点まで なんとかなるかもしらん


・決勝進出

智弁和歌山・大阪桐蔭

2校 ✖️3点 =6点
完勝ではないか
小計 60点 目標達成 である

・優勝

大阪桐蔭

優勝的中 10点

合計 70点



大勝利である
あちらの世界の ワルいお兄さん達から ハンデ師のスカウトが来るかもしらん
喜ばしい限りだが 許されよ オイラ そんな才能はない


大阪桐蔭の諸君 おめでとう
そして敗れ去った諸君 甲子園を逃した諸君 夏に期待しておるぞ
キミたち ガキどもの 一生懸命な姿は おっさんの いや日本国民の大好物であるのだよ
トラブル その後 (完結編)・・・その②
Xperiaの突然死 それに対して 衝動的にめとった後妻 iPhone 8 plus

後妻は実に器量良しで 多くの人から好かれる名機であった あったが・・・

手にした瞬間に感じた 違和感
漠然としたモヤモヤ感
あぁ オイラの生活スタイルでは 彼女を使いこなすのは無理であろう と感じてしまった

更には OS を換えたことにより 前妻の遺産(電子マネー各種)が宙に浮くという 想定外


親切なdocomoのお兄ちゃんは 遺産返還へ協力してくれたばかりか
結婚相談所よろしく 新妻(GALAXY・AQUOS)を紹介して くれたりもした

どの子が良いだろう
電器屋巡り ネット巡り を 繰り返した

GALAXYにドキドキしたことは前述した
この子は実にベッピンさんである
ただ 今ひとつ 踏ん切りがつかない

そんな時 別のdocomoショップで いるはずのない「ある機種」と出会う

無駄に新機種を乱発し続けるXperiaにおいては 前機種 いや 前々機種に当たろうか
Xperia X performance
であった

その子は 発売品 としてではなく 「音を体験してみてください」の コーナーに 装備品の一つとして置いてあった

手にとってみた
しっくり来た
瞬間に分かった
「おぅ キミであったか」

美人のGALAXYのことを 思い出した あの子と何が違うのだろう

過去のことを思い出した
実はGALAXYは スマホもタブレットも 持っていたことがある
それぞれ買うときには いろんな機種と比べ 「これしかない」と決断して買った
ただ しかし 次の買い替えの時 オイラは何故かGALAXYを選ばずに Xperia にしている

Xperiaとの別れは ほとんどが 故障 であった
iPadでタブレットに目覚めたオイラが Xperiaタブレットに触れたとき
その「しっくり感」に 溺愛したのを覚えている
iPhoneでスマホに目覚めたオイラが Xperiaスマホに触れたとき
その 「しっくり感」に 溺愛したのを覚えている

そして その愛する彼女らは オイラに飽きられる前に 故障によって去って行ってしまったのだ


前回 SONY信者 たるオイラが 糾弾の書 ではなく 信者の悲しいサガを書く と言ったのは
今回の フリ であったのだよ


Xperia X performance に しよう
しかし それは もうどこにも売ってはいなかった


オイラが モノ を買うとき
自覚している ある顕著な傾向がある
「ヒトから買う」
である

売り手の お兄ちゃん・おネエちゃん方が 信頼に足るヒトと判断できれば
価格は関係なく その方々から買いたいと思ってしまう
そして それは 決して後悔に至らない

マンションは 仲良しだった ダイワハウスの支店長から買った
投資は 野村のお兄ちゃん に全面委託している
クルマは ネッツトヨタの おっちゃん
マッサージは 中国人のおネエちゃん

大きな額が動く買い物は 信頼できる方と取引する 社会人時代から変わらない行動経済である


スマホ・タブレットを購入するとき
オイラには 家電量販店・docomoショップ以外に もう一つの信頼できる購入先がある
GEOモバイル である
あそこに行ってみよう

実は 中古品スマホを買うにあたっては 不安材料もあってな
前所有者がどういう使い方をしていたか分からん すぐ壊れても保証は弱い
更には もう一個
初期化しても おサイフケータイは きちんと「退会」していなければ 悪さをするらしいのだ

GEOにいた 若い兄ちゃんに聞いた
お兄ちゃんは真摯に対応してくれた
「品質については保証しよう 使ってみて不具合があったら相談して欲しい
修理・交換 応じようではないか
ただ おサイフケータイについては 手が出せない キャリアショップに相談して欲しい」

おぅ

しかし Xperia の在庫がない

横にいたおネエちゃんが言った 「GEOオンラインで注文されたらどうか」
いや ここで買いたいのだ オンラインでは相談に乗ってくれん
お兄ちゃんが言った「au版ではどうか SIMを差し替えれば使える」
いや docomo版でなければダメなのだ docomoの兄ちゃんに義理がある

おネエちゃんに聞いた 「取り寄せはできんのか」
「それはできないことになっているんですぅ それが出来るのは店長さんだけで・・・」
ん? 店長? ひょっとして

他の業務で奥に引っ込んでいたさっきのお兄ちゃんが出てきた
「分かりました やりましょう」・・・



今 オイラの手元には Xperia X performance が握られている

正直言って 反応の速さ 能力値は iPhoneの方が高い
ただ おサイフケータイ や 握りやすさ 何より「しっくり感」が 満足している

おサイフケータイは やはり 前所有者のデータが悪さをした
ただdocomoショップのお兄ちゃんが サッと消去してくれた

nanacoは返ってきたが suicaとedyは 時間が掛かるようだ
iD も登録に時間が掛かる

「連絡先」や「メモ」のデータも 引き継ぎをしておらんので クラウドにあったヤツしかない
オイラを知る方々 オイラから連絡がなくても許してくれ
キミたちの情報は あったり・なかったり しているのだ


トラブル は 大変だったか

いや この数週間 対処のために 調べまくり・歩き回り・聞きまくったのは 何とも楽しかった
少なくとも 何にもない1日より 数段楽しかった

現役世代の諸君
キミたちは日々 多くの大小のトラブルに出会い 気を病んでいることであろう
でもね
トラブルやストレスって 人生の醍醐味でね
これが全くなくなったら つまらんぞ 楽しむのが良き対処法である

何より
ピンチや挫折にあったら その場にうずくまるな ピンチが蓄積されたり闇が深くなる
一瞬 落ち込んで そして 半歩でもいい 立ち上がって前へ進め
キミの周りには キミが気づいていない「味方」が 確実に存在する

彼らがキミに気づくように うずくまらずに 立ち上がってSOSの旗を振れ

何とかなる!





トラブル その後 (完結編) ・・・その①
あらかじめ お断りしておく

iPhone は 極めて優秀な機種である

Apple信者の方々が多数おられるのも頷ける
さすが ジョブズの置き土産 スマホ界の キングオブキング であることは認めざるを得ない
数週間 iPhone を使いながら その高性能には 脱帽しておったのだよ

3月3日にxperia z4が 突然死を迎えて以来 右往左往しておった

若い諸君は「ソニータイム」なる言葉を知らぬであろう
SONYの製品は 保証期間を過ぎた直後に すぐ壊れてしまう という都市伝説である
いや あくまで都市伝説である
が しかし
オイラの60年の人生を振り返って ソニータイムの犠牲になった愛機は 1台2台の話ではない
記憶をたどるだけでも 4〜5台 いや 6〜7台か
どれも皆 保証期間を過ぎたのち 次の年度を迎える前に 非業の死を迎えている

いや 誤解を与えてはならんな
「SONY糾弾の書」を書きたいわけではない 逆である
壊れても 壊れても 裏切られても 裏切られても それでもSONYを買ってしまう という
SONY信者世代の悲しいサガを 書きたかったのだ

現役世代の諸君に対しては ジョブズのApple みたいなものだ といった方が分かりやすいか

PC(MAC) に始まり itunesを伴っての ipod そして iPhone に ipad.
とんでもない「新しい文化」を提示されて 我々はビックリした
そして我々の日常生活は ジョブズの提示した文化によって 大幅に変わってしまった
思い起こして欲しい
10年前のアナタやアナタの周囲は 今のようにスマホ・タブレット漬けであったか
電車の中を見渡して欲しい 過半の方はスマホに夢中になっておろうが

戦後復興期における SONY は まさに そのような存在であった

「音」は 素晴らしかったのでな
ラジオやレコーダーの品質は 群を抜いていた
それでも一番ビックリしたのは「ウォークマン」である
「音楽を外に持ち出す」
そんな生活文化は それまでなかったのだよ


オイラは今 60歳 である

ガキの頃から 生活文化の革命に ビックリし続けた世代でもある

TV が 家に来てビックリした
親戚中が「坂本九ちゃんを見てみたい」と 集まった大晦日(紅白)が印象的だった

電話機が家に来た
両隣りに「呼び出ししてあげますよ」と お袋が言っていたのを覚えている

ウォークマンが発売された
歩きながら 風景にBGMが流れる感覚に 驚愕した

会社に一人一台PCが導入された
「手書きの方が数倍速いじゃん」と 四苦八苦しながら 操作を覚えた

ケータイが普及した
どこにいても 誰とでもすぐに連絡が取れることに 自由さと不自由さを感じた
もっと若い時期に普及していたら 好きな子の家に電話を掛けるのに あれほどはドキドキしなかったろうなぁ
本人が直接出ればまだしも 家族 特にオヤジでも出て来たときの緊張感はハンパなかった

今の若い方々にとっての「日常」にあるもの 全く自然に受け入れておられようものの多くに
我々は「非日常」から「日常」への 過渡期に直面しておったのだよ


今の時代を 一言で表すと
「スマホに支配された時代」
であろうと思う

電話にビックリし パソコンにビックリし ケータイにビックリした 世の中は
スマホという 総合格闘技の王 の出現により 大幅に動揺させられている

スマホとタッグを組む「ネット」という存在により
TVの視聴率は落ち
iTunesの出現でCDショップは潰れ
電子書籍の出現で街の本屋も潰れ
amazonの出現で 商店 いや大型店舗まで潰されようとしている

いや それ以外にも多くのことが 直接動き回らずとも
キミの手許にある 一台の小さな「スマホ」で 完結してしまうのである

その スマホ一強時代を作り出したもの それが iPhone であることに異論はなかろう

iPhoneが出現しなければ 世の中の景色は もっと違っていただろう
いやしかし モヤモヤ はいろいろあろうが しょうがない
我々人間は 圧倒的熱狂を持って スマホを受け入れて いや支持してしまったのだ

スマホは 「日常」へと昇華したのである



すまん つい ダラダラと駄文・長文になってしもうた

xperia突然死事件からのトラブルの結末を書こうと思っておったら
横道にズレてしまった
(いつものことであるが)
脳体力の低下を痛感する

脳体力があればなぁ
お話をしようと思えば 全体の枠をきちっとデザインし ざっくりデッサンを決めて 書き出すのだが
頭とケツだけ決めて 後は ダラダラ書いてるとこうなるのだ 脳が疲れてるからな

ビジネス文書であれば 間違いなく 却下されるヤツだ

まぁ ジイさん・バァさんの話なんぞ こんなもんだ 許せ

今回を その① とし 次回 その② で完結編を構成させていただく
トラブル 後編
さて まず 海中深く沈んでしまった「電子マネー」を 拾い上げなばならぬ

通常の機種変更なら 旧機→新機への引継ぎをした後 旧機の処分をするのだが
なんせxperia は 突然死して暗闇の深淵に沈んでおる
会員番号やら IDやら 全くわからん
更には Android → ios である iosには nanacoやらedyはプラットホームすらない

docomoの兄ちゃんに相談に行った
せめて Androidに機種変更したい
兄ちゃんは言った
契約が完結している以上 それは難しい とにかく それと切り離してまずはマネー救出に挑もう

お兄ちゃんも協力してくれて suica・nanaco・edy に電話をしまくる

今回 ドタバタしながら ひとつ感じたことがある
それは各社のサービス部門の方々のレベルが 実に高いということだ
壊したアンタが悪いんでしょう てな応対は一切ない 実に親切 誠意たっぷりである
いや こんなチョンボする初心者が結構多いので慣れてらっしゃるのかもしらんがな
電子マネーが 今の世の中を席巻しだしているのが よく分かる
勢いのある会社には 人材が揃ってくるものだ
日本のコールセンター 天晴れである

なんと 皆さん オイラの登録状況を探り出し
nanaco → 新規nanaco作成したら そこに残金振込む
edy → 書類に必要事項書き込んで返送したら 新規edyに振込
suica → 登録銀行口座に振込
更にはsuicaのネエちゃんは 大昔の別Suicaの残金が4,000円あることまで突き止めてくれた

これで 6万弱の 救出ができそうだ
(銀行振込には2wくらいかかりそうなので 救出完了はしとらんが)


次は iphone の対処である
Androidに変更して 電子マネーのプラットホームを作りたい
(カードを作って そこに振り込んでもらう手も もちろんあるのだが)

6万円戻って来るってぇので 少し気が大きくなる
(いや もともとのカネで 増えたわけじゃないぞ ってツッコミは分かるがな
なんせ 生まれついてのプラス思考者なんでな ゼロになった時点でそれを受け止めれば
6万円は湧いてきたカネである)
(いや 生まれついて ではなかった D.カーネギーの『道は開ける』の影響だな)

ちょいと横道に逸れるが 稀代の自己啓発書 道は開ける について書いておこう
ここに 悩みの解消法 ってな項がある
ピンチに陥ったら 考え得る最悪の事態を想定しろ そしてそれに腹をくくれ(覚悟を決めろ)
覚悟が決まれば 残された時間で 少しでもその事態が好転するよう全力を尽くせ である

100 が 0 になっちまおうっていう時 頑張って 50 で留まれば
0 を基準にすれば 純粋に 50 のプラスである
マイナス50を嘆くより プラス50を喜ぶ方が 精神衛生上よろしいのは言うまでもない


いやすまん 横道にズレすぎた

オイラ 次なる手段を考えついたのであるよ
「ゲオモバイル 」ってショップがあってな
そこで iphone 8plus の良品中古は 55,000円で買い取ってくれるのだ
そして xperia の一世代前 XZs は40,000弱で売ってくれるのだ
docomo sim は 共用できる

元々は z4 である その後 z5 → x → xz → xzs → xz1 と来ている
sonyの新商品乱れ打ちは何なのかとは思うがなぁ
普通 新機種だしたら1年は頑張るだろうが この2年ちょいでいくつ出してる

docomoの兄ちゃんに相談に行く
iphone 売り飛ばしたら怒るかい?
兄ちゃんは笑いながら答える
とよださんのモノですよ どうされようが 私が怒ったりするもんですか その上で…
ん?

お兄ちゃんは 次なる裏ワザを出してきた
今 キャンペーン中の新商品を最低価格で契約する そして それにsimを移し替える
お兄ちゃんは大人気機種を二つ提示した
GALAXY S8 と AQUOS R である
この方法を取れば 2年のスパンでトータル5万以下でやれる

この手段がdocomo 公認の方法かどうか分からんので お兄ちゃんに迷惑が掛からんよう
どこのdocomoショップの方かは言わん

ネットや youtube はたまた 店頭品で いろいろいじってみたが
両機種とも 評判が高いなぁ
特に GALAXY は 触ったらトキめいた
サムスンは好きではないし 発火事故のことを忘れてはおらんが
ほぅ と思わせる機種である

また お兄ちゃんに会いに行った

お兄ちゃんは言った
まずは 電子マネーの処理が完結するまで待ちましょう
その期間で もうひとつの選択肢「iphone に馴染む」って感情が出て来るかもしれません

何で? 契約が増えた方が アンタにとってメリットあるじゃないか

とよださん そんなことじゃないんです
iphone は 良い機種です 私は今GALAXY使っていて これも素晴らしい機種ですが
この iphone はねぇ やっぱり とっても素晴らしい機種なんですよ


う〜ん もう少し時間かけて 馴染むかどうか やってみるか




トラブル 前編
更新期間が空いた

トラブルが発生してな その処置に時間を割いておるのだ
(いや 心配なされんでもいい 他人は絡んでおらぬ あくまでオイラ本人で処置できる範囲である)
(心配なんぞ誰がするか とは 仰りたいであろうが オッサンの日記がわりのブログだ 許されよ)

このブログを書いてるってことは もう そのトラブルは解消したのかい ってか?

いや まだ 真っ只中である

解消のために色々と考えていることを まとめておこうと思ってな
なんせ オッサンは脳体力の低下により 物事をすぐ忘れてしまうのでな
次回発生した時のために 何を考え・どう行動したかを 書き留めておこうと思ったのだ
備忘録である
読者の方からアドバイスがあれば ぜひ寄せていただきたい


・・・・・・・・・・・・


トラブルは 突然に発生した

先週の土曜日の朝のことである
いつものように外出すべくスマホ(xperia z4)を充電器から外したんだがな
… 全く反応しない
これは困った

最後の手段 電源キーと音量MAXキーを同時に押し「強制終了」をしたのだが
その時 一瞬 ブルブルっと 震えやがってな それが最期だった
2年以上 優しく付き添ってくれた xperia は もうその後 ウンともスンとも 言わなくなってしまった

あああ・・・ である

彼がいなければ 電話もできねば 電車にも乗れねば コンビニで買い物もできぬ
オイラの生活は その多くを彼に依存していたのだ
恋人との別離や 親友との絶交を検討している方は 今一度考えたほうがいい
彼女や彼が 貴殿の生活に幸福に どれだけ寄与してくれていたか
失ってから気づくものも多いぞ

行き先を変更して 真っ直ぐに 仲良しのドコモショップに向かった
治してもらわねばならぬ

しかし 相談をしながら分かった
もう 2年をゆうに過ぎているスマホ 修理には 時間と結構なカネがかかるのだ

「機種変更の潮時かもしらんな」
そう 恩人に対し オイラはつい そんな冷酷な考えを持ってしまったのである

その時 オイラの頭に浮かんだもの
それは つい先日 iphone 8plus に機種変更した盟友の顔であった
衝動的に 言っていた
「iphone 8plus に 機種変更しよう」
何故 実機をゆっくり検討もせずに また盟友に「使い勝手の感想」も聞かずに言ったのか

この衝動買いが 次なるトラブルを生むことになる


iPhone に決めたのは もう一つ要因がある
それは 先日手に入れた iPad mini の使い勝手が すこぶる素晴らしいのである
以前 アップルと別れたのは 日本語入力の頭の悪さからであった
(個人的感想である アップル社 怒らんでくれ)
Google日本語入力 の 頭の良さに感銘を受けたオイラは あっさりiPadを捨て
Androidにシフトしていた
ところが ここに来て ios の日本語文字入力の実力が完全に上がって来た
現段階では Google日本語入力に引けを取らない
と なると 最近は優秀なタブレットが増えて来てはいるが
やっぱりiPadの実力・安定感は 群を抜いている

今の生活の必需携帯品は スマホと ipadmini4 と ipadair2+Magic Keyboard である
スマホをiPhoneに替えると 連動が効く ファイルが共有されるしな
だから ぼんやりと 次替える時にはiPhoneにしようかな とは考えておったのだ

しかし iphoneを手にして 暫くいじくり回しながら ハッと思った
コイツには オイラに合わない 3つの問題点があったのだ

① とにかく重い

Xperia z4 は144g これに対し iPhone 8Plus は202g
体感重量は ハンパなく重い である
それにデカい
老化しているので 画面はデカい方が良いのだが
オイラの手は小さくて指先面積が大きくて 不器用 ときている
とてもじゃないが 片手で操作など出来ん

② ホームボタンが 気にくわない

ホームボタンとは 下の方にある 丸いボタンなのだが
iPadは ちゃんとフリック感があるのな
しかし コイツ(iPhone)には 押しましたよ ってぇフリック感がない
触れるだけでは反応しない 強目に押さねばならぬ あぁ このストレス

③ おサイフケータイが 使えんのが多い

前機で使っていたおサイフケータイは
「Suica」「edy 」「nanaco」 (幸いWAONはカードで使っておった)

Suicaは使えるが Edyとnanacoは 使えん
更にはSuicaは Android→iPhone は 引き継ぎ出来んときた

いや 慎重に機種変更するんなら Suicaを新規で作り直し 後は IDカード で統一し
旧機で 使い切ってから破棄する って当然考えるんだが なんせ突然死しやがったんでな

更にヤバいことに 家に帰って調べたら その3つ 「オートチャージ機能」にしておってな
10,000円を切ったら 10,000円チャージ してたんよ
全部 17,000円ずつ 残っておった 合計5万円越え これは捨てられない



docomoショップ で買って 更には 契約書にサインした以上 「クーリングオフ」は使えなかろう

iPhoneは 総額10万以上はしよう それに この5万円である

あぁ あぁ あぁ ・・・・



長くなって来たので 今回も 前編+後編 の 二部構成としたい
まだ トラブルは収束してはおらん
しかし 今回 いろんな方法で この大ピンチに対座しようとしておる

後編を待て

五輪・女性・最強兵器
平昌五輪が終わった

終わってみれば なかなか良い大会であった

おそらく日本人選手がメダルラッシュで頑張ってくれたんで
潜在的な「愛国心」が むくむくと湧いて来たのであろう
普段 〇〇ファースト なんぞと声高々に叫んでる連中を見ると
「器がちっちゃいヤツらだなぁ」と 内心バカにしておったのだが
いざ 日本人の活躍を見てしまうと やっぱりダメだなぁ 嬉しくなってしまう

いや 同胞の 極上のドラマを見せてもらったら そりゃ感動するわなぁ

同胞に限らんぞ 最高のアスリートたちの 最高のパフォーマンスに心揺さぶられるのは
人類が生まれ持った感情であろう


それでは雑感を述べていく
雑感である ゆめゆめ抗議などされるな
そこいらの居酒屋でオッチャンたちがワーワー言ってるだけと同じだ
優しい気持ちで読み飛ばして欲しい

特に今回の大会は 「女性」の大会であった

始まる前から 騒いでくれたのは 北朝鮮の「美女応援団」であった

女性の皆さん 怒らんでくれ
「応援団」でも「女性応援団」でもない
全世界は 彼女らのことを「美女応援団」と連呼したのだ
「なんやかや言っても 男は結局 ビジュアルなのね」と軽蔑されたであろう
許してくれ 何と思われても弁明の言葉はない それが 男のサガ なのだ
もしも 彼女らが不細工なネーちゃんたちなら 世界はそんなに騒がない
北朝鮮の外交力の勝利である
あの玄松月って団長もなかなかのベッピンさんであった
加えて トリには金与正だろ 微笑み外交強し である

ただ 前哨戦で一番 いいなぁ と思ったのは北朝鮮勢ではない
開会式に現れた キム・ヨナ だった
あの舞には魅了させられた
彼女は たった一人で 全世界の視線を支配してみせた
さすがである

羽生結弦とか平野歩夢とかは沸かせてくれたし
葛西紀明もジジイなりに魅せてくれた
ただ やっぱり女子選手である

高梨沙羅は良かったなぁ
実力は上2人が圧倒しておったので よう銅に滑り込んだ
いや 全国のサラちゃんファンには怒られるんだろうが オイラ 化粧を変える前の方が好きだった
あのメイクにしてから勝てなくなったんじゃねぇか
北海道の上川のセブンイレブンの娘だろ
世界に出て行くようになって メイクに目覚めたんだろうが アンタの魅力は「純朴」だった気がする
インタビュー聞いてても 中身は純朴なお嬢ちゃんの魅力のままだろうが

お嬢ちゃん と言えば 密かにスノボの 岩渕麗楽 を応援してたんだがな
惜しかったな
いや キミは必ず世界を獲れる選手だ 4年後を待ってるぞ

スケートが凄かった
小平奈緒
滑りも凄かったが 何と言っても 李相花を抱きしめたシーンな
オッちゃん 何回見てもあのシーンだけは ウルっとしてしまう
この子は 日本の宝物だ

高木姉妹
美帆は天才なんだろう 受け答え聞いてても いい意味で唯我(迎合してない)だ
姉ちゃんは 妹の背中を追って追って 金 を取ったんだろうなぁ
いろんな葛藤はあったんだろうが お見事であった

メドベージェワ・ザキトワ
綺麗だわな ロシア人は 歳取るとブクブク オイラみたいな体型になっちまうが
いいじゃないか 一番綺麗な時に 一番綺麗な姿を見せてくださったんだ
いや エキシビションのザキトワの虎柄の妖艶な衣装にやられただけだろ って?
その通りだ

最後はやっぱり カーリングな
視聴率がめちゃくちゃ高かったって言うじゃないか
なんで高かったか分かるかい
ホッと するんよ
夜中に見てて ハラハラドキドキはするんだが 「そだねー」に つい ほっこりするんよ
なんで そだねー に ほっこりするか分かるかい
それは そだねー が 相手への「肯定」の言葉だからだ 「容認」の言葉だからだ

夜中に 日本中で TVを通じて「肯定」が飛び交う空間を共有できたんだ



以前 人類が持ち得た 最終・最強の兵器は「核」ではない と書いた
人類の保有する最強の兵器は「笑顔」である と書いた

北朝鮮の微笑み外交は 騙し絵 なのかもしらん
ただ 我々にとって 最悪の事態 が ミサイルが打ち込まれること と考えれば
少なくとも この期間 最終時計が何秒か巻き戻ったのは事実である

カーリングで 格上の英国との死闘を 最後の最後で制することができたのは
間違いなく 間違いなく
彼女らの笑顔の量 笑顔の量の差である‼︎
2017 今年のNO.1 ⑥ 「言葉大賞」
今年のNO.1は 毎年開催しておる
その年に起こったことを日記代わりに(年記代わりか)記録しておきたいんでな
いつ どこで どういう事・モノに どういう人に 心が揺さぶられたか って言うのを 残しておくのって
人生に とっても大事な事だと思う

その中でも一番大切にしているのが この「言葉大賞」である

人間というものは とっても面白い
おそらく 「死ぬまで 絶対に飽きないものは?」 と聞かれたら
即座に 人間 と 答えられるであろう

そんな 人間 の一員として この世に生を受けられたのは 何よりの至福である


だから そんな人間たちが発した 言葉 って 大好きでな
毎年 その年に感激した 心揺さぶられた言葉を いくつも書かさせていただいている

ただ 2017年は 年の中途で ひとつの言葉を聞いてしまった
圧倒的な言葉であった
もう どうしょうもなく圧倒的な言葉であった
おそらく どんな言葉がこの後出てこようと この言葉の前には霞んでしまおう


「サピエンス全史」という 大ベストセラー が ある

著者によると 約45億年前に地球が出来 約38億年前に生命が生まれ
約250万年前にヒト属が進化し そして 約7万年前に認知革命により虚構の言語が出現したという

有史以来 何百億 何千億の人類が 天文学的な量の「言葉」を 発してきた

しかし そんな 「言葉」たちの中で この言葉以上に 圧倒的なものはない


小林麻央が 最期に海老蔵に言ったとされる 言葉

「愛してる…」


ヒトが いや生命種が 生を受け・生を育み・生を繋いでいく のは
この言葉を言うため この言葉を言ってもらうため に尽きる

いや 「…と 確信する」なんちゅう 中途半端な表現はしない
それは 全宇宙的な 真理 である


2017 今年のNO.1 ⑤ 「各部門賞 その2」
優・女優 部門

俳優部門で 今年一番 おぅ と思ったのは 菅田将暉 だなぁ
いやぁ このヤンチャ坊主 なかなかである
どんな役をさせても ガキのガキたる輝きを持っておる 上手いんだろうなぁ
竹内涼真は好きにはなれんが こいつは可愛い

女優部門では もちろん 広瀬すず である
いや いくらバッシングされようが いくら視聴率が悪かろうが こいつであろう

ただ 今年は ちょいと気になる女優さんが出て来た
吉岡里帆 である
どん兵衛の女狐がなかなかであった
それより 全然売れなかった中 必死で這い上がってますよ感が 良いではないか
あの空回り感 が 素敵である


食い物部門

今年 新たに おぅ と思った食い物はひとつ
豚肉と白菜のミルフィーユ鍋
いや スーパーで お一人様用が400円くらいで売っておってな
200ccの水を入れて 煮なきゃいかん
ちょいと手間はかかるが 食った時の幸福感に溢れておる


映画部門

なんてこっだ
今年は一本も観ておらんかったことに気がついた
精神の老化・劣化が進んでいるのかなぁ いかんなぁ


言葉の遣い手 部門

マツコと夏井いつきは 安定のツートップである
池上彰・安住・さんま も 安定している

ただ 別の意味で 凄いと思ったのは 一人
滝沢カレン
この子の言語能力は凄いなぁ

昔 ある一人の作詞家と出会った時のことを思い出した
阿久悠 松本隆 阿木燿子 なんかは 上手いなぁ と思ってたんだが
彼らをしても 絶対に書けないであろう詞を書いて来た若きシンガーソングライターがいた
森高千里
「私がおばさんになっても」とか「ハエ男」なんて 職業作詞家には書けん

滝沢カレン は 別の人間が言ったら 絶対に成立しない言葉を乱発して
そして見事に成立させておる
大衆が いつまで飽きずに見てるかは分からんが 2017年に限れば 新人賞を差し上げよう



さてさて
そろそろ飽きてきた
次項 「言葉大賞」を したためて 今年のNO.1 を締めることとしたい


2017 今年のNO.1 ④ 各部門賞
いかん いかん 2月も中旬に入ろうとしている
今更 去年のことを 四の五の言っても しょうがないんだが なんせ決めたことだ
今年のNO.1を 完結させておかねばならん

部門賞 を ランダムに列挙する

「アナウンサー」部門)

男性は羽鳥の安定感が増してきたなぁ
橋下や一茂や玉川(テレ朝)やの 乱射砲の嵐を見事に仕切って見せている

女性は当然 水卜 なんだが 殿堂入りさせたので 評価軸から外す
最近 やっと 持ち前の「狂気」を公然と発揮しだしたヤツがおってな
弘中綾香(テレ朝)
こいつ とんでもないぞ
Mステで タモリの横でニコニコしているだけの 普通の子と思っていたら間違うぞ
いや 以前から 深夜帯では とんでもなかったので こっそり面白がっていたんだが
まさか23時台の みんなが起きてる時間帯でやりだすとは思わんかった

女王様と言うか 悪戯っ子 というか 傍若無人 というか ある種の「狂気」の才能に溢れている
テレ朝上層部は よく解禁したなぁ いや ついに制御不能になってしまったのかもしらん
干されるか爆発するか しばらく面白がって見ておこうっと

あと やっと4月から「たまむすび」に 赤江珠緒が産休明けで帰ってくるらしい
楽しみである

「 本 」部門

いろいろ読んだがなぁ
浅田次郎は上手いし 松岡圭祐は読みやすい 米澤穂信も面白い 最近は佐藤愛子にはまっておる
が まぁ 2017年 という軸で考えれば やっぱり この本になろうか

恩田陸 「蜜蜂と遠雷」

実力がある人が やっと実力通りの作品を出したなぁ


「店」部門

ちょいと オイラの 住居環境 について触れておく
駅前 徒歩3分 改札からMSまで信号なしで到達できる 最高の環境である

しかし7年前 借り出した途端に 目の前にビルが建ってなぁ
いや 小ぶりのビルなんだが なんせオイラ下層階(3F)に住んでるもんで 日照を阻害されておる
(上層階の皆さんは まだまだ快適であろうが)
加えてビルの谷間で 通信環境が著しく悪い
電波時計は受信なんぞしてくれんし 電話してても座ってりゃ繋がるが寝そべったら切れる
(TVやネットは 光回線で問題ないが)
唯一の救いは リビングの反対側 出入口側というかドア側というか
ドアを開ければ パッと視界が開けてなぁ 太陽光を全身に浴びれるのであるよ
朝 ドアを開けた瞬間に 今日も頑張るぞ と 生命の有難さを感じれるのだ
しかし ここも 去年から デッカいマンションが建ち出してなぁ
あっさり 太陽光を遮ってくださるのだ
もはや 引越しを考えねばなるまい

この部屋は 健康上 非常に劣悪な環境と言わざるを得ない
この部屋に一日中いると確実に健康を害する
ダニの死骸なんぞ 数兆匹はいよう
よってオイラ インフルエンザやノロウィルスなんぞ 全く怖くない
それ以上のバイ菌まみれの環境におるのだ 免疫・抗体は常人の比ではない

で 毎日 外に出る
家をリビングとして使えないのであれば 外に求めるしかない
重宝したのが イオンである
複数のイオンやショッピングモールを「リビング」として活用させていただいておった
雨風・寒暖 関係なく ウォーキングできるしな
メシも食えれば 茶も飲める 本屋・電気屋・映画館まである
リビングの広さから言えば そこいらの富豪や王様より裕福な生活をしておるのだ

で ここ数年 ショッピングモールより 活用させていただいている店がある

コメダ珈琲店 で ある

オイラが喫茶店に求めるもの それは
① 喫煙可能 ② wifi環境 ③ ゆっくりした椅子 である
コメダは全て満たしてくれておってな
420円で モーニングも食えるので 朝はまずコメダに行っておる
(回数券を買えば320円)
ここで コーヒーを飲み トーストをかじり タブレットで新聞・ニュース・株価・週刊誌を読んで
午後の活動を考えるのである

王様の生活

である


駄文をタラタラ書いていたら長くなった
他の部門は 別項で次回とする


プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。