とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末大予想 2回裏 「好きな女子アナ」 & 水卜麻美最強説2015


   祝 水卜麻美 3連覇達成!



いやいや 危惧しておったが 男・女 及び 各年代で1位という完全制覇を成し遂げてくれた
年末に至って これほどの慶事はない 喜ばしい限りである

  彼女をそれほど好きではない読者の方々も多くおられようが 申し訳ない
  ここは 水卜麻美えこひいきブログなのだ 許してほしい

彼女には是非 高島彩以来の「殿堂入り」(5連覇達成)の後 幸福な結婚をしていただき
セント・フォースなんぞに入らず 主婦アナ➡ママアナ➡ババアナとして 日テレのアナウンサーのまま
日本に太陽光の暖かさを降り注ぎ続けていただきたいものである

次の目標は 日テレのアナウンス部長であり その次の目標は日テレの社長である
ゆくゆくは ナベツネの後継として 読売グループに君臨していただきたい
(まぁ その頃はオイラもう生きちゃおるまいが) 
あのヤンチャな悪党軍団も 少しはまともになるかもしれぬ


  彼女の 人並み外れた最大の能力は 「敵を作らない」 という圧倒的な人間力であった
  しかし 今年は遂に ネガティブ記事が散見されるようになってなぁ 心配しておったのだが
  王者の宿命である 世論とはそういうものなのだ

  でも 来年はそうもいかぬ 更に立場は厳しくなろう
  王者への風圧 を はねのけるべく 研鑽を積んで行ってほしい
  ( 何様の目線だ! と叱られそうだな 許して欲しい 単なるファンに過ぎぬ)



それでは 年末大予想の 反省会を

今年のオリコンの結果はこうであった

1位: 水卜麻美
2位: 加藤綾子
3位: 有働由美子

4位: 山崎夕貴
5位: 桑子真帆
6位: 狩野恵理
7位: 竹内由恵
8位: 夏目三久
9位: 赤江珠緒
10位:大江麻里子


青字は的中  10人中7人


なるほど 生野が消えて山崎が上がったか この子は実力があるからなぁ 認められてるんだなぁ

桑子を落としていたのは 大失策だった 井上の代わりにNHKからは ブラタモリで好評の桑子が入るのは
読めていたんだが 何で入れてなかったんだろう 反省

赤江さん おめでとうございます
オイラ まさか入るとは正直思ってなかった 外れると分かってる馬券を買ったつもりで入れてたんだが
「モーニングバード」から離脱して 「たまむすび」(TBS系の昼のラジオ) だけになったのに
よく 入賞してくださった 嬉しいなぁ
彼女は 実力もあるが 天然のおバカさんでもある   ただ その人間性がとっても素敵なのだ
世の中の方々が そんな赤江さんを評価したってことが とっても嬉しい


水卜の3連覇と 赤江さんの入賞  

この2点だけで 7人しか当てられなかったけど  勝利宣言をさせていただく!


スポンサーサイト
水卜麻美最強説 2015-② 「ん? 横山?」
この弱小ブログは 時々 一気に訪問者が増えるときがあってな

いや 原因はすぐ判明する
「検索キーワード」っちゅうシステムがあってな 
皆さんが Google や Yahoo で どのキーワードに引っ張られて来られたのか分かるのだ

大きくは2つ
1.正月の 「川崎大師・おみくじ・凶」 と
2.水卜麻美が なんかやらかした時
で ある


  しばらく 愛弟子への「指南書」作成 で ブログ サボっておったら
  7月に入って 知らぬうち また急に増えてるではないか
  なるほど そうか 三流ゴシップ誌 「文春」 の 野郎のせいだな


なになに 水卜と横山の密会だとぉ 

いいじゃないか そっとしといてやらんかい
独身の 健康な シたい盛りの 男の子と女の子じゃないか  ヤラせといてやれよ


が まぁ 「水卜麻美最強説」を上梓している身である
たくさん人が来られているってことは オイラのコメントを求めておられるのであろう
真面目に ファンの一人として コメントを綴って行こうではないか

もともと この二人は 仲良かったんではなかろうか
いや 知らんぞ   知らんがなぁ 
先ほど述べた「検索キーワード」では 3年以上前から 水卜絡みでは 「水卜 横山」 が一番多いのだ
オイラ ずっと へぇ~っ と思っておった


その上で 水卜ファンとして 述べる

     「別れた方が 良いぞ」

いや ご推察のとおり 悔しいからである でも それだけじゃない

水卜麻美は 日本を代表するアナウンサー になれる「器」である

  もちろん結婚していただいて何の差支えもない
  (いや すまない オイラに差支えがあったところで 犬の糞ほどの意味もなかろうが)

その為には あと3年は王位にいなければならない

  好きな女子アナ5連覇 → (高島彩に次ぐ)殿堂入り  
  ここで結婚するのがベスト

結婚相手は選んだ方がいい

  「あぁ なるほどね この人なんだ」 的な 評価が必要
  伸ばしてくれる 器を持った人の方がいい
  今なら有吉くらいしか思いつかんが

ジャニーズには手を出すな

  日テレ社員が ジャニーズ事務所に戦いを挑むのは無理
  ジャニーズと ジャニーズファンを敵に回したら致命傷

横山では 共倒れ

  せめて手越なら まだ戦ってくれようが 横山にはそんな力はない
  もし櫻井なら 日テレの社運を賭けた勝負になるが 大博打
  
  だいたい 本来なら 今一番勢いのあるグループ(関ジャニ)のリーダーだろ
  でも ゴシップ誌には すべて 「水卜 横山」で出る 「横山 水卜」は一誌もない 
  横山が弱い証拠だ
  そんなヤツと博打に出ても 勝ってもしょうがないぞ


横山クン 及び 横山ファンの方 申し訳ない 
キミのことは 好きでも嫌いでもない ひどいことを書いてしまってすまん

水卜さん 悪いこと言わん 彼ではないと思う

有吉 ひと芝居うって助けてやらんかい




【 付 録 】 

水卜麻美最強説 2015-②  とあるが ① はどこにある 見てないぞ
と ご立腹の諸氏
すまない 2015.01.17 「今年のNO.1」のなかに こっそり書いていたのだ
コピペで 添付する

5.付録  <水卜麻美最強説2015ー①>


 水卜麻美は今年最初の仕事に やはり箱根駅伝を選んでいた

 いや 正月特番にはバンバン出ておった
 笑点〜TOKIO〜嵐 と出ずっぱりであった でもあれは収録であろう

 2日の朝は寝てて見てなかったが 3日早起きしたら仔豚は芦ノ湖にいた
 息が白くなる氷点下の芦ノ湖に7時から立っておった
 あの時間にいるということは 夜が明ける前からスタンバっていたんだろう

 しかし あの国民的女子アナが画面に映ったのはわずか数秒であった

 (その後 彼女は各校のメンバー変更などをナレーションしていた
   無論 画面には映っていない)

 そうなのである 
 番組のメインは間違いなく選手であり 監督であり 
 スタッフ側のメインは 中継アナであり 解説者なのだ
 水卜のやっていたのは サブ いや「裏方業務」である

 若手やADにふればいい そんな「裏方業務」を エースは正月返上で務めていたのである


 あぁ これが 彼女が最強たる所以なのであろう

 人気NO.1の水卜が裏方に加わることで 箱根駅伝の放映チームは盛り上がっただろうな
 組織の力 モチベーションこそが 素晴らしいコンテンツを育て上げる原動力なのだ

 日テレが快進撃を続けているのは 構成員の士気の高さによるのではないか
 そして その士気の源泉となっているもの それこそが水卜麻美の笑顔なのではないか
 読売グループが彼女を「エース」と みなしているのは それ故ではないか

 そう思えてならない


 箱根駅伝は 今年も往路・復路で  正月番組視聴率1・2位を独占した






プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。