とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重量挙げ
オイラの世代では 重量挙げは「ミヤケ家」のものなのである

  それは相撲における「花田家」であり 野球における「長嶋家」であり
  ハンマー投げにおける「室伏家」である
  落語における「海老名家」歌舞伎における「市川家」にも通じるものであろう

あの性格の良さそうな 小さくてまん丸のおネェちゃんが
エイヤっ!とバーベルを持ち上げるのが たまらなく嬉しいのである
金メダルの中国のネェちゃんが 私がヒロインよ とばかりに中華思想丸出しのパフォーマンスを
繰り広げるのにはさすがに閉口したがなぁ

銅の北朝鮮のネェちゃんが可哀相ではないか
金の中国が過剰に喜び 銀の宏実がつつましやかに笑う隣で 笑っていいのかどうか分からずに
憮然と(いやオロオロかなぁ)しておったなぁ 銅じゃ本国に帰って苛められるんだろうか
キミは頑張ったので もっと喜んでいいんだよ

でも 一番良かったのは4位のタイのネェちゃんだった
2回目の試技で失敗して 泣きながら舞台を降りてきたその選手は
3回目(最後)の試技で見事に成功してくれた
あの笑顔は最高であった

真夜中に一人でTVで生中継を見ていたこのオジサンは思わず拍手してしまったではないか



何故 このブログで重量挙げをタイトルにしてしまったのか
無論 三宅宏実の12年間の苦労が実を結んだこともあるのだが
オイラをよく知る人であれば すぐにご推察されるであろう
そう

  八木かなえ が大好きなのである

美人が好きで何が悪い
この前までは すっとした美人だったのに しばらく見ないうちに
デブになってしまっておったが それがどうした
田中理恵・寺川綾・木村沙織・福原愛・潮田玲子・・・
そりゃ可愛いと言われる女子アスリートは多々おるがなぁ
好みの問題である
断固として八木かなえの笑顔最強説を曲げるつもりはないっ!

  話はちょいと横道にそれるが アーチェリー女子の銅はよかったな
  3人とも全くアスリートっぽくも勝負師っぽくもない
  よく あれだけ揃えたな という3種類の普通のブ〇が揃っておった
  近所のオバちゃんが仲良し旅行先の射的をやってるような感じだった
  ( と思ったら3人とも20代前半の乙女であった 失礼)
  でも あの笑顔はとっても素敵でしたよ

で、話を戻す



八木かなえの 笑顔 が最強なのである

失敗して笑い 成功して笑い

  もっと真剣に競技しろ などと言ってはならない
  世の男性の大半は(いや全員は)バカなのである
  可愛い子にニッコリ笑われたら 世の男性はそれだけで元気になるのである
  12位だろうが それがどうした
  最後の最後に109㌔を持ち上げて ニコっと笑ったその笑顔は
  間違いなくメガトン級の破壊力をもっておるではないか 




いいなぁ 八木かなえの笑顔
t_APX201207300002.jpg

スポンサーサイト
で、館林に ご挨拶に伺った
“夏と闘う” 宣言をしたのでな 
先日書いたように まずは1都3県の生み出した熱波を受け止めていただいている
「館林」に ご挨拶に伺わねばならぬ

聞けば わが埼玉県の「熊谷」が怒っているという
去年まで灼熱都市の称号を西の多治見と競い合っていた熊谷としては
その称号を館林に奪われることが我慢できぬようだ
曰く、
「熊谷の定点観測地は風通しの良い場所にある 館林は風通しの悪い場所に置いているではないか」

なるほど
場所によって 気温の2℃や3℃ 平気で変わるわなぁ

しかし それを言っちゃなぁ
都心の繁華街の交差点なんて 吹き出すクーラーからの熱気やアスファルトの照り返しで
50℃なんぞ 平気で超えてるぞ

  分かった このデブが 自らの体感気温として確かめてこようではないか


館林へ向かう
午後0時 館林駅に立つ
20120729+007_convert_20120729221821.jpg

まぁ 暑いっちゃ暑いがなぁ
昨年熊谷で感じたようなジリジリ感ではない
場所を移動して つつじヶ丘公園に行ってみる 
ここには池があるのでなぁ ここの涼気が邪魔しているのかもしれん

公園の野球場では少年野球をおこなっていた
少し見た 見たが これはヤバいと思いだした
モワっと暑い
これはミネラル麦茶では対応できん スポーツドリンクを買い込む
彼らはともかく 応援のジジババどもは熱中症にかからんのだろうか
暑いぞっ!

ただ 暑いが 熱さでは熊谷が上であろう う~ん

館林を後にする
いや館林だけで論じてはなるまい 埼玉vs群馬である 群馬をを知らねばならぬ
前橋に向かう
途中 コンビニ・ブックオフ・ショッピングセンターで車を降り 街を歩く

分かった

  群馬 めちゃくちゃ暑いぞっ!!!

県全体がサウナである
熱が籠っておる
埼玉は木陰に入ると多少はしのげるが 群馬は木陰でも容赦ない
数分 屋外にいるだけで気が遠くなる
オイラにはこの県に住むのは無理だ

前橋リリカでソフトクリームを食いながら敗戦を認める


結論
館林より熊谷が熱い
ただ 埼玉より群馬の方が暑い

北関東 暑いっ!!
夏との闘いが始まった
盛夏である 酷暑である 猛暑日である 熱帯夜である 

熱中症でもう50人も亡くなっている


  いよいよ 「デブ」にとって最大の敵 “夏” が攻め寄せてきたのである


自慢ではないが「デブ」は冬には めっぽう強い
そりゃそうであろう そこいらの女子ひとりぶんの体重くらいの体脂肪を身にまとっているのである
そのカロリー燃焼エネルギーたるやすさまじい 
極寒の南極に放り出されようが布団一組さえあれば しのいでみせよう

逆に夏にはめっぽう弱い
直射日光を浴びた体内で脂肪がメルトダウンを始めるのを体感しているデブは多かろう
ヤバい ヤバいのである
熱中症で絶命する前に アスファルトに溶け出すか 内爆発を起こしてしまうかも知らん




昨年は「節電拒否」宣言をし エアコン24時間体制をとったうえで
「夏眠」に突入し 死地からの脱却に成功した

そして今年である

今年は年初に妙な誓いを立ててしまった いや誰にも言ってはおらぬ
ただ こっそりと 裏とよだと表とよだが誓い合ってしまったのである
「一日5,000歩 外を歩きましょう」ってヤツだ
5,000歩を笑ってもらっては困る
通勤・通学をしていない身としては けっこうなノルマなのであるよ

最大の味方は「イオン浦和美園」であるのだが
(あそこは 雨が降ろうと熱暑になろうと適温で広々としたスペースを歩き回れる
 さらに本屋も電気屋も食堂も喫茶店もある
 オイラ 勝手に「とよだ家のリビング」と呼んで愛しんでいる)
ただなぁ 7月21日以降 天敵(ガキども)が異常発生してなぁ 歩きにくい

更には 時差8時間でオリンピック 昼間には高校野球 と外出を阻害する要因が溢れている
う~ん


  しかしっ  今年は 夏と戦うしかなかろう!!!


無論 節電なぞしない 在宅時にはフルタイムクーラー体制で臨む
だが 5,000歩の誓いを達成する為に 外出時にはクーラーを切ってやろうではないか


  ミネラル麦茶とともに 戦いに挑むことをここに宣言する




まずは 熊谷の砦が決壊して1都3県の熱波が押し寄せてしまっている最大の犠牲都市
「館林」に ご挨拶に行かねばなるまい
大人の言葉
最近 日本から大人が減ってきた

それはオイラ達 成人の責任である

今の政治家たちの言葉のいかに薄っぺらいことか
人格の薄っぺらさが透けて見えてしまう
どうせなら大悪党になって欲しい
チンピラの喧嘩って本当に危険だからなぁ

大津の中学生の悲しい事件もそうだなぁ
教師も教育委員会も政治家も警察も
あまりにガキすぎる

ガキと大人の違いは どれだけ他人を守れるか である
弱いガキは自分しか守れないので保身に走りたがる
教師も政治家も東電も財務省も
自分を守ることに必死になりすぎる

そんな大人観てると ガキどもだって そうなってしまうわなぁ

  話はズレルが 教師と生徒の関係は 王様と奴隷で良い
  言うこと聴かん生徒は ぶん殴ってもかまわない
  それを犯罪や何やというから教師は自信を失ってしまう
  ガキに人権を認める必要なんてない
  認めろというのであれば 自殺に追い込んだヤツらは極刑に処せば良い
  権利と責任は一体のものであるからな
  まぁ 今の教師もガキの集まりであるから そこが最大の問題であるが・・・

本物の大人がたくさん出てきてほしいなぁ
そんな欲求が ふつふつと湧き起こる昨今である




・・・というのが 本日の前段である
本日のテーマは「大人の言葉」であるからなぁ

最初にお詫びしておく
本論を読んで 「あんたの感性は分からん!」 と叱責を受けそうであるが
そんなブログである  許してほしい

で、本論

最近 TVのCMで大人の言葉を聴いた
CMの言葉である 勿論 CMクリエーターの書いたセリフである
本人のものではなかろう
その上 本人は画像に登場しない 声だけである

たけしが秀吉 キムタクが信長 を演じるTOYOTAの「ReBORN」CMの新バージョン
北ノ庄城落城の際 浅井三姉妹(吉高・トリンドル・前田敦子)を逃がすため
お市の方(マツコ)が叫ぶ


「あなたたちはお逃げなさい! 早くっ! 早く逃げなさいっ!」
である

わかっている
ただの女装癖のある太った40歳の独身男が
CMクリエーターの書いたセリフを発しているだけである

ただなぁ 過去にお市を演じた どの名女優よりも凄いと思ったんであるよ

マツコは武器であろうあの圧倒的な外観(姿)を見せず 声だけで本物の母性を存在させていた

それは とりもなおさず 彼女が「本物の大人」であるからに他ならぬと思う
彼女が本物の大人でなければ すぐ声の裏に「作り物」が透けて見えるであろう
でも 透けて見えてきたのは彼女が包み隠す大きな母性の方であった


分かっている 
反論多々あろう
感性の違いである 許してくれ


ただ 大人って「自己保身」か「自己犠牲」か で判別されるって思ってるんでね
マツコの声と相まって 感銘を受けてしまったのであるよ
スマホを替えた
長らくiphoneを愛用していたが あまりの電波状態の悪さになぁ・・・

androidに寝返ってしまった

最近のgoogleの充実度に敬意を表する部分もある
(googleとandroidは仲が良い)

で、これ ↓

IMG_0248_convert_20120720193841.jpg

GALAXY S3 
韓国のサムスン製というのが 国粋主義者のオイラとしては気に食わんが
サクサク感がたまらんなぁ


ここで業務連絡
電話番号は変わらんが iphoneのメールアドレスはもう使えん 忘れてくれ
今後は PCと共用できるGメールに統一する


ただ このブログにアドレスのせてしまうとなぁ・・・
いろんなこと 好き勝手に書いているので 闇の組織に狙われかねない
分かる人にだけ分かるように
旧職番+Gメール とだけお伝えしておく


プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。