とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知への旅 を 並べ替えます
延々23話もだらだらと書き連ねた「高知への旅」編
よくよく考えると 後から書いた方が上に並ぶ という当たり前の事実に気がつきましたのさ
つまり上から順に読んでくれた方々は ケツから順に時間軸を繰り上がって読む という
読みにくさを甘受いただいたわけで・・・ねぇ

まぁ もう一度読んでやろうと言う方はおられないだろうけれど
新しくこのブログに辿り着いた方は初対面になるわけで
読みやすく並べ替えようと思った次第

これはブログごとの日時(時刻)設定をすれば簡単なので
最終話を6月30日午前0時0分にし 順に1分ずつ加えていくことにする




いや すまない 本当にどうでもよい話である
スポンサーサイト
高知への旅 ー序ー    旅に出る前に
父が死に 1年半後に母が死んだ

  これから書く旅行記の最初なのに こんな不吉な書き出しで申し訳ない

母は寝たきりで意識のない状態が何年も続いていた
父の存命中に 一度母が危篤に陥った時があってね 急ぎ熊本に戻った
母が命を取りとめ小康状態になったとき 病室を離れ病院の休憩室でオヤジととりとめもない話をした
「お母さんには苦労ばかりかけたからね」 父がポツリポツリと語りだした
会社勤めが終わったら二人でゆっくりとあちこちを旅行したかった
  オヤジは観光業界で生きてきた男だ 日本中の観光地を知っていた
お母さんに日本中の景色を見せてあげたかった それだけが悔いとして残る

  オヤジは病院の窓から外を見ながらつぶやいた
  一人の女性を妻として母として愛した二人の男たちの話でね
  目を合わせるのが照れくさかったこともあるんだろうな
  オヤジはずっと外ばかり見ていた

それから暫くして オヤジの方が先にこの世を去った




会社を辞めようかと思ったときに 潜在意識でその会話が残っていたことは確かだと思う
あなた方の息子として あなた方の思いを この二つの眼が代わりに果たさねばならない
そして定年後ではなく 日本中を回る体力が残っているうちに その思いを果たさねばならない






申し訳ない
他人様からしたら どうでもよい ある家族の思いである



旅に出る
この53年間の人生で出会った方から「高知においでよ」と連絡をもらった

まずは高知から旅を始める
高知への旅 ①    高知までの道
6月1日 水曜日 
朝から散髪に行く いや駅前の10分1,000円のクイック散髪屋さんである
郵便局に行く 久光製薬からのお小遣い(株式配当)@66,150円を受け取りにである 軍資金に充てる

IMG_0174_convert_20110610222328.jpg

呼んでくれたのは後輩でな <高知県観光特使> いや見る人が見れば「あぁあいつか」とすぐ分かるだろうが
このブログのお約束で「出自の分かる表現はしない」と、しているのでポストイットで隠させてもらった
今 ある会社の社長さんをしておる
名刺の右下を注目して欲しい 「高知県観光振興部おもてなし課」

今回の旅行でキーとなる小説がある
有川 浩 著「県庁おもてなし課」
9784048741828.jpg
アフリエイトを勉強して 紹介する本を買ってもらったらカネが入るようにしたかったが
勉強不足なので とりあえず紹介まで
高知での3泊4日は この本を読んでもらえたら実にラップするんだが・・・
いや 流行作家さんらしく なかなか面白い本だった




13:30 やたら荷物を積み込んでから VOXYのサイドブレーキを外す 距離メーター27788km
川口から荒川を渡り赤羽へ 高速に乗らず下道で行こうと決めていたので環8へ
ぐるっと反時計回りに南下し瀬田から246に入る 結構時間が掛かるなぁ
あとは ひたすら246を西へ西へとひた走る
町田を過ぎ 厚木 伊勢原 秦野 松田・・・

  いや説明を忘れていた
  今回 コロプラ という位置ゲームで行った場所を登録して行く事にした
  http://pc.colopl.jp/pages/wl/welcome.html
  全国を748箇所に分割しておってね GPSを使って位置登録をするたびに地図が塗られていくシステムである


多少疲れてきたので道の駅「ふじおやま」で休憩
IMG_0129_convert_20110610230200.jpg
鶏と水菜ともやしの塩ラーメン なかなかおいしゅうございました
ただ 時刻はもう18:30 先を急ごう

暗くなると疲れてきてなぁ
今日のねぐらをどこにするか いや宿はとらん せっかくVOXYを買ったのだ 道の駅を探す
うん 明日は太平洋を愛でながら走りたいなぁ と、なれば静岡にしよう
トコトコと1号線を走り 道の駅「富士」を発見する

ただなぁ ここは昼間はともかく夜はちんけな道の駅でなぁ 暗い
やはり24時間OPENのところがいいなぁ
「富士」を諦め 早くも禁断の高速道SAに狙いを変える ここらへん実にいい加減である
少し1号線をバックし富士ICから富士川SAを目指すことにする

途中「山岡家」を発見してしまう 北海道が誇るラーメンチェーンである 冗談ではない 美味い!
デブは寝る前にメシを食ってはならん という不文律がある あるが 食うからこその「デブ」である
山岡家を素通りするだけの勇気は持ち合わせていない 醤油ネギラーメンを喰らう

満足して予定通り富士川SAまでたどり着く
いいなぁ ここは トイレは綺麗だし 24時間店が開いている
http://www.c-exis.co.jp/sapa/detail_2/012220116.html

さっそく寝る準備をし布団に包まる
IPadにワンセグ機器を接続すると おお TVが見れる 美しい
だがしかし 駐車場で横や前にカップルの車が止まっては出て行き止っては出て行く
むぅ キミたちは幸福そうだな まぁいい



・・・が、ゆっくり休もうと思うオイラは 寝るに当たって最大の天敵を初めて知ることになる

         長距離の大型トラックの連中

勿論 彼らが危害を加えるわけではない
が、彼らが吹かしっぱなしにするエンジン
いや そのエンジンの振動
その振動がVOXY君と共振しやがる 一台ではない 複数台の振動が微妙に 実に不快にVOXYを震わせる

ん・ん・ん

こうして初日の夜は更けていったのである
高知への旅 ②   高知までの道-2
昨夜からチラチラと降り出した雨は霧雨の状態であったが 本格化への気配を見せていた
静岡放送の天気予報でも「一日 雨」と のたまう う~ん
まぁ 顔でも洗うか

トイレで掃除のおばさんと出会う
「おはようございます」「あぁ泊まられたんですか おはようございます」
挨拶って やはり一日を爽快にしてくれるもんだな

もはや昨夜オイラをあれだけ苦しめた大型トラックの運ちゃんたちの姿はない
仕事熱心な彼らの存在もまた日本の経済を支えておるのだなぁ 善しとせねばなぁ

朝メシは決めていた
シラスよ シラスを食わんといかん
p_fujikawa_d_chk2_a1.jpg
「浜っこ丼」を食す

食後 小雨の中を展望所の方へ向かう
あろうことか 天敵「スターバックス」の前を通らねばならぬ
  ※ スタバについては そのうち「タバコについて語ろう!」と言うタイトルで記さねばなるまいっ!
おぅ 先ほどのおばさんがおる ゴミの収集をされている
「晴れてたら景色いいんでしょうね」
「富士山と海が綺麗なんよ 兄さん残念だったね また晴れたときおいでね」
人生の先輩の言葉は心に沁みる


雨だとなぁ
太平洋を愛でる状況ではなかろう
下道ではなく高速で行くか 天気は西から変わるので とにもかくにも静岡県を抜けねばなるまい

コロプラの位置登録の関係で 全てのSA・PAに寄りながら進む
しばし進んだ浜名湖SAで昼飯にする
浜名湖も雨でよく見えん
うなぎだうなぎ うなぎを喰わねばならぬ
IMG_0132_convert_20110612154508.jpg
IMG_0133_convert_20110612154254.jpg

雨は大降りになってきていた
TVでは菅の不信任案決議をやっておる しばしVOXYの布団の中でIPad にて観賞する
それにしても この菅という男 なんと薄っぺらい卑怯な男であることか
オイラ たいていのヤツは嫌いにならんのだが 唯一の例外は「保身のためにウソをつくヤツ」
それにしても小沢は何をしよるんだか ここ一番で動けん男は角栄の門下生とは言えんぞ
話は変わるが 政治家の中で最も認めているのは「田中角栄」
ワルでも金権でもかまわん 政治家に道徳を求める気もない 
ただ「自分のため」ではなく「ヒトのため」「国家のため」根っこの根っこに これが無いヤツは認められん
多少悪いことをしようが それさえあれば何やってもらってもかまわんのだがねぇ

いかん 民主党と自民・公明のグズグズを見よったら時間がおしてきた
先を急がんと

高知への旅 ③   小ネタ
浜名湖まで行ってしまったが その前にちょいと小ネタを

IMG_0131_convert_20110612210134.jpg

遠州豊田PA
遠州とは遠江(とおとうみ)のあたりのことで 近江に対して静岡県西部のあたりを指す
・・・なんて ことはどうでも良くってね

豊田 なんである 「とよだ」 と発音する

お隣の県に豊田(とよた)市 ちゅうのがあってね 
そう あの日本を代表する大企業が本社を置いて たくさん税金を払ってくれるのでね
拳母市(ころもし)から改名した市なんであるが とよた なんであるよ
ま この愛車VOXY君の出産者でもあるんだがね

その昔 オヤジに
「俺は とよだ なのか とよた なのか」
と、聞いたことがある
オヤジは 「どっちでもええ オマエが好きなほうにしろ」と、いい加減なのか達観しとるのか分からん返事をしてきた
「おぅ 俺はとよだにする あの会社有名だからなぁ 面白くないわ」



・・・てなことで とよだ を名乗っておる
       いや これはあくまで源氏名であるが



えんしゅうとよだPA  頑張ってほしいものである


プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。