とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の名は。
師走は速いぞぉ
なんせ 師が走ってらっしゃるのでな
これは 心してかからんと すぐに置いていかれてしまう

コトには タイミングというものがあってな
これを逃すと実にヤバい
(おかげで 未だに独り身でおるのだが)

「映画館で観たい映画」 と言うのがある
映画館にはTVやDVDとは違った趣があるのでな

今年 映画館で観ようと思った映画は2本

     「シン・ゴジラ」 と 「君の名は。」 である


ちなみに (オイラなりの)映画を観る際の手順てものがある
デブであるがゆえ なのだがなぁ 両隣りに人がいて欲しくないのである 狭いのだよ
許してほしい ゆっくり座りたいのだ
必然的に 平日の昼間 になる 土日はワガママが通らん 夏休み・冬休みなんぞは論外である

ただ 平日の昼間には問題が一個 株式市場が動いているのだ
2時間もスマホの電源をオフにするのはリスクが大きい 野村のお兄ちゃんとの相談になる

スクリーンは イオンシネマがありがたい なんせ55歳以上は@1,100円 と上品なのだ


まぁ かような条件をクリアーしつつ 何とか夏の終わりに「シン・ゴジラ」は鑑賞できた
このボロブログでも 9月3日付で紹介したがな
庵野秀明は宮崎駿の後継者だっ! と 興奮して書いたのを覚えておる


さて 今日のタイトル 「君の名は。」 これを見に行くのは大変苦戦した
空いてから行こう などと甘く見ていたのが大間違い 客足は伸びる一方である
あれよあれよ という間に社会現象にまでなりやがって 興行収益は200億を突破しただと
こりゃ 千と千尋(307億円)を抜くかも知らんなぁ 中国でも上映開始したそうだしなぁ
ただ このまま行きゃ冬休みに突入するしなぁ 何が何でも日本での上映はそろそろ終了するだろうしなぁ

で 先日 観に行ったのだよ


ダラダラとした前段 申し訳ない いよいよ本論に入る


こりゃあ 売れる映画だ
いろんな感動要素が満載だからなぁ いろんな客層に評価されると思う
観て良かった もう一度金を払ってでも観に行きたい
と オイラなりの最大限の賛辞を払った上で 分析をしてみたい

⒈ ストーリー

これは もう 観客が好きな要素が箱詰めであろう
ただ オリジナリティーの面からは 宮崎駿に感じた とんでもない世界観が感じられない
男女入れ替わり・・・「転校生」(大林宣彦)
タイムスリップ・・・ 「仁 〜JIN〜」(村上もとか)
すれ違い・・・ 元祖「君の名は」 最近?では「めぞん一刻」(高橋留美子)
隕石落下・・・ 「アルマゲドン」
これらの いいとこ取り である

いや だからダメだってことではない
そこに 都会vs田舎・親子関係・伝統 etc ・・・ いろんな要素を組み合わせて
劇中で言う「組紐」のように物語を織りなして行っている様は 新海誠の能力値の高さを感じる
感じるが「風の谷のナウシカ」で宮崎駿が醸したオリジナリティ 途方もない虚構の世界 は感じられない

ファンの方々 炎上させるなよ そこいらのオッさんの戯れ言だ 見逃せ

⒉ 音楽

申し訳ない この映画で初めて RADWIMPS なる兄ちゃん達の音楽に触れた
ほぅ である なかなか素晴らしいではないか
映画「卒業」で初めてサイモンとガーファンクル の音楽を聴いた時の感動を10とすれば 5くらいはあった
若造ども 是非今後も頑張っていただきたい

⒊ 映像

実はオイラ 予告編で見た この圧倒的な映像の美しさに惹かれて この映画を観に行ったのであるよ
実写より美しいアニメである

今まで一番美しいとおもった映像は (半世紀も前になろうか)「サウンド オブ ミュージック」であった
そうそう 最近では「風立ちぬ」(ジブリ)での 空 な
「こんな美しい空を生まれてこのかた見たことがない」と感動してブログに綴った記憶がある

話を少し横道にそらす
あの美しい空を描いてくれたのは 安田道世 さんであった
宮崎駿の盟友・ジブリの色彩設計担当の婆さんである
彼女は今年10月 お亡くなりになった(享年77歳)

宮崎駿作品をあれだけの美しい作品に仕上げてくれていたのは
この保田オバちゃんの天才的な色彩感覚であったのだ
残念でならない と同時に宮崎作品が本当の終焉を迎えてしまったという思いが強い

美しい映画を 本当にありがとうございました
貴女が織りなしてくれた 美しい色彩の世界のおかげで どれだけ感動し勇気付けられたか
ファンの一人として 心より ご冥福と感謝の思いを申し上げたいと思います    合掌


話を戻す
すまん 君の名は。 の映像・色彩設計が誰かは知らんのだが 君たちの映像は天才・保田道世を超えた
それほどに この映画の映像は美しかった 歴代一位を捧げたいと思う



創作者としての宮崎駿を敬愛しておる
彼が引退を発表してから 宮崎ロス にかかってなぁ 泣いておったのだよ

ただ 今年 ついに巨匠・宮崎駿の背中が見えるところまで追いついてきたヤツらがいた
「シン・ゴジラ」の庵野秀明
そして
「君の名は。」の新海誠
アプローチは 二人とも違うのだが それぞれが 宮崎駿を超える可能性を持った天才たちであろう


人間という生命体はなぁ
たまに とんでもない天才を生むものだ
そして そのとき 大衆は思う この人を超える天才はもう現れない ・・・と

ただ 歴史はなぁ もう一つの事実を刻んできた
それは 超されるはずのない天才の偉業を 後進たちが いとも簡単に超えてきた という事実である


新海誠さん

臆することはない 宮崎駿さんを超えて行って下さい
貴方には その可能性を感じます
スポンサーサイト
海街Diary
暑い時 とか 寒い時 そして ぽーっとしたい時 映画館に足を運ぶ
程良い空調が心地良くってな

ジブリとか大自然とか キレイな姉ちゃん達が出てる映画が多い
心癒されるではないか

宮崎駿が引退しやがったんで 夏場の楽しみがなくなっちまったんだがな
ふっと気づくと 「ネェちゃん」「自然」のキーワードに合致する映画をやっているではないか
ほぅ!


タイトルにした「海街Diary」が それである

なになに? 鎌倉の自然をバックにした4姉妹の物語だとぉ
綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すず だとぉ   ・・・良いではないか
どいつからコクられても付き合ってやるぞ
(いや ファンの方怒るな 話の流れだ)


・・・で 映画館に足を運んだ

感想を述べる


  これは 広瀬すずを じっくり観る ための 映画だ


あれだけのキャストを揃えながら 是枝(監督)は それだけを考えたのではないか


ちょうど10年ほど前 セカチューで長澤まさみを観た時
「あぁ これで 日本映画界は この先10年 主演女優に困らんな」 と 思ったが
11年経って 広瀬すずに同じような思いを抱いた

ビッグネームが揃う中 この映画の主役は 間違いなくこの子だった


いや 凄いと思ったのは 残りの3姉妹
それぞれが ピンで 主演映画を撮れる 綾瀬・長澤・夏帆 が 主演でありながら助演を演じてたこと
そして 助演でありながら際立った輝きを放っていたこと 
更に 輝きながらも 一番幼い広瀬を より輝かせてやっていたこと
こいつら 上手くなったなぁ

不満があるとしたら カメラか
瀧本(撮影監督)って 最近売り出しの もっと力を持った兄ちゃんかと思ってたんだが
鎌倉の自然をもっと美しく撮っても良かったんじゃないか
(桜は良かったが)

・・・と 書きながら あぁそうか と分かった

これは4姉妹を 特に広瀬を鮮やかに際立たせるための映像だったのか
だから 人物にフォーカスして 周囲をぼかしたのか
すまん 素人が 変なこと言っちゃいかんなぁ


広瀬は おそらく そのうち NHKの朝ドラで主役を張って 国民的女優になっていくタマなんだろうなぁ
能年玲奈は要らなくなっちゃうなぁ (「あまちゃん」は今の広瀬なら撮れる)



この映画は 開花途中の 広瀬すずを じっくり観る ための映画である

できれば 途中で枯れずに 大輪の花を咲かせる女優に育っていっていただきたい


清州会議
受験前とか 大事な長期プロジェクトの最中とか
「あぁ この仕事(試験)が終わったら これやりたいなぁ」 
とか 思うことがあるだろう

ちなみに 40年近く前の大学受験の受験勉強中
「あぁ ちくしょう 受験が終わったら “必殺仕掛人(TV)” フルで見てやる」
と ワケの分からんこと考えていた

健康な受験生であれば「受験が終わったらあの子にコクってデートしてやる」とか考えるんだろうがなぁ
不健康な青年時代を送っていたなぁ
ダイエット中の女子であれば 「あぁ目標体重まで落とせたらバイキングのスゥイーツ右から左まで
全種類制覇してやる」とか思うんだろうか まぁ良い


3週間の受験勉強中 考えていたことは
「受験が終わったら『清州会議』観てやろう」
であった

そう 今 日本のエンターテイメント界で「脂の乗り具合」で5本の指に入ると思われる逸材
<三谷幸喜> のこれ ↓ である

清州会議

さっそく今日 観に行ったのさ

  どうだ 羨ましいだろう 
  世の真面目な勤労社会人の諸君 誠に申し訳ない 申し訳ないのだが
  プータローとは お天道様の下を歩けない社会不適合者(非生産者)である反面 一皮むけば
  「好きな時に好きなことが出来る」という 世の最高の贅沢を享受している人種でもあるのだ
  むふふ・・・   ・・・いや すまない

気を取り直して感想を

三谷の作品だからと コメディーを期待した人からすれば 期待はずれであったろう
ただ 「三谷の視線から見た 新しい視点での時代劇」 と見れば これはなかなかの傑作である
2時間半の大作でありながら まったく飽きずに見続けられた
さすが 職人・三谷幸喜である

凄いのは俳優陣な
単体の映画なら主役を張れる俳優を20人くらい出している
あの西田敏行とか天海祐希が チョイ役なのである


以前「八日目の蝉」の時も書いたがね オイラ 映画で一番好きなシーンはね
実はエンドロールであるのだ

群像劇でもあるので 並べ方が難しい どう並べるのかなぁ 
主役は 役所広司(柴田勝家)なんだろうが 
清州会議出席者の4人
 役所広司(柴田勝家)・大泉洋(羽柴秀吉)・小日向文世(丹羽長秀)・佐藤浩市(池田恒興)
とも言える

う~ん

と思っていたら 三谷の野郎 <50音順> という非合法な手段を用いやがった バカ野郎である

でもなぁ
よ~く見てたら あっ! と分かったことがあった

これは 「三谷の三谷による三谷のための映画」 ではなかった

普通 これだけ監督がフィーチャーされる作品はエンドロールの一番最後に

  監督 三谷幸喜

と 「止め」で出すのが定番である

が、最後に止めたのは 
  制作:東宝・フジテレビジョン 
であった

三谷はエンドロールの中盤に ほかのスタッフ(衣装さんとか音響さん)と同じ大きさでひっそりと
  原作と脚本と監督 三谷幸喜
と出した
気づかないくらい すっと 流れていった
彼の美学でもあるのだろう が、しかし ここでオイラやっと三谷の真意がわかった





  この映画は三谷の三谷による三谷のための映画ではなく
  この映画は三谷の三谷による 大泉洋 のための映画である




何番目に名前が並んでいようが 明らかにこの映画の主役は 大泉洋 である

三谷は 好きで好きでしょうがない大泉のために 彼のステップのためにこの映画を作り
日本映画を代表する俳優陣をすべて脇役に回したのだ 映画を観ていればわかる
そして大泉は期待に応え 実にいい役者に成長していた
そしてもうひとつ 大泉には まだ物凄い「伸びしろ」が秘められていると感じられた

三谷は そんな大泉の才能に恋をしたのだろう

だから 他の大俳優に気を遣い 自分すら一スタッフなんですよ というスタンスをとったのではないか

大泉洋はひょっとしたら 日本を いや世界を代表する役者になってくのかもしれない
















ただ この映画で一番すごかったのは 別の俳優である



以前 ラジオで大竹まことがアウトレージビヨンド での彼の演技を絶賛していたが
この映画でもすごかった




  小日向 文世




清州会議の席上 彼が沈黙を続けるシーンがある
表情を一切変えず 柴田勝家が突っ込みまくっても沈黙を続ける数十秒間



このシーンを観るだけのために おカネを払って映画館に足を運んでも 全く惜しくはない
風立ちぬ
宮崎駿の作品は夏休みが終わってから と決めていた
ガキどもで溢れかえる劇場ではなく 落ち着いた環境で楽しみたかったからだ
今までもそうしてきた

今日の2時から 会見があった
さすがであった
短いセンテンスのひとつひとつが 重く光っている

今日 観なくてはならない
「風立ちぬ」は 今日観なければならない
16:30からの回を観た

感想を述べる


   この作品は 宮崎駿の「最高傑作」では ない!


淡々と そう 淡々と 
見事なまでの美しさに覆われた映像が 時間が 過ぎていく 
それだけの映画である


宮崎駿の最高傑作は何だろう
これこそ ひとそれぞれに 違う作品を挙げられるのであろう

オイラは決まっている

 「風の谷のナウシカ」 で、ある

この映画を観た時の驚きを今でも覚えている
現在の人類で これほどの世界観を創り出せる頭脳をもった人間がいることが信じられなかった
そして 現在の人類は これほどの美しい映像を創り出せる技術をついに手にしたのかと感動した

宮崎駿と言う 稀代の天才は その頭脳と指先をもった化け物であった

その後の作品もすべて 違う「世界」を圧倒的なクォリティーで提供し続けてくれたことは
ここで述べるまでもなかろう

しかし


      衰えたり    宮崎 駿       ・・・・・ いや






・・・  そうだったのか 

風立ちぬ を 観ていてなぁ ひとつ 分かったことがあった


  宮崎作品を創ってきたのはなぁ 宮崎駿という天才の力だけではなく
  彼に憑依した 彼に降りてきた 何某かの 「神」 との 共同作業であったのではなかろうか


彼はラストを決めずに創作を開始するという
神が降りてくるのだ
降りてきた神が 宮崎を包み 作品を仕上げてくれるのだ

老いたのは彼ではなく 
長年 彼とともに世界の最高峰の作品を創り続けてきてくれた「神」の方 だったのだ

そして 風立ちぬ では ついに「神」が降りてこなかった


  彼が引退を決意したのは 彼自身の年齢によるものではなく 
  彼とともに戦ってくれた「神」への
  「お疲れ様でした」のメッセージだったんだろうな

降りる力を失ってしまった神を 優しく見送った宮崎は この作品を 必死に 
彼の「引出し」だけで創り上げていく


「自分の映画で初めて泣いた」 試写会後の彼の言葉である


実はオイラも 初めてジブリで泣いた それも3回も

 ① ヒロイン菜穂子の深夜の嫁入りのシーン

   媒酌人の黒川夫妻と4人だけの結婚式
   黒川夫人に導かれ夜の廊下を向かって来る菜穂子の美しさは鬼気迫るものがあった

 ② ラストの夢の中で尊敬するカプローニが言った「これが君のゼロかい」のシーン

 
   あぁ 宮崎駿は このシーンを描きたいが為に 50年間もアニメに携わってきたのか
   ゼロ戦が登場するのは このシーンだけである
   殺戮の道具 戦争の美化 そんな批判をする奴らがいる
   バカ言うでない  そんなんではない  素直に 実に「美しい」
   彼は美しいものを(全作品を通して)美しいだろ と伝えてきたのだ

 ③ そして ここで泣く人はいないんだろうがなぁ

   空が きれいだった

   今までも 空と風が 見事なまでに美しい映画ばかりだったが
   その どの作品より この作品の「空」は綺麗だった
   
   生まれてきて死ぬまでに これ以上の綺麗な空は 実生活でも映像でも もう見れないかもしれない

   それほどに   とっても とっても 綺麗な「空」 でした



何故泣いているのか 自分でもよく分からなかった
ただ よく分かったことがあった


   この作品は 宮崎駿の「最高傑作」ではない

   ただしかし 宮崎駿の底力とはなんと奥深きものか



老いていく天才が 衰えていく才能を感じながら

もう 商業作品としてのクォリティは落ちていくのかもしれない

でも そんな 創作物じゃなくってね

あなた自身が もう ひとつの伝説であり 物語なんですよ

老いてもいい
衰えてもいい
私たちの心を震わせるのはね

あなたが 紡いでくれる物語であり 
あなたが 描き出してくれる絵なんですよ


「飛べない豚は ただの豚」かもしれないけど 
私たちはね 
そんな ただの豚が語ってくれるお話に 心躍らせるんだろうと思いますよ

どうぞ長編アニメはやめても 私たちに発信を続けてください




    この作品は 宮崎駿の最高傑作ではない

   何故なら 宮崎駿の最高傑作は 

       「宮崎駿」 という存在

   だったのだから

   
   

・・・で、映画版「八日目の蝉」を見に行った
これは「 永作博美 」の映画である



主役は勢いのある旬の女優 井上真央 であったろう
若いが引き出しの多い(人間力のある) 実に凄い大女優である
映画全体を支配できる 「主役」 の張れる女優さんである

小池栄子も良かった
彼女も幅の広い女性なんだろうな
井上真央とふたりで映画版の世界を構成していた

このふたりのファンなのな
オイラの思う いい女 のカテゴリーにど真ん中で入っている


怪優 田中泯 (竜馬伝で吉田東洋を演じていたオヤジ)
このおっさん 出番はいつもちょっとなのに その存在感たるや凄い
たった数分数秒で根こそぎ持っていってしまう



ただなぁ そんなオヤジがいようと
井上真央の視点を軸とした映画であろうと
子役の渡辺このみがいくら健気で可愛かろうが
肩書は「助演女優」になろうが

いや いくら角田光代が作ったストーリーであろうと
成島監督が作った世界観であろうと


間違いなく






    この映画は 「永作博美」 のものである






キャンディーズ・ピンクレディーが引退し
おニャん子とモー娘の狭間の時期 雨後の筍のように乱立したB級アイドルグループたち
その中でも お世辞にも 売れた と言えない B級中のB級グループ「ribbon」
その真ん中で歌っていた 永作博美  (もう40才になったんだなぁ)
よく生き残ってきた 最近どんどんいい役者さんになってきた

成島は、決して小綺麗には撮っていない ほとんど すっぴんでの演出だった
アップになるたび 童顔ではあるが
(当たり前だが)あぁ もうアイドルじゃないんだという
肌や髪や涙を見せ付けられながらも

その神々しいばかりの母性の美しさに圧倒された



歳をとると涙腺が弱くなってな
平日の昼間っちゅう おばさん・おばぁさん・おねぇさん方が圧倒的多数を占める映画館で
オヤジの身で つい何回も目頭を熱くしてしまった

でね おそらく他の方々とは泣く場所が違うんだろうが
オイラが一番泣いてしまったのは
中島美嘉のラストテーマが流れる中のエンドロール

  井上真央
  小池栄子
  森口瑶子
   ・
   ・
   ・
と、続くキャストの中で 名脇役たる 

  余 貴美子
  平田 満
  風吹ジュン

いい存在感だった
 
  劇団ひとり 

と続き

怪優 

  田中 泯 

まで出てきた後に


その いちっ番 最後  オオトリで



  
  永作 博美



と、出て来たとき

「 あぁ そうだよね 永作さん
  これは間違いなく あなたの映画だよね 」 と、感極まってしまった

良かったねって表現もおかしいけど 良かったねって思った



井上真央に睨まれて映画館に行って
永作博美に泣かされて帰ってきた


素晴しい小説と 素晴しい映画だった
やっぱり生きてるといいことがあるもんだ ・・・と、思った


プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。