とよだの腹
地井さん・・・
6月は誕生月である
あちこちから優待のハガキが来ていたが明日までである 早く処理しなければ
で、足立のスーパーオートバックスに来た

灰皿を物色していたら 奥のカーナビコーナーから夕方のニュースが流れてきた
えっ・・・   思わず足を止めた

    ・・・地井さん



体調を崩されて「ちい散歩」を降板されたのは知っていたが



  皆さんには叱られるかも知れないが 会社を辞めた理由のひとつに
  「リアルタイムで“ちい散歩”を見たいから」てぇのがあった
  (もちろん最大要素ではないよ あくまで理由のひとつである)

  悪役や渋い脇役からスタートした地井さん
  代表作は「北の国から」や「太陽にほえろ」になるんだろうが
  彼の集大成は間違いなく この「ちい散歩」である
  
  大御所の名俳優である でも 地井さんは少しも偉ぶらない
  凄いと思ったのは 市井の方々と話すとき
  それが近所のオバちゃんであろうと 気難しい職人さんであろうと
  ガキんちょであろうと いやペットであろうと草花であろうと
  地井さんは全て相手と同じ目線(視座)で話をされた

  物凄い許容力・器 人間としての奥行の深さ・幅の広さである

  おそらくは地井さんにとって 一番楽しい仕事ではなかったろうか
  主役こそ少ないものの 間違いなく日本の演技界の幹であった地井さん
  一生懸命仕事をされてこられた地井さんに神様が最後にくださったご褒美
  それが この「ちい散歩」であったのではなかろうか

  「ちい散歩」は同時間帯での視聴率を席巻した
  後追い類似番組も数多く作られたが いまだ「ちい散歩」を上回る番組はない
  地井さんの70年の人生は この「ちい散歩」の為にあったのではないか


人の一生ってね 長けりゃ良いってもんじゃない
何を為すために生まれてきたのか それを為すことが幸福なんである

「ちい散歩」を通じて私たちに見せてくださった
「地井武男」という 完成された人格
間違いなく それこそが稀代の名脇役地井武男の残した最高の作品であったと思う


  心よりのご冥福をお祈り申し上げます
  そして 素晴らしい「作品」をありがとうございました

  合掌
スポンサーサイト
免許更新
罪多き男なのである


先日 その罪多き男は「鴻巣」にいた
55歳の誕生日に訪れた 長年保持し愛着を持っていた「ゴールド免許」とのお別れの日
男は自宅からトコトコと車を2時間も走らせ「違反講習」に赴いたのであった

いや悔しいなぁ
1回でも違反したらダメだと思っておったら
  無事故・無違反・・・・・優良講習
  軽微な違反1回のみ・・・一般講習
  上記以外・・・・・・・・違反講習   と、なっておるではないか

はい オイラ 軽微な違反 なるものを2回もしてしまっておりました
(会社にいるときに『交通安全が第一だっ!!』と社員の皆さんに怒鳴っていたのに・・申し訳ない)


言い訳をする
男らしくないが 言い訳をする

    ・・・ 冤罪である


1回目 一旦停止のある道から大きな通りに出る場所
  無論 一旦停止をきっちりやった
  ただそこでは大きな道を行き交う車が確認できない
  そろそろと車を前に出して左右を確認した 
  ちょうど車間が空いている 一気に流れに乗らないと危ない
  サッと左折した瞬間にピッピッピーという警笛
  「はい 一旦停止違反ね」と若僧の警官が寄ってきやがる

  ちょいと待てオマエ
  オイラは現状 判断できる最も安全な運転をしたのだ 何故に停める

  ただ警官一年生と思わしきその若僧は 我こそ社会正義 とばかり犯罪者呼ばわりしやがる
  オイラは急いでおるのだ レンタカー屋への返却の時間が迫っているのだ
  しかし若僧は自分こそ社会正義を守る警察官であるというスタンスを崩さない 

  わかった 将来のある若者よ キミが立派な公務員として今後も育ってくれることを期待しよう
  オイラは犯罪者になることとした
  しかし分かってほしい もうちょい停止ラインを前に設定してくれ あの道で事故を防ぐには
  オイラの所作の方が安全であるよ


2回目 野村証券との約束の時間に間に合わせようと焦っていたとき
  ここを右折できれば早いんだけどなぁ そんな道であった
  キョロキョロと周囲を確認したが右折禁止の標識は出ていない おぅ良いのか 曲がった
  その時またもやピッピッピーという警笛
  「はい ここ右折禁止ね 」 社会正義の体現者がまたやってきた 

  見えなかった?  おぅ見えなかったからこそ曲がったのだ
  しかし もう良い オイラは犯罪を犯したのであろう 急いでおる どうせ処女ではない
  早う切符でもなんでも切ってくれ

  野村の帰り 歩いてその道を確認してみた
  おぅ あった 右折禁止の標識な
  勢いよく立派に繁った街路樹の葉っぱに完全に覆われた標識が敢然と輝いておった
  何故にそんなところに表示する 場所を変えて運転手に見やすいところに設置してくれ



2回も交通犯罪を犯してしまった
違反金よりも 2時間も「違反講習」を固い椅子で受講するという体罰にうなだれた
あと6年(3年×2回)車の保険料が高くなる青い免許で過ごすのもきついなぁ



最近 悲惨な交通事故が多い
ふたりの若僧警官よ キミたちの方が正しい
キミたちは 庶民からカネを巻き上げ自分たちだけエリートの生活を守ろうという
勘違いした財務官僚のようにならずに 社会正義を貫いてほしい


いやしかし 違反講習に集まった いわゆる「北関東のヤンキー」たちは良いなぁ
喫煙所の人口密度が高かったことも良かったが 彼らの空気感嫌いじゃない
横浜や二子玉川のコマダムのような勘違い野郎・女子にはない 素直な「やっちまった」感が
ほほえましいではないか
北海道・愛知という2大交通事故多発地帯に追いつこうとしている埼玉県であろうが
キミたちのその素直さと運動神経があれば 必ずや埼玉は事故削減県になるであろう



皆さんも事故にはくれぐれもご用心を
車間距離をとるのが一番であるが なにより
  運転する時 焦らないこと
ゆっくり余裕をもって運転していけば 事故は激減するであろう
「心の準備」 が一番大事だよ
人が好きである
そして 人が創ったものが大好きである

人間が創った最高傑作の複合体 それが「街」であろうと思う
そこには「政治」「経済」「文化」「技術」「音楽」・・・人間の作った英知が溢れている
そこには大好きな「人間ども」の生活の息吹が溢れているではないか


自然も好きだけどな
手つかずの自然よりも「美瑛の丘」のように人と自然が一緒に作り上げた風景に感動する



と いうことで 最近の趣味は街歩きである
首都圏には実に魅力的な街が多い
最近 歩いた街は
「さいたま(浦和・大宮・与野)」「豊洲」「川崎」「大森」「錦糸町」「丸の内」「大手町」
「町田」「多摩センター」「永山」「吉祥寺」「池袋」「八王子」「立川」「戸田」「大和」
「新宿」「石和」「川越」「越谷」「所沢」・・・
公園もいいな 木陰で書物を読むのは最高な贅沢である
「川口西口公園」「川口グリーンセンター」「大宮公園(氷川公園)」「井の頭公園」「彩湖」・・・

  いつも口にさせていただいておるが 
  世話になった皆さんたちが 汗をかきながら仕事をしてくださっておられるときに
  こちとら プータローの身でありながら 好きに街を徘徊し 公園の木陰のベンチで
  木漏れ日の中で本を読みふけっておるのだ
  なんと 罰当たりな男であろう 
  すまない
  衷心よりお詫び申し上げるとともに感謝申し上げる


ちょいと日本経済ともつながっておかねばなるまい
明日・明後日と株主総会にちょいと顔を出してみようと思う
東電とか野村・パナ・ソニーあたり面白そうだがな あいにく株を買っていない
配当目当てに3月仕入れた製薬会社と商社に行ってくる

30年世話になった会社の株も当然持っているがな
・・・遠い

  インサイダーって いつまで対象になるんだろう 2年も経てばいいのかな
  来年は株主提案出来るくらいまで買い増して 覗きに行こうかな


いや司法書士の試験範囲に「会社法」も入っているんでね
ナマの株主総会って 素敵な勉強機会なのである
 (学ぼうと思ったら 人間のするすべての行為は勉強の対象になるのである)




街について語るつもりが 株主総会の話になってしまった
いや その程度のブログである
次はもうちょい起承転結を考えて書き出すことにする
許せ
指原事件に思う
司馬遼太郎の名著に「国盗り物語」ちゅうのがある
前半は 斉藤道三が 一介のクソ坊主から己の才知のみで戦国大名にのし上がって行くさま
後半は道三が果たせなかった夢に 二人の弟子 織田信長と明智光秀が挑む物語になっている
面白かったなぁ オイラ「竜馬が行く」よりも こっちの方が面白かった

いや 卑近の話に戻す

秋元康 勝負に出たな
今までのAKBは前田と高橋の天下取りの成長物語だった 完結した
大島の物語ではない 大島にとってAKBは自分の物語の一部にすぎない
では柏木や渡辺の物語で第二章が開かれるのか いや彼女らにはそんな破壊力はない
新しい物語を築けるとすれば指原のヘタレからの下剋上しかなかった

スキャンダルはちょうど良いタイミングであった
ひょっとすれば秋元が仕掛けたんじゃないか
これで劇的な舞台装置がそろった


指原を単なるヘタレキャラと思ってはいけない
あの子はアイドルの新ジャンルを作った革命児である
バンジーを飛ばずテレ東を敵に回しても平然としているし
お化け屋敷では「トイレ洩らした」とTVで失禁を口にするアイドルである
地下アイドルとの勝負では ヘタレて負けようとしていたが 基礎能力が高すぎて負けきれない
おそらくは本人も制御しきれていない天才児である


おそらく 今 AKBの経済効果はそこいらの小国の国家予算並みだと思う

柏木や渡辺 W松井であれば80点はとれるんだろう
でも100点から80点になるって やっぱり下山なんだろうな
指原なら101点か0点だな
秋元はなだらかな下山ではなく 再噴火or崩壊を選んだとしか思えない 
そして崩壊しても(ドラマ的には)良いと思ってるんだろう

面白いなぁ
予想を反省する
あんまり面白くなかったなぁ 今回の総選挙

言葉マニアのオイラとしては前回の方が いや前々回の方が
彼女らの言葉に輝きを感じた
みんな慣れてきたんだろうな 言葉が綺麗になってきてしまった
彼女らの一番の魅力は 未完成の 未成熟の 汗と涙にまみれた
「清々しいばかりの“野心”」である
日本人はアナタ方の 悔しい悲しいに惹かれてきたのだ
やはり頂点を獲ってしまった彼女らは下山していくしかないのだろうなぁ

今回 一番 言葉に力を感じたのは やはり篠田だった
「後輩に席を譲れと言われるが 譲るつもりはない
 譲らないと出てこれないようなメンバーは勝てない
 私たちを潰すつもりでかかって来い 
 私はいつでも待っている」
さすがヤンキー麻里子 これぞAKBである
おそらく 今までの大島の役回りを今後は自分が引き受けてやる の宣言なんだろうなぁ


さて反省会 予想と結果を比べてみる

   予想    結果
1位  大島    大島
2位  柏木    渡辺
3位  松井(玲) 柏木
4位  篠田    指原
5位  渡辺    篠田
6位  指原    高橋
7位  小島    小島
8位  高橋    板野
9位  宮澤    松井(珠)
10位  松井(珠) 松井(玲)
11位  板野    宮澤
12位  北原    河西
13位  高城    北原
14位  峯岸    峯岸
15位  横山    横山
16位  渡辺(美) 梅田 

う~ん 16人中4人か また微妙に外してしまったなぁ
大島は1万4千票減らしたか アンチ前田票そんなにあったのか
指原 上げすぎだなぁ ポスト大島にしてしまったら あの子の魅力が生きない気もするが
松井玲奈が上がりきれなかったのはSKE票が完全に分散したからだなぁ
もうW松井のSKE ではなくて一人一人が認知されだしてきたんだな

来年大島はもう出ないだろうから 挑戦権は渡辺・柏木・指原・松井(珠)に絞られたのかなぁ
う~ん 演出が難しいなぁ
指原1位にしないとドラマなんて作れんぞ
秋元 どうするつもりだろう




言葉と言えば・・・


最近 心が震えた言葉が一つあった
あえて善悪は問わない 犠牲者がおられるしな
(あと数分違っていたらオイラも死んでいたかも知らない)

でも モラルを度外視してな
人ひとりの人生を感じた言葉があった

  プロポーズされた男性に 彼女が返したとされる言葉




   「結婚できません ・・・私は菊池直子です」


プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム