とよだの腹
さいたま新都心
好きな駅のひとつに「さいたま新都心」がある

京浜東北線で川口を出 浦和を過ぎ 大宮のひとつ手前
昔はなぁんにもなかったんだろうが ある時期から巨大な施設がポコポコと建ち始めた
埼玉スーパーアリーナ・DOCOMOビル・合同庁舎・コクーン・・・・

政令指定都市「さいたま市」の中心かと言うと そうでもないみたいである
そりゃそうであろう
全国を代表する「仲の悪い都市」浦和vs大宮が それぞれの権益を手放そうはずもなく
それぞれ 浦和=県庁(政治) 大宮=新幹線(経済) で張り合っておる

  ん? 川口かい? 川口は埼玉なんざ見てないなぁ 
  川口の目線の先には 荒川越しに 東京しか見えておらん

それにしても「さいたま新都心」というネーミングである
埼玉にありながら「都心」と言いきるのが凄いではないか
東京がやられたらここに首都機能を移転させて急場を凌ぐそうである ふ~ん
まさしく「さいたま」の中心ではなく 東京の中心と思っている
清々しいばかりの勘違い・思い上がりではないか   よろしいっ!



さいたま新都心が好きなのはねぇ
隣接する埼京線「北与野」駅の前にある巨大書店「書楽」が なかなかなのである
ここで新刊書を愛で ちょいと歩いて新都心駅ゾーンの「スタバ」でwifi使ってipadを見る
飽きたら もうちょい歩いて 今度は東口にあるショッピングモール「コクーン」に行く
ここには「紀伊國屋書店」がある 本好きにはたまらん環境である

なにより2Fゾーンに広がる「けやき広場」 ここがお気に入りでなぁ
ビル群の中央にありながら樹木の中のベンチでゆったりできるのは極楽なのである





ふっと与野市のことを考えた

与野といってもご存じあるまい 旧浦和市と旧大宮市に挟まれた弱小市であった
頭越しに大宮と浦和が喧嘩するものだから 与野市としてはいい迷惑だったんだろうなぁ

歴史は知らん 真実も知らん しかし与野には凄い市長がいたのではなかろうか

仲の悪いふたつの巨大都市を手玉にとって 政令指定都市にしよう とか言いくるめて
3市で合併して「さいたま市」にしちまった(後から岩槻も加わる)
「さいたま新都心」の西口は旧与野市  つまり一番実を取ったのは与野市である

群馬で福田と中曽根が喧嘩してるのをじっと耐えた小渕恵三が 最後首相になっちまったのと
どこか通じるなぁ



与野は 実を取った
しかし 名は捨てた

埼玉に「大宮区」も「浦和区」もあるが 「与野区」はない 
「中央区」とかいうしょうもない区名にさせられてしまった

与野市 それで良かったのか?


しかし そこまで腹をくくっての大合併の仕掛けをしたのであれば

与野市よ キミはすごい地方小都市である

オイラだけはキミを称賛してさしあげようではないか




 
スポンサーサイト
人が好きである
そして 人が創ったものが大好きである

人間が創った最高傑作の複合体 それが「街」であろうと思う
そこには「政治」「経済」「文化」「技術」「音楽」・・・人間の作った英知が溢れている
そこには大好きな「人間ども」の生活の息吹が溢れているではないか


自然も好きだけどな
手つかずの自然よりも「美瑛の丘」のように人と自然が一緒に作り上げた風景に感動する



と いうことで 最近の趣味は街歩きである
首都圏には実に魅力的な街が多い
最近 歩いた街は
「さいたま(浦和・大宮・与野)」「豊洲」「川崎」「大森」「錦糸町」「丸の内」「大手町」
「町田」「多摩センター」「永山」「吉祥寺」「池袋」「八王子」「立川」「戸田」「大和」
「新宿」「石和」「川越」「越谷」「所沢」・・・
公園もいいな 木陰で書物を読むのは最高な贅沢である
「川口西口公園」「川口グリーンセンター」「大宮公園(氷川公園)」「井の頭公園」「彩湖」・・・

  いつも口にさせていただいておるが 
  世話になった皆さんたちが 汗をかきながら仕事をしてくださっておられるときに
  こちとら プータローの身でありながら 好きに街を徘徊し 公園の木陰のベンチで
  木漏れ日の中で本を読みふけっておるのだ
  なんと 罰当たりな男であろう 
  すまない
  衷心よりお詫び申し上げるとともに感謝申し上げる


ちょいと日本経済ともつながっておかねばなるまい
明日・明後日と株主総会にちょいと顔を出してみようと思う
東電とか野村・パナ・ソニーあたり面白そうだがな あいにく株を買っていない
配当目当てに3月仕入れた製薬会社と商社に行ってくる

30年世話になった会社の株も当然持っているがな
・・・遠い

  インサイダーって いつまで対象になるんだろう 2年も経てばいいのかな
  来年は株主提案出来るくらいまで買い増して 覗きに行こうかな


いや司法書士の試験範囲に「会社法」も入っているんでね
ナマの株主総会って 素敵な勉強機会なのである
 (学ぼうと思ったら 人間のするすべての行為は勉強の対象になるのである)




街について語るつもりが 株主総会の話になってしまった
いや その程度のブログである
次はもうちょい起承転結を考えて書き出すことにする
許せ
夏眠
「夏眠」と書いて「かみん」とでも読んでいただこうか

いや「仮眠」の誤植ではない 「春眠」とも若干意味が違う      ・・・そう 「冬眠」の類義語である

霊長類ヒト科デブ属のオイラが この暑さに圧倒的に完敗していることは以前書いた
<歩く熱中症患者>であるオイラは 「夏場は積極的に活動してはならん」という神のお告げに従い
ここしばらく「夏眠」している次第である
「飲みに行こうよ」「遊びにおいでよ」といった 有難いお誘いをくださっている方に不義理をしておる
誠に申し訳ないが クマやカメのごとく「夏眠」しているのである 許していただきたい
  (いや クマやカメやヘビやカエルは「冬眠」であるよ 分かっているだろうが   為念)



しかしながら 夏眠中ではあるが ご挨拶に伺わねばならない場所があってな
この猛暑日大爆発の日本 その中でも特に東京の熱波が増幅して送り込まれている場所 “熊谷”
あなた方の責任ではないのに地理的に勝手に熱波を送り込まれ しかも いさぎよく
「他県には この熱波を流してはならぬ」と 1都3県の責任を一身に背負って踏ん張っていらっしゃる
ご挨拶し感謝を申し上げるのが筋であろう



IMG_0196_convert_20110810193517.jpg

いやぁ さすがに暑いな
百葉箱の中(公式気温)が何度かは知らんが オイラの車の「外気温」は 43.1℃ を示しておる
車を降りる ジリジリする夏の日差しが 高校のときの陸上ホッケー部の夏季合宿のグランドを思い出す
炎天下の熊谷は もはや暑いではない 熱い!
駅に入る 「節電」だそうで 蒸し暑い
駅ビルの店舗に入る ほぉ~っ 何とか涼む
駅ビルの店舗を出る くわぁ~っ 暑い 暑いぞ!!!
なんでこんな暑いのに駅は「節電」しとるのだ

 そうこう言ってたら 東電は東北電力に170万kw 融通するんだと
 いや 節電熱暑で朦朧とはしてたがな  素直に「よくやった」と誉めてやりたい
 関東にも東北にも友達は多い 関東も東北もない 
(特に東電管内の我々は「福島」から電力貰ってたんだしな)

 何より 誰が聞いたって「東電の電力不足はウソでした」ってやり方だもんなぁ いさぎよい

  (いや これもまた「原発なければ大変ですよ」戦略だって言う人もいるかも知らんけど
  本当にそうなら ヒトの心を失った東電だもの 東北を一斉停電にしただろう 死人が出たろうな 
  反原発の世論も 皆 震え上がってトーンダウンしたかもしらん
  東電は「そこまで悪党になりきれん」と自覚したんだろうな  潔いと思う
  チンピラはチンピラなりに筋を通したと思うよ)



話は変わるが 京都の大文字焼きで陸前高田の薪は使わん てなニュースがあった 放射能が怖いんだって

ふたつ思った

・さすが 日本一「腹の中では何を考えとるんか分からん」京都府だ AB型の比率が多そうだな
 てめぇらの本音を凄いタイミングで出してきやがる
 (松本前復興大臣ではないが 京都とAB型を一気に敵に回す発言であった 陳謝する)

 陳謝するが消さずにいるのは ふたつめの思いの方が書きたいことだから

・ただなぁ こんなニュースが流れたら「日本一誇り高い」京都府民が収まらんだろう
 そう思っていたら翌日に撤回して陸前高田の松を五山の送り火に使いますとのこと
 ものすごい抗議の声が京都府民から殺到したそうだ



さすがである
さすが 誇り高き京都府民 

あなた方の「日本の大人」としての気高さ・矜持を見せていただきました 



  何故このふたつの事例を並べたかって?
  似てるだろ
  間違ったって分かったら 誤魔化したり逃げたりせずに 何とかしようってしてるじゃないか
   (まぁ 東電はお約束で言い訳してたが・・・)


日本人は絶対捨てたもんじゃない
暑い夏の熱い想い いいなぁ  いいお話 ありがとうございます


春休み
春休みである
誰がなんと言おうが春休みである
満喫しておる

好きなことばかりに時間を費やしても文句を言われんのは
なんと幸福であることか
今 川口駅前広場を見下ろせる「VELOCE」で
アイスコーヒーと「KENT BOOST」を燻らせながら
至福の午後を過ごしておるのである

毎日何をしているのか?
知りたい人もあまりいないとは思うが 書きたいので書く 文句はつけないで欲しい


① 街の徘徊

街が好きである
まず川口を極めねばと歩き回っているのだが存外に奥が深い
(さっき発見した「カレーうどん千吉」での昼飯も絶品であった
 食い物はまた別項で詳しく述べたい)

人が作った景色が好きなのな
都市はその最たるものだしね
自然との調和でいけば 北海道の美瑛なんちゅうのは最高である
丘陵地帯に地元の方々が植えた作物で織り成す景観は「パッチワーク」と、擬される
人が作った景色なのな

人が作った街も好きだ
「ショッピングモール」なんちゅうのも三井不動産やセブンやイオンが作り出した「街」だしね
オイラ オタクといっていいほど敬愛している
川口に来て驚いたのは あるわあるわで 近い順に
「アリオ川口」
「ミエルかわぐち」
「ララガーデン川口」
「イオンモール川口キャラ」
毎日順番に挨拶をして回っても平日はつぶれる
川口駅前にも
「キュポ・ラ」(おなじみ)
「かわぐちキャスティ」(1Fのプロントには朝飯で世話になっている)
「イート川口」(デブの聖地サカゼンを有する)
「ザ プライス」(ヨーカ堂の複合商店街)
と小規模の店が並ぶ
いやいや失礼「そごう川口店」様もおった(LOFT・ユニクロ・三井住友銀行を有する)

② 車を使っての徘徊

オートバックスが好きであちこち回って愛車をとよだっぽくしている
川口・赤羽・足立・戸田を回ってカーナビは東雲で買い求めた

車は便利でな
浦和・さいたま新都心・大宮・赤羽は下駄代わり
豊洲(ららぽーと)・川崎(ラゾーナ)・錦糸町(オリナス=野村證券)・・・
一昨日はつくばの山新グランステージにカラーボックスを買いに行った
最近一番声を聞いているのは 文化放送の大竹まことである

IMG_0106_convert_20110506154743.jpg





ん 今日のブログはあまり面白くないかい

そんな日もある





 <川口> こりゃあ あなどれん街だぞ
街の底力 ポテンシャル とでも言うか
街力の判断基準って様々だがな
皆さんは「強い街」って聞いて どこをイメージされるだろう

とりあえず首都圏なら
銀座・新宿・渋谷・池袋・・・
いや六本木だ台場だ秋葉原だ原宿だ と、言う人も多かろう バァちゃんなら巣鴨か
住みたい街 では吉祥寺が圧倒的に強いが 下北沢・恵比寿・中野・・・
いや代官山だ中目黒だ浅草だ の声も多い
集合体で評価されるなら 横浜 なんちゅうのは最強の都市かもしらんしな


川口・・・?

なんで川口なんかに決めたん? と必ず聞かれる
東京・神奈川の2強には敵わんにしても千葉には・・・(いやTDLの存在はデカイな)
・・・の埼玉においても大宮・浦和を擁するさいたま市が№.1だろうし 
暑い熊谷・歴史の川越・西武の所沢 キューポラのある町だけでは川口はマイナーな存在なんだろうな

オイラ不純なおっさんだけに 街力を測る基準のひとつに「女子力」を挙げる
可愛い女性の存在ってね 「町のインフラ」なんだ これは持論であり譲れない


先週の金曜日 川口のポテンシャルを垣間見た朝があった
棲家を川口に決めた理由に キュポ・ラ の中央図書館の存在を挙げた
ここは5Fと6Fでね 実はここの4Fに川口行政センターという市役所の出先機関がある
(この行政センターは過去に住んだ どの都市の役所より頼もしい 土日も休まんしな)

やっと探し当てた浦和の年金事務所で「離職票を持って出直して来い!」と冷たくあしらわれた後日
無事 離職票が届いてね 役所役所した年金事務所から「川口でも処理できますよ」と言われたのを頼りに
行政センターに這って行った次第 
案の定 ここのネエちゃんは凄い いい意味で役所ではない どこかの店舗のようだ
基本的なスタンスは 「よく川口に来てくれた あんたのしたいことを私たちが絶対処理してやるわよ」が
職員さん全員から溢れている
年金の相談も ニカっと笑って完全に処理してくれた その時間 約10分 早い
感じのすこぶる良い女子であった

時間が空いたんで スポーツ新聞でも読みながらモーニング食うか
・・・と、入ったコンビニ 
「SUICAで払うよ あれっSUICA忘れた えーっと小銭で・・・」
と、あたふたするオイラに「マニュアルではない」笑顔

日刊スポーツを片手に入ったチェーンの喫茶店
彼女の応対も笑顔で最高であった

理屈じゃないんだよな 相対した瞬間 お互いが感じるインスピレーションってあるじゃないか
実はそれがその人の一番の本質であったりする可能性が強いんだけどね
人間力のある人って感じよさのオーラが出てくるもんなんですよ


朝のほんの30分くらいの間に出会った(そりゃ飛び切りの美人と言うわけではないが)
実に笑顔がさわやかな マニュアルの対応ではないプロの対応を見せる3人の女子の感じよさに
参ってしまった
いや実は川口に来たときから感じていたんだがな この街の女子力の高さにはね

おそるべし <川口>


プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム