とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立川談志
世に「上手い落語家」「名人と呼ばれる落語家」は多々おられる  おられるが・・・
オイラが天才と認める落語家はたったのふたり

  林家三平(初代)  と   立川談志   だけである

(落語に造詣の深い方々からは叱られようが あくまでオイラの基準である 容赦いただきたい)


三平は実に面白くなかった そして この上なく面白かった
(もう三平のリアルタイムを知らない世代の方も多かろう)
日本の宝 伝統芸能 である落語で 禁断の「客いじり」や「スベリ芸」を確立させたのは彼だった
古典落語を十二分にこなせる実力がありながら 彼はエンターテイメントに徹した
あれだけ面白くないギャグや駄洒落を連発しながら それが林家三平であるだけで 爆笑させられた

  そこには「落語」や「漫談」という既存のものではない「三平」というジャンルが明らかに存在した

昭和の爆笑王 戦後復興を果たしていく日本人を笑わせ・楽しませ・元気付けたその存在は
落語の範疇にとどまらない革命児であったんだと思わせられる

息子のこぶ平が正蔵を襲名したとき お世辞にも名落語家と言えない彼の襲名披露に
浅草に15万人もの人が集まってくれたそうだ
たかだか ひとりの落語家の襲名披露に15万人・・・!
それは誰かに動員されたわけでも頼まれたわけでも そしてみんなが行くから行ってみようでも
なかったように思う
こぶ平の人柄もあったろう しかし その全てを包み込む大きな大きな空気として感じたのは

  落語家 林家三平への本物のオマージュであり
  三平の「凄まじさ」が 没後25年経っても全く損なわれていないという
  鳥肌が立つような事実であった



談志はクソ生意気な男であった
彼こそ天才中の天才であったかもしれない
見えすぎて分かりすぎて 周囲がバカに見えてしかたなかったんじゃなかろうか
到達している地点が明らかに一人だけ違っていたように思える

今でも「談志が話す」時には 胸が高まる ドキドキしてしまう
どんな政治家や宗教家より彼の言葉には力を感じた


  談志には三平は認められん落語家であろう
  実力があるのにおちゃらけて笑いばかり取りに行く
  バカにする というか同じ視界にも入っていない落語家であったろう

     ・・・と、その頃は思っていた





  実存した落語の高座で ひとつだけ選べといわれたら これだ というのがある



1980年9月20日 三平没(享年54歳)
その数日後 談志が高座にあがった TVでも放映された
先輩である三平にひとしきり哀悼の言葉を述べたあと「今日は三平をやる」といったまま舞台から降りた
えっ・・・??? と思った次の瞬間  談志は三平のお囃子で三平として高座に戻ってきた

あの誇り高き天才が 「右から坊主 左から坊主 和尚がふたりで おしょうがつぅ(お正月)」とやった
「そこのお客さん こっちの席が空いてますよ」とやった 駄洒落を言って額にゲンコツを持っていって
「こうやったら笑ってください」とやった「どーもすいません」とやった
目が真っ赤だった 鬼気迫る物真似だった 
いやもう物真似ではなかった 三平以上に三平そのものだった

二人の天才が談志の身体を借りて競演した 互いが憑依し合った 凄い芸だった 
 こんな落語があるのか・・・
誇り高き稀代の大天才が なりふり構わず目を真っ赤にして演じたその凄まじき芸に
思わず絶句してしまったのを覚えている

談志は三平をバカになどしていなかった 
いやむしろ 天才しか分からぬ感覚で もう一人の天才をリスペクトしていたと知った

そして談志は その日でもう一人の天才を失って ついに孤高の存在になってしまった
ライバルの志ん朝や円楽ではない 彼が敵わないと思ったのは三平だけではなかったのか
もう彼の頭上には視界には誰もいなくなってしまった



おそらく 今日以降 ニュースやワイドショーで談志が取り上げられるであろう
我々は 落語界が生んだ史上最高の天才を失ってしまった事実を思い知らされることになる



しかし談志さん リアルタイムで貴方の言葉に触れられたってことはね とっても幸福でした
心より御礼申し上げます でも哀悼は申しません
素晴しい高座を全うされた落語家さんへ 観客として心よりの大きな拍手をさせていただきます

素晴しい芸 本当に ありがとうございました



スポンサーサイト
女神たちの言葉
  「元始 女性は太陽であった」

かの 平塚らいてふ女史の言葉である    確かにその通りであろう
 
いや女性にもピンからキリまでおられるのでなぁ
標準偏差を考えると 箸にも棒にもかからん女もいることはいる
ただしかし 本物の女性の「笑顔」の破壊力っちゅうのは 
そこいらの野郎どもが束になっても敵わんくらい凄まじい
この世で最強のものは間違いなく「本物」の「女性」の「笑顔」である

プータロー生活に入ってなぁ 引きこもりの世捨て人の仙人のような生活に憧れたのだが
やっぱり社会との関わりをなくして暮らしてはいけない
そんな時 どれだけ優しい女性陣の言葉に救われたことか・・・
何気なく掛けて頂いたそんな声を オイラ 女神からの言葉 と勝手に称している


① 退職前 持株会の株の処理について相談に行った野村證券
  このブログでもよく出てくる 野村のネェちゃん(本当はオバちゃんなんだがそう言うと怒られるので
  ネェちゃんと呼んでいるが)
  組織を失った途端 その無職者に手のひらを返したように冷たくなる金融業者の中で
  唯一手を差し伸べてくれたのが彼女である

    「ワタシがアナタのファイナンシャルプランナーをやってあげるわよ」
 
 有難かったなぁ 意気に感じて持ち金全部託してやった 損ばかりしておるが・・・
  良かろう 段ボール生活に突入しようとも その言葉に託して悔いはない
  (先般 やっと反撃してきて2週間で166万も一気に稼いでくれた まだチャラにはなっとらんが)
  彼女と組んで2年で10億に資産を増やそうと夢のような作戦で楽しんでおる

  
② 以前 このブログで書いたハローワークの年配の女性

    「とよださん 会社はね クビにされたわけじゃありませんよ この資料の書き方はね・・・

      自由になりたがっている貴方をね 送り出してくれたんですよ」


  この言葉には震えた
  器を感じる大人の女性の暖かさが溢れておった


   ここまでは今までの話である
   今週3連発でおネエちゃんから言葉をかけていただいた 福山よりもモテる男としては当然であるが・・・
   (・・・すまぬ 見逃してくれ)



③ 「オハヨございま~す」の喫茶店のおねえさん

  先日もオハヨございま~すに誘われ入店 常時3人くらいのスタッフの方が動き回っている
  コーヒーチェーンである 挨拶はマニュアルっていうより彼女ら自身のお約束みたいなもんだ
  はい お早うございます と返答しながら Aセットホットコーヒーでね と注文 ・・・と、

    「あの・・・ つかぬことお聞きしてもいいですか?」
  
  不意を衝かれたんで へ? と思ったが「はい なんですか?」いや頭はまだ回転していない
  「○○高校のそばのセブンイレブンにおられませんでした?」
  頭が回転していればもっと気の利いた返事をしたんだがな
  「えぇ セブンイレブン好きなんでよく行きますよ」
  「そうですか お見かけしたんで あっいらっしゃるって・・・」
  もうちょっと何か返事のしようがあったろうになぁ 寝ぼけた頭で
  「そうですか それはどうも」とニコニコしながらペコペコお辞儀をしていた
  オイラの弱点は女性に極端に弱いことであると痛感した

  それにしても日に何百人も訪れる客の中で せいぜい週に一度くらいしか行かないオイラを
  よく覚えていてくれたもんだ
  このデブという体型 目立つんだろうなぁ


④ イオンの中にあるコーヒーチェーン店のおねえさん 

  いや その次の日 イオン内の喫茶店で同じようなことがあったんでね
  いつも「メンバーズカードはお持ちですか」「いいえ」「お作りしましょうか」「いいえ」という
  マニュアルトークを交わしていたんだが 試験モード週間もあるしな また来るだろうと思い
  「じゃぁ作ろうか」と返事をした
  おねえさん ニコニコっと笑ってな

    「いっつもありがとうございますっ」

  と 前の分もです と、スタンプをポンポンポンと5つも押してくれた
  こここそ週に何度も来ない店だ 何万人も来るイオンの客のなかでよく覚えていたなぁ

  いや突っ込みは分かっておる
  飲み屋のネエちゃんがよくやるような「顧客囲い込み戦略」に乗せられているだけなのであろう
  でもいいではないか 騙されるってなんて心地いいんだろう
  覚えてもらってる分だけ デブ は得である
  あれだけの嬉しそうな笑顔を見れたんだものな


⑤ 石和の健康ランドのピカチュウ体型の中国娘

  この日曜 月に一度の石和で温泉+マッサージの贅沢の日である
  仲良しの足ツボマッサージのピカチュウ嬢を当然指名 12時に行ったのになんと16:10までいっぱい
  まぁいいか ゆっくり待とう

  風呂から上がってウロウロしてると トトトッとニコニコ嬢が駆けてきた
  「いらっしゃいっ」
  「おぅ 後からよろしくね」
  「ハイっ」
  お客さんはいいのか 早く持ち場に帰って仕事せんと・・・と心配してると 何のことはない
  180度Uターンして またトトトッと駆けて戻っていった
  あれだけの満員の客の中でよく見つけたなぁ いや けっこう足速いなぁ

  足60分 手30分 の御大尽コースで申し込む  そして16:10

  ゆっくり足を刺激してもらう 気持ち良いなぁ寝そうだ
  「あのね 昨日 ふっと とよださん来ないかなって思った そしたら今日来てくれた」
  「おぅ テレパシー通じたんだろ」
  「だいぶ待った?」
  「人気あるんだねぇ いいことだよ」
  「いや 土日はお客さんが多い スタッフが少ない それだけのことだよ 平日だったら大丈夫だよ」
  会社辞めたとも言えんしなぁ 土日は高速も安いしなぁ
  「土日しか来れんよ」
  「平日なら待たせない ゆっくりやってあげられる」
  しょうがないか
  「じゃあ 休みとって今度平日に来るよ」
  プータローの特権である いつでも来れる
  「うん ありがとございます 足も手も頭もやってあげる」 

  時々Sっ気を出す
  「ここ痛いでしょう」
  「おぅ ここどこが悪いんだい?」
  「肺 タバコ吸うからいけない タバコ止めないの?」
  「止めるかいっ!」
  その後も
  「目が疲れてる」「肩と背中がこってる」ほぅ足ツボはいろんなことが分かるのか

  ハンドマッサージもやってもらう
  手を掴んで笑う
  「ちいちゃい 赤ちゃんの手みたい」
  悪かったな どうせオイラは5本の親指のガキの手だ
  右手の番になって 彼女の言葉が沈んだ「利き手は右?」「うん」

    「仕事をしていない人の手だ」

  この世で一番高貴な行為は「労働」である 貴賎はない 働いている人が一番美しく偉い
  オイラは今 一番偉くない生活をしている
  バレたか プロには嘘はつけんなぁ 嫌われたなぁ 彼女の言葉が途絶えた

  90分が終わった
  リクライニングを元に戻すと「ちょっと前にずれて」とピカ嬢が言う ん?
  腰を浮かして前にずらした
  ピカ嬢が背中に回りこんで肩を揉みだした
  「この肩 きついでしょう 楽にしてあげるね」
  ずっと ずっと 揉み続けてくれた

  「ハイ終わりました 有難うございました」「はい楽になりました 有難うございました」
  と終了の挨拶をして席を立った
  ピカ嬢はいつもの笑顔に戻って言った「また 来てね」
  オイラも片手を上げて応えた 「おう またな」




  時計を見ると20分も超過していた
  おそらくピカ嬢は次のお客さんのギリギリまで この仕事をしていないおじさんの肩を
  ずっとずっと揉んでいてくれたんだな



  読んでくださっている皆さんからしたら他愛ない言葉ばかりなんだろうが
  オイラの感性にはね こんな他愛ない女神たちの言葉がね
  
  とってもとっても 胸に染みるのである
  
  
  
ユニクロ
ユニクロの店舗で売っている一番大きなサイズは XL である

それが何か? と 問うなかれ
あの素晴しいヒートテックもフリースも 無理をしなきゃ着れんのである

イオンやアリオの 大きいサイズコーナーはなぁ 5L まで揃えてくれている
多少「真似っこ」であろうと そちらに足を運んでしまう

  ・・・痩せればいいではないか    

そう皆さん指摘するであろう  その通りである
この怠惰な性格が作り出した体型はユニクロに許してもらえていない
今や ソニーやトヨタを抜いて「日本を代表するブランド」になったユニクロには 
早く許してもらえんものか と切望している
(いや痩せたいわけではない 4Lくらいまで店頭に置いて欲しいという意味だ ユニクロ )



ブータン王妃は 政府があてがった「三越での買い物」では ちょちょいと買い物済ませ
ユニクロに行かれたそうな
そこでヒートテックやダウンジャケットを買われたそうである

ワイドショーで「なんとつつましい王妃か」と絶賛しておったがな ちょいと感動の仕方が違うぞ と思う



ここまでが今日の前段である
王妃が何故ユニクロに行ったか いろんな妄想をしちまった それが今日の本論である

庶民的王妃・・・いいや そんなアピールではない
買った額は1万か2万か ただブータンの国民総所得は1920米ドル(≒15万円/年)くらいだ
愛するブータン国民からしたら ものすごい贅沢 をしたのである

でも外交儀礼から その国で買い物をするって王妃の大事な役割である 悩んだんじゃないか

大好きな日本から 新婚旅行にいらっしゃいよ と招待を受けた
21歳の年頃のお嬢さんである 銀座に行って買い物をするって 心躍ることなんだろうと思う
でも 外交儀礼と国民のみんなの思い そのふたつを考えなきゃいかん

おそらくブータン国民はなぁ あのふたり大好きだからなぁ
いいんですよ王妃 21歳のお嬢さんとして銀座でたくさん買い物しておいでよ 
・・・って殆どの人が言うんだろうなと思う でも王妃は出来なかった

で ユニクロにした
① 日本を代表するブランドである 日本に敬意を表す意味で(三越なんかより)最強である
② ブータンは寒い 実利的に最強の商品である
③ 日本では「安い」が売りのブランドである 
  「庶民的」って思ってくれてる日本人と 自国民に贅沢と思われない 絶妙の価格帯であった
それで国民の月収以上の買い物をした    ・・・そして
④ 本当に欲しかった
国民は王妃が欲しいものを買えた幸福を 我がことのように喜んでいただろうと思う

素敵ではないか

東日本大震災の義援金をブータンは 1,000,000米ドル も送ってくれた
国民所得が1,920米ドルで 70万人くらいしかいない国が 凄い凄い額である 凄い国である
(所得比と人口比から考えると 日本なら4,000~5,000億円出したような計算になる)

カネに支配されていない凄い国である
資本主義が限界を迎えて(EUも米国も日本もバタバタして)いる時に

基準はカネではない 愛の総量である と謙虚に全世界に発信されているような気がする


世界で一番強い国は アメリカでも中国でもなくブータンではないか
そんな強い国が日本のことを「最も大切な友人」と言ってくれている

日本国民として とても誇りに感じる
GNH (国民総幸福量)
ブータンの国王と王妃が来日されている
どうも あの国王「ぱっと見」は 金持ちの勘違いボンボンのような顔立ちでなぁ
あんな綺麗な嫁さん貰いやがって と、失礼この上ない感じを抱きかねないが なんのなんの
立ち振る舞い・言葉 さすがに素晴しい国王である
オヤジ(前国王)が大した人物でもあったがな 実にきちんと薫陶を受けられ自分のものになされている



とんでもなく失礼な書き出しであったが 実はオイラ 全世界で一番尊敬している国が
「ブータン王国」なのである

会社でも若い頃から役職(課長以上)を頂戴したし 学校でも児童会長・生徒会長させてもらったし
人間が好きだし 生きていく意味っていうか人生のテーマとして考えてきたのは
「組織論」であり「リーダー論」なんである

何が正解なんだろう・・・
ガキの頃からずっと考えてきたことの答えをひとつ教えてくれたのが「ブータン王国」の
「国民総幸福量」という考え方だった

太っているんでな ガキの頃よく「ぶーたん」という愛称を頂戴していた
そしてある日 地球儀眺めてると「ブータン」という国を発見した
そして その国がGNHを指標に掲げておられるのを知った

・・・おぅ!

その日から 自分の中での正解がGNH(国民総幸福量)になった

人間は幸福になるために生きていかねばならない
そして その幸福って概念は100人いれば100通り違う
でも自分がいることで自分が何か為すことで 自分の大事な方々がちょっとでも幸福になれたら
自分自身が幸福な気持ちになれるって言う事実はね
人類にインプットされた真理だと思う

そして それが循環している組織の強さってみんなも潜在的に実感してると思う

他人を幸福に出来るためには それだけの人間力を鍛え上げんとなぁ
人間は煩悩の塊だが「他人の笑顔を欲しがる」煩悩に忠実になってもいいんだろうなぁ



ブータン国王が来日されて
そんな若い頃からの 発想の根本を思い出させていただいた気がしている
資格試験の反省会
資格試験を受けながらなぁ   実感したことがある

難易度・合格率じゃないな
オイラの場合「裏とよだのやる気」が 一番大きい要素のようである

  司法試験・公認会計士・税理士あたりは ひと月じゃぁ受からんだろうが
  他の文系の難関試験はひと月 普通試験は一週間もあればなんとかなるんじゃねぇか
  いや 裏とよだがその気になれば の話だが・・・



先週・先々週と2つの資格・4つの試験を受験した


11/06 「メンタルヘルス・マネジメント」<Ⅲ種:セルフケア><Ⅱ種:ラインケア>
11/13 「知的財産管理技能士」<学科><実技>

正直言って ひとつ落とした
(まだ合格発表は出ていない 解答速報に照らした結果である)
テキストを読み出して 全くモチベーションが上がらなかったのである

メンタルへルス・マネジメント
 このブログを読まれている方 出世とか転職とかではあまり役に立たんかも…だが この資格受けたが良いぞ
 人間は何故 落ち込み・悩み・鬱になり・自殺するか 科学的に分析してある
 どうすればbetterか 対策・力を貸してもらえる組織etc.述べてある  なかなかである

 Ⅲ種のセルフケアは 自分がそうなったらどうすればよいか
 Ⅱ種のラインケアは 課長クラスが部門・部下を どうしてあげればいいか  てな とこである

 実質5日間でやった ほぅほぅと読み進んだ が、途中でつまらなくなった
 乗らん のである 
 辛くなった・・・と言った方があってるか 
  (特にラインケア 「そりゃそうかもしらんけどなぁ」と思ってしまった 人間はもっと複雑でなぁ
   資格試験で教えるようなことだけじゃないぞ と裏がそっぽを向いた)
 どちらかを落として3月に再受験しようと言う邪心もあいまって 本を読むのをやめた

 合格基準 70%の正解率
 Ⅲ種 50問中43問 86% 合格
 Ⅱ種 50問中30点 60% 不合格


 過去問やってりゃ誰でも通る eラーニングレベル と言われる試験に落ちちまった う~ん




知的財産管理技能士
 小説書こうと思ってるしなぁ 印税生活送りたいしな TPPでヤバそうだしな で受けようと思った
 著作権・特許・実用新案・意匠・商標 てなところを法律で押えた試験である

 モチベーションは戻らず 1週間しか持たん「集中力」は2週間目に入ってしまっているし
 かなり厳しい状況で突入した

 がなぁ 水曜くらいから「裏」がその気になってきた 面白がってきたのである
 まぁいけるかな どうだろう 受験会場(学習院大学)に行く途中で「裏」に聞いた
 (他人から見たら自問自答であろうが)
 裏は言った「まぁ大丈夫 適当に解答書いておけ 最後の15分で何とかしてやる」 ・・・そうかい

 合格基準 70%の正解率
 学科 30問中25問 83% 合格
 実技 30問中26問 87% 合格


 ほぅ  さすがに最後の15分での解答 白鵬並みの勝率で正解しとる 最初から出てこいや





次は12月11日「DCアドバイザー」 知らんだろう オイラも知らんかった
DCとは確定拠出年金の略らしいが ビジネス実務法務の申し込み期限を忘れていて焦ったオイラが
ネットで受けられる資格を調べて見つけたヤツだ 申し込み最終日で 調べもせずに受験料納めてしまった

ただなぁ 極端にマイナーな資格なんである 大型書店にすら参考書・問題集が売っていない
似たような「DCプランナー」の本はあるんだが・・・
DCプランナーは3級・2級・1級とあるのに DCアドバイザーはこれだけ と言うことは
・・・目茶苦茶難しそうである

しかし 今後受けようと思っている「FP2級」・「社会保険労務士」と勉強範囲が幾らかダブっていそうである
オイラのFPを任せておる野村證券のネェちゃんに相談する
「そりゃFP2級に専念した方がいいわ 3級と2級じゃ社会的に全然違うからね 難しいし
 FPは1月? あと2ヶ月じゃない そんな簡単に受かるもんじゃないわよ
 DC・・・? その資格取ったって とよださんに意味ないでしょ」

そりゃ そうなんだが・・・
いや別にFP2級の社会的意味もオイラには意味ないんだが・・・ 


結論
この試験はFPのための練習台とする よって合格を目指さない
(DC協会の方申し訳ない)
邪心溢れる この不真面目な受験生を是非暖かく迎え入れていただきたい 

しかしDC協会よ 過去問すら ここ数年出版していないだろ てめぇらもやる気あるのかよ


プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。