とよだの腹
今年のNO.1  第4部「今年の言葉大賞」
年越しそばを作って食べております
おぅ なかなか美味いではないか
一人で生活できるって なんて不幸なことなんだろうねぇ


さて 今年の言葉大賞
何度も言っておるが 選考基準はただ一点 オイラの心を震わせたこと だけである
不平不満 文句があっても受け付けぬ   
・・・なんだが 一年も期間があると思いだせんのも多くってな
「とよださん この言葉忘れてるでしょう」とかあればご指摘いただきたい

以降 ランダムに候補作を記していく


① 今日の日刊スポーツに載っていた 楽天の山崎の言葉

 「手を振るだけじゃダメだ。降りよう。降りるぞ。市長さんには少し待ってもらえばいいじゃないか。」
(4月8日避難所で手を振る子どもたちをバスの車中で見つけて。  
 本来予定になかったが、楽天一行は この呼びかけで実際バスを降りて交流した。
 東北に根を張る球団を創設から担ってきた人間性が、言動に詰まっている)  
                               <日刊スポーツ宮下記者の文章>

② 同じ野球界からは やっぱりこれ 春のセンバツ 創志学園 野山主将の選手宣誓

 「頑張ろう日本。生かされている命に感謝し全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。」
 立派な宣誓だった こんな若者がいてくれるというだけで 日本は大丈夫だ と思った

③ 震災は世界中の方々からもいろんな励ましを頂戴した 誰かは忘れたが日本を大事にしている外国の
  有名人が震災のニュースを見て日本に駆けつけようと空港までタクシーを飛ばした時の運転手の言葉

 「アンタ 日本に行くんだろ お代はいいよ オレからの義援金だ 日本のために使ってくれ」
 日本人が思っている以上に 日本って国は世界の人々に愛されているんだなぁ

④ 言葉は人を殺しも救いもする それだけ凄い力を持っている
  ただ今年 具体的に一番多くの「人の命」を救った言葉は この天使の声をおいてなかろう

 「津波が迫っています 急いで高台に避難してください。津波が来ています 急いで逃げてください。
  津波が来ました 早く逃げてください。 津波が・・・」

 南三陸町職員 遠藤未希さんの最期の声
 お母様に対して生き残った人々がこう言って謝意を述べたそうだ
 「娘さんの声がずっと聞こえたよ」 ・・・合掌

⑤ そんな素晴らしい日本人が存在した中で なんてつまらん日本人だ と思わせたヤツラもいた
  五山の送り火で「陸前高田の薪を使うな」と抗議した腹黒き京都府民たちよ
  結局 薪は使われなかった  そんな中 五山の送り火の代表者の方が搾り出すように言った言葉

 「陸前高田の皆さんには本当に申し訳ないことをしたと思っています。ただ 私としては今年来年限りのこと とは思っておりません・・・(言外の意は「生涯を掛けて陸前高田と付き合って行きたい」と感じた)」

 京都府民にもちゃんとした大人の方はいるんだ
 心無い利己主義者たちの抗議の渦中で 立場上言える精一杯の言葉だったと思う

⑥ つまらん日本人は他にもいた 福島フェアに反対した福岡県民 瓦礫を持ってくるなと言った東京都民・・・
  そんなヤツらの声に対して  (「抗議の声が上がっているようですが」の記者の質問に対して)
  石原慎太郎が言い放った一言

 「黙れ!」 
 慎太郎を嫌いな人も多かろうが これぞリーダーの言葉ではなかろうか
 薄っぺらい 言葉を持たない ウソばっかりの 政治家が跋扈する今の日本の政界で 慎太郎は本物だと思う
 この「黙れ!」に 今年の政治家の言葉大賞を贈りたい

⑦ 先ほどの南三陸町遠藤さんや 慎太郎を泣かせた東京都消防局の原発への放水活動 そしてやはり
  「自衛隊がいて良かった」と言わしめた自衛隊の皆さんの活動など 日本の公務員は凄い
  霞ヶ関の連中だけが公務員ではない

  「自衛隊の皆さん ありがとう」 被災地の少年・少女
 毎日出動してくれる自衛隊へ感謝を込めて 雨の日も風の日も道端で手を振る少年たちの映像があった
 ある隊員は窓から拳を天に突き上げ応えたし ある隊員は運転席から敬礼で応えた
 これが日本人同士ではないか
 長渕剛の「皆さんは日本の誇りだ」も良かったなぁ

⑧ ちょっと目線を変えて今年のTVドラマから やはりドラマ部門NO.1の「仁」から 
  歴史の修正力で記憶が消されていくのに抗うように 橘咲(綾瀬はるか)が仁に書いた恋文

 「・・・・ そのお方に この世で一番美しい夕日を頂戴いたしましたことを ・・・」
 仁のプロポーズを断りながら咲が夕日に染まっていったシーンは絶品であった
 すまん プロポーズを断られた回数が一般人より数倍多いオイラとしては思わず落涙したのである

 ちなみに仁には「神は乗り越えられる試練しか与えない」という決め台詞があるが そりゃウソだ
 乗り越えられない試練が圧倒的に多いからこそ 人生は難しく また気高いのである

⑨ 今年の言葉ではないが やはりオイラの人生を左右したという点で この言葉をノミネート

 「落語とは人間の業の肯定である」    談志に合掌

⑩ ブログでもたびたび書いているが 今年オイラを支えてくれた「女神たちの言葉」から ひとつ

 「オハヨございまぁ~す」  川口駅前の喫茶店のネェ様方
 非常にシンプルな言葉であるが 自分の存在が誰かに見えているってことなんだよな
 言い古された言葉だが「人は一人では生きられない」 誰かと会話することが人生なんである
 その入り口の言葉 それが笑顔の「お早うございます」であることは絶対の真理である


以上10コのノミネートをさせていただいた
忘れている言葉がありそうだなぁ あれば続編を書こう


さて 今年の言葉大賞

申し訳ない 最後に書こうと思って あえて残しておいた
このブログでも取り上げさせていただいた 
人類が人類として地球上に存続する限り 必ず輝き続けるであろう 普遍的なリーダーの名言である

 「苦しい時は 私の背中を見なさい」  澤 穂希

この素晴らしい言葉を 今年の言葉大賞 にさせていただく








  4月から9ヶ月間のご愛読 心から感謝申し上げます
  今年は これにて

  皆さん 良いお正月をね
スポンサーサイト
今年のNO.1  第3部「各部門編ー②」
さてさて 大掃除もせねばならん 
ゆっくり紅白を見ながら「今年の言葉大賞」も選考せねばならん
マルエツで買った「いくらの醤油漬け(北海道産)」を喰いながら 
(もう完全に「おせち」の体を為しておらんな)
各部門賞をさっさと発表して行こう


<アナウンサー部門>

男性アナウンサーはここ数年 安住紳一郎 の独壇場である
平日の昼間にTVを見れるようになってから 宮根誠司 の力量も大したものと分かったが
羽鳥や古舘を圧倒している ただ伏兵は伊藤利尋 大塚さんがいなくなってはっきり分かった
彼の力量もハンパではない

女性アナウンサーは近年 高島彩の独壇場であったがゆずの北川ごときに盗られてしまった
生野は明らかな力量不足 女子力から言えばふっきれた加藤綾子あたりが色っぽいが・・・
(NHK)有働さんは頑張っているが
(日テレ)放出が相次ぎ大したのは残っていない 夏目三久の復活はすごかった
(TBS)桝田あたりが堺正章を手玉にとる様がすごいな 田中みな実 論外
(フジ)大好きな松尾翠がパンチラ雑誌のレギュラーに甘んじているんでな
(テレ朝)大木優紀も人妻かぁ
(テレ東)大橋未歩どうした
今年のTOPは 真面目に通勤している方はあんまり目にしない 赤江珠緒(テレ朝系「モーニングバード」)
確かなアナウンス技術もお持ちだが なにより人柄が良いんだろうな 画面からにじみ出てる


<芸人部門>

紳助の突然のリタイヤで改めて世代交代というか 近年のアラフォー組の充実が見えてきた
くりぃむしちゅうやネプチューンなんて若手だったのにな ナイナイや雨上がりも安定している
ロンブー淳の仕切りの上手さがやっと認められてきたなぁ 有吉の復活も定着した
今田・ジュニア・ブラマヨ・タカトシ・・・安心して見ていられる
ただ そんな中 ゆっくり見れば見るほど モンスターだと痛感させられるのは やっぱり
明石家さんま である

素人から芸能人 最近は学者まで どんな話題でも全部拾えるその力量は
今更であるが 改めて 日本語の使い手の王様 であろうと認めざるを得ない
ちなみに 今年の日本語の使い手四天王は勝手に
 安住・さんま・マツコ・池上彰
と決めさせていただいている



    いくら醤油漬 美味しゅうございました
    小田原 粋月の蒲鉾も美味しゅうございました
    喰うもの喰ったので 後はアットランダムにバラバラ発表して行って終わりにする


<街部門>

 川口 住んでみてますます愛着が沸いてきている 川崎・吉祥寺を抑えて完全なTOP

<俳優部門>

女優 永作博美  報知映画賞でファン投票では助演女優賞だったが(主演女優賞は井上真央)
         発表では主演女優賞を受賞した やはり8日目の蝉の演技は絶品
         芦田愛菜・綾瀬はるか 残念でした
男優 該当者なし 田中泯にしようかとも思ったが去年のほうが凄かったしな 大泉洋 残念でした
AV女優     自主規制により公表せず




TVでは年末特番で過去の番組の再放送をしている
ほこ×たて の 日本タングステンVSオーエスジー の対決   お見事であった
 (絶対に穴の開かない金属VS絶対に穴を開けるドリル)
日本の技術の素晴らしさ 職人のプライド(引き分けに対してお互いが「自分たちの負けである」と述べた)
いやぁ 思い出しながら見たが お見事である
日本は 日本人は まだまだ大丈夫である





それでは 今晩発表する「とよだの今年の言葉大賞」発表を待て!


今年のNO.1   第2部 「各部門編」
いやぁさすが200g1,680円 「東京かじの」の特製栗きんとんは美味いなぁ
おせち料理のつもりで買ったが ついつい つまみ食いしてしまっている
パチスロ北斗の拳が26,000円もお小遣いをくれたおかげと感謝している
現時点における プータロー界最大の贅沢者 と豪語させていただく

左半分を喰ってしまった栗きんとん
IMG_0224_convert_20111230203444.jpg


さて楽曲に続いて それぞれの今年のNO.1を列挙していきたい
プータローというのは収入はないが 時間だけは有り余っておるのでな 今年はより一層多くの出会いがあった


まず「今年のTV」部門

ドラマ部門では圧勝で 「仁」 である 
「ミタ」がどれほど視聴率を稼ごうが 「マルモリ」がどれほど可愛かろうが 「江」が自滅しようが 関係ない
あのスケール 久々にドラマの醍醐味を味合わさせていただいた

バラエティー部門は候補が多い
「ほんまでっかTV」「ロンドンハーツ」「アメトーーク」「マツコ&有吉の怒り新党」「さしこのくせに」
基本的に攻めているテレ朝がお気に入りなのであるが さんまの底力もさすがである 指原はヘタレキャラで
あるのだが ツボにはまった時の奇跡のリアクションはプロの芸人をもってしても決して真似出来ない

迷ったが 「マツコ&有吉の怒り新党」 にさせていただく
底 を見てきた男女(マツコ・有吉・夏目三久)であるが その人格に品位を感じる

ニュース部門 「池上彰モノ」 彼はおそらく<1の事象>を伝えるのに最低でも<100の知識>をもっている
厳密に言うとニュース番組ではなく 各局でいろんな特番をもっているのだが 
他のキャスターの浅さが見えた一年であっただけに 最も信頼できる報道者という視点で決めた



「食文化部門」
過去2年 とよだの食文化大賞に君臨していたのは 「セブンイレブンのおでんの大根」 であった
だが今年凄まじき新人の登場により大根は王位を逃すことになる
おそらく誰も知らないであろう今年の大賞は

 大阪 天満橋駅徒歩5分 愛媛料理 おでん屋 「だんだん」の裏メニュー「しらすごはん」

読者の方でオイラの盟友「K」と聞いてピンと来る方は 彼に愛想を振りまいて連れて行ってもらってくれ



    さて ここで レコード大賞がAKBに決まった
    さぁ彼女らはこの頂上からどうやって下山していくのだろう
    本物ってな 滅びていく時に一番美しいオーラを発するものなんだ
    皆さんの滅び方をファンの一人として ゆっくりと見届けさせていただこう



「本部門」
まぁ本に関しては気に入った本を当ブログでもいくつか紹介させてもらった
「ジェノサイド」と「下町ロケット」の一騎打ちかな と思っていたらとんでもない伏兵が現れた
「人生がときめく 片づけの魔法」(近藤麻里恵 著)である まだ読み終わっていないが・・・

う~ん すまない 今年は「未定」にさせていただく (該当作なし ではない)


「政治家部門」
菅直人 これだけ最低のリーダーを見たことがない 裏大賞を是非差し上げたい
これだけのつまらないクズを総理にしてしまった日本人の一人として 恥を感じる

やっぱり橋下徹かなぁ 良い悪いは別にして彼の言葉には力がある でもなぁ
信頼がおけるって点では 古賀茂明さん なんだが彼は官僚であって政治家ではないしなぁ

「該当者なし」にさせてもらう



「店舗部門」
過去には「ららぽーと豊洲」「ラゾーナ川崎」「ヨドバシAKIBA」等 そうそうたる顔ぶれ?が並んでいるが
今年は圧倒的高ポイントで「イオン浦和美園」にさせていただく
大好きである 心からの愛を感じている




疲れてきたので今日はこのへんまで
こだわっている「今年の言葉」大賞 は ゆっくりと今年の最終日(大晦日)丸々一回分のブログを使いたいし
アナウンサー部門・芸人部門なども書いてみたい

いや 皆さんが言わんとしている事は分かっておる
  テメェの勝手な思いなんぞに付き合ってられるか 
  ブログとはネットを通じて全世界に繋がっている公器ということを忘れるな
  二日も付きあってられるか


  
・・・そのとおりである よく分かっておる 

 

が、なぁ
最後の気力をつないでいた 栗きんとん のなぁ





残り半分喰っちまったんであるよ



今年のNO.1   第1部 「とよだのレコード大賞」
年末である 年の暮れである

この4月より 「毎日がお正月」 の日々を過ごさせていただいている身としては
晦日といっても「だからどうした」であるのだが
まぁ日本中が年末の大騒ぎなので そんなお祭りに乗らない手もない

先週OPENした近所のパチンコ屋に出掛けて行って(パチスロの封印をあっけなく解いてしまったが)
26,000円の軍資金を稼ぎ出し そごうの地下で正月食材を買い揃えてな
アメトークを録画しつつレコード大賞を観ながらこのブログをしたためている



実は毎年勝手にやっていることがある
個人的な「とよだのレコード大賞]の制定である
審査員はオイラ一人であり 受賞されたからといって別にトロフィーを届けに行くわけでもない
あくまで地下組織としてやっておる まぁオタクの戯れ事であるよ



 <過去の受賞楽曲> 

05年 BoA 「DO THA MOTION」 を今年のNO.1に決めてから継続 以後

06年 修二と彰 「青春アミーゴ」

07年 中村中 「友達の詩」

08年は悩みに悩んで青山テルマの「そばにいるね」嵐の「ONE LOVE」をおさえて
08年 絢香 「おかえり」

09年 AKB48 「RIVER」  ぶっ飛んだ この曲からAKBファンになる

10年は坂本冬美の「また君に恋してる」とAKBの「マジジョテッペンブルース」を抑えて
10年 AKB48 「Beginner」  おぉAKB2連覇だ


異論があろう
受賞曲に一定の基準を見出せずにおられるであろう ・・・かまわないっ!
オイラが その年に気に入った の一点である  文句を言われても聞く耳なぞもたん


 さて <今年の受賞曲>

候補としては最強AKBより「フライングゲット」 AKB48チームZ「恋のお縄」(パチンコのCM曲)
歌詞はないが「仁のテーマ」(平井堅のヤツではない タラララ~ラ~ラ~ララララ~の方だ)
があったが あえてこの曲にする

11年 KARA 「ミスター」

おいおい ちょっと待て ミスターは去年の曲だろう   ・・・と突っ込むなかれ
あくまで基準はオイラがその年に気に入った曲である
韓流アーチスト全盛の中 少女時代の「脚」に魅了されたオイラであったが 
綺麗なものはその一瞬の感動で終わる
「ミスター」のどこがいいのか そりゃあの尻振りダンスであるのだが それより 最後のサビの時の
スンヨンの「AH AAAA~~」という声が良いのである
美女ぞろいのKARAにおいて ひとりだけ「整○失敗しただろ」という顔立ちがまた良いではないか
(KARAファンの方へ こんな弱小ブログ炎上させるなよ)


さて 今 8;05PM
今年の本家のレコード大賞はまだ発表されていない
AKBが取れば 今年が彼女らのピークとなり来年以降没落していくだろう 
さて どうするのだろうな
いい根性してるじゃねぇか!  川崎大師っ!!!
期待を裏切らないヤツ てぇのがいる



  例えて言えば 全盛期の長嶋茂雄か
  ヤクルトファンのオイラとしては ピンチにこいつが出てくるだけで諦めた
  それまで3三振していようが エラーをしていようが 「ここで打って欲しくないな」と願う時には必ず
  そう「必ず」ヒットを打ちやがる
  「ここで打たれたら試合がひっくり返ってしまうじゃん」の時には必ず 平然とタイムリーを決め
  ヒーローになって帰っていく
  あんな嫌な選手はいなかった

  だからこそ 王がいくら世界記録を作ろうが イチローがメジャーリーグ記録を作ろうが
  ダルビッシュが最高額で落札されようが 日本プロ野球界においての最高のヒーローは 
  いまだに長嶋なのであろうが・・・




空海(弘法大師)という日本史上に輝く高僧がいる
川崎大師平間寺という 初詣の参拝客が必ず全国のBEST3に入る寺社がある

聡明な読者の方であればご記憶にあろう
そう オイラと宗教上の対立をしている いや全面戦争を仕掛けられている 天敵である

  古くは親父・お袋の存命中にさかのぼる
  親不孝を絵に書いたような息子であったオイラではあるが たまには孝行をせんと地獄に落ちると思い
  正月には赴任地へ両親を呼んでおった(東京であり北海道である)
  最初に東京に呼んだとき どこに行きたいか? と問うて
  皇居の天皇参賀・箱根駅伝観戦・暮れのアメ横・御殿山なだ万で食事・そして川崎大師に連れて行った・・・

  そこで あろうことか 川崎大師のヤロウ
  田舎から出てきた何の罪もない高齢の老夫婦を 寒空に2時間も並ばせやがったのである
  許せん!

  オヤジ・オフクロは大喜びしておったが 息子は許してはおらんぞ

  だがまぁ 両親 浄土真宗(開祖は親鸞)でありながら 空海を好んでおったのであろうから
  一応毎年大師様にはご挨拶に行っておる 

    ※そこでの戦いについては 当ブログに2回記しておる 参照いただきたい
      4月28日付 「何故にそこまで・・・川崎大師」
      7月21日付 「再び問う! 何故にそこまで川崎大師」 



空海のヤロウ オイラを全否定してかかってくる
  過去8回中7回の「凶」
参拝客への愛想とかまるで考慮しない 上から目線の どS坊主め


初詣は人が多いのでな 終詣にしておる
「今年も宜しくお願いします」ではなく「今年一年有難うございました」が筋だと思うのでな

で 昨日川崎まで行って来た
無論 お御籤を引く
ここまで来たら 大吉以外は要求しない 小吉とか中吉では許せんぞ

   しかし 空海が本物であるのなら・・・「凶」を出してみぃ
   真っ向から受けて立つぞ!


結果  ↓



IMG_0222.jpg

見事であるなぁ
同じ凶でも 内容がどんどんきつくなってきている
  願望・・・叶はず
  悦び事・・なし
  待ち人・・来らず
  走り人・・かへらず       短い言葉でびしっと断定して来やがる
  
  疾病・・・長引きて重かるべし  医療保険を充実させねば
          

高速走って 賽銭払って お御籤100円払った参拝客をなんと心得るっ!!!!


これで ここ3年の戦績

 凶・凶・凶・凶・凶・小吉・凶・凶・凶 



ただ ここで ひとつ発見したものがある 
前々回  第59番 「 凶 」
前回   第69番 「 凶 」
今回   第71番 「 凶 」

川崎大師 凶50% の都市伝説を実証すべく あえてここでひとつの大胆な仮説を唱える

  川崎大師のお御籤の 「奇数番」 は 凶である


読者の皆さん この正月に川崎大師に行く人があれば おみくじを引いてみて欲しい
そして奇数番を引いて それが「凶」であれば・・・  是非 ご連絡をお願いしたい
中居正広に言いつけてやろう



  いずれにせよ こんな どS坊主に屈する気は毛頭ない
  空海よ 来年も貴僧との戦いを続けようではないか

  ただ まぁ 今年一年 本当にお世話になりました
  来年は有無を言わさず「大吉」を出さしてみせましょう





プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム