とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時報告 別荘崩壊
「夏と言えば」を短期集中連載すると言いながら 全然筆が進んでおらぬが

・・・悲しいお知らせがある



右欄「リンク」に 「とよだの腹 別荘」があるのだが 熱波で崩壊してしまった

いや内容が云々で炎上したわけではない
NTTからケーブルテレビに 電話・ネットを変更したのだが
その際にぷららブログも契約終了にしておった

今月末までに 別のブログ会社に引っ越しさせればよいと安直に考えておったのだが
真夏日・熱帯夜にやられてしまっていて
つい 今日までほったらかしておった

さっき見たら・・・

消えていた



う~ん


悲しい


スポンサーサイト
夏と言えば 「水遊び」
「夏は嫌いですか?」

いや苦手ではある あるが嫌いではない

夏にはネエちゃん達が薄着になってくれるではないか
肌を覆う面積が極端に少なくなってくれるではないか

おそらくは この猛暑が脳をマヒさせ社会的通念とか羞恥心を欠乏させてくれるからであろう
素晴らしいではないか
猛暑様々である

女性の皆さん方に告ぐ
貴女たちの美しい肌は社会のインフラであり街の財産である
フロイトあたりに言わせれば 脳のマヒが抑圧された性欲を開放し
本能の赴くままの行動を取らせている くらいの心理分析をしそうだが
気にすることはない
どうぞ パンツが見えそうなミニや下尻がでそうなショートパンツをどんどん身に着けていただきたい
「暑いから」という絶対的な免責事由があるではないか

自信を持ってほしい
キミたちの肌は脚は 圧倒的に美しい
男女問わず そんな美しい景観は人間の心を豊かにしてくれるのである

経済の法則に
「女性の衣服の面積が1%少なくなる毎に GDPは1%ずつ向上する」
と言うのがあるではないか・・・

(・・・すまん ウソだ  猛暑のせいだ  許してほしい)




  ただなぁ 美魔女とかいうオバサン方が張り切るのはちょっとなぁ

  最近では藤田紀子ごときがピースの綾部ごときと〇〇ちゅうのが話題になった
  まぁ他人の色恋沙汰はどうでもいいんだけどな
  熟女コメンテーター達が異様に興奮しておったのでなぁ
  誰か一人くらい 森光子が東山と噂になった時にミヤコ蝶々が言い捨てた
  「色気づいたババァは気味が悪い」くらいのコメントはできんのか
  相手が国民栄誉賞の大女優であってもな へんな物はヘンと言い切るなんぞ
  さすがミヤコ蝶々師匠 たいしたものである





すまん 毎度のことながら タイトルから遠い前段が長すぎた
今日のテーマは「水遊び」であった

  前段部分でも十分にヒンシュクをかっているであろう 
  分かっている
  脳みそがマヒしているのだ 許してほしい
  が、あえて 同じ論調で続ける

猛暑と闘うには 美しき景観が必要なのである
ならば 結論は簡単であった

  「市民プールに行って おネェちゃんの水着を見る」

熱帯夜に侵され続けていたある夜 この結論を導き出したオイラは あまりの名案に
おもわず ガッツポーズをしてしまったのである

さっそく 翌日イオンで2280円で水着を購入したオイラは
川口にある貧相な市民プールに出陣したのである

市民プールには 大勢のうら若き女性達が真夏の日差しをもろともせずキラキラと輝いていた
はじける笑顔・はじける嬌声・はじける肌・・・ 
色とりどりの水着・可愛い小ぶりなお尻・そして凹凸のない可愛い胸 ・・・ん?

そうか 夏休みであったか

「うら若き」過ぎであった
小学生か幼稚園児と思しきガキどもに占拠されたプールは さすがに圧巻であった
あれだけの人数がいながら 年頃の女性の姿がどこにもない
年頃の女性の侵入を完全に遮断する圧倒的なガキ・ジジ・ババの勢力
さすが 川口

う~ん





川口アリオの前は公園になっている
まだ樹木が完全に育ちきってはいないが あの木々が大きくなれば結構良い空間になろう
木々とアリオの間には 浅い窪みが5~6個ある
暑い日には 窪みの底から水がでて 水たまりを作ってくれる
ガキどもの恰好な遊び場になっている



プール帰り 落ち込んで トボトボとアリオに向かっていたオイラに耳に突然
「びぇ~んっ!」
というガキの泣き声が響いてきた

静かな公園である
道行く人は一斉に声の方を向いた    次の瞬間
びぇ~ん より大きな声で 「ごめぇ~ん」 という母親らしき若い女性の声が響いてきた
水たまりの中でガキがコケて頭を打ったらしい
その女性は ガキを抱き上げて頭を撫でている

ゴメン か

まぁ最近の ガキに媚びる友達ママ ってヤツだな
ガキに人権なぞ認めてはならん 大人がガキに媚びるから ガキが増長するんだ

・・・てなことを思いながら 歩を進めていたら ガキの頭を撫でながら母親は次の一言を言い放った

「なんで前向いて歩かないのっ! 後ろ向きに歩けるほどアンタは頭が良くないんだからねっ!」


いや 文字にしたら大したことないんだけどね
その「間」であり 「言葉のチョイス」であり 公園中に響き渡る「声の大きさ」であり
素晴らしいエンターテイメントであった
思わず公園中の大人が ドッと沸いたのは言うまでもない
オイラも思わず吹き出してしまった

素晴らしい   これぞ 大人の「叱り」ではないか
ガキはバカである バカであるからこそ失敗しながら ひとつずつ大人になっていくのである
未熟な者に 未熟であることを教えることが大人の仕事なのである


一瞬の沈黙の後 ヒクヒクしていたガキは また「びぇ~ん」と母親以上の泣き声で応戦した
母親はガキ以上の声で また「ごめぇ~ん」と ガキを抱きしめた



なんのことはない 川口のとある水遊び場での1シーンである
いや結局は友達ママだったのかも知らん 叱り飛ばすまではカッコ良かったんだけどな
まぁそれでも 公衆の面前で大声でガキを叱れるなんて 最近の若い母親としては偉い方だな





昼下がりのヨーカ堂前でまぁまぁ楽しい出し物を見せてもらったな  
くらいの気持ちで店に向かって歩き出したオイラの目に
店から買い物袋を抱えて出てくる女性の姿が入ってきた

女性はガキを抱えている若い母親に「あら~ ごめんなさいね」と声をかけた
母親は女性に「うん 〇〇ちゃん 転んじゃったみたいでね うん 大丈夫よ」と返していた
そして そのガキを女性に手渡した

ん?

やっと 筋が分かった
母親と思った女性は 本物の母親(店から出てきた女性)の単なる友人であったのだ

そうか この街には他人のガキを大声で叱ってくれる風景がまだ残っているんだ


年頃の水着美女は見れなかったが 素敵な女子力を見せていただいた


さすが 川口
さすが 川口の女子力である
残暑お見舞い申し上げます   夏と言えば~
暑いであろう

いや 暑い  とても暑い

盆を過ぎてもなお残暑が続く

真面目な勤労者の諸君 盆の疲れも癒えぬ間に 更なる追撃ちの残暑お疲れ様です
ココロより「残暑お見舞い申し上げます」


皆さんには本当に申し訳ないと思いながらも
プータロー特権を生かし エアコンの効いた環境で涼やかに毎日を過ごしているオイラを
どうぞ許していただきたい


お詫びに 去年短期連載して好評であった「お盆と言えば~」の2012年版を
少しの期間 今年も開催したい
タイトルは「夏と言えば~」とする

  (誰に好評であったか などと聞かれても正直分からん
   ただ この欄の右側にある来訪者カウンターがカラカラと勢いよく回っていたので
   誰かに好評であったと思われる)

気づけば知らんうちにカウンターは5000を超えておった
来訪者を稼ぐ仕掛けは全くしておらんのに よくまぁ来訪いただいたものだ
心より感謝申し上げる

疲弊しまくった心身を 癒していただければ幸いである



PET健診
先日 PET健診と脳健診に行ってきた

正式な遺言書にするには公証役場に行かねばならないが
面倒なので ここに一部書いておく

   もし 脳がやられて植物人間になったら 延命処置なぞしないでくれ
   ただでさえ 他人様に迷惑をかけて生きてきたのだ 
   末期まで迷惑をお掛けしたら 成仏できない 
   人生の美学に反する
   コロッと殺していただきたい




いや 残念ながら (現状は)ガンはないらしい
健康体であった

ただ 脳の方がなぁ
「加齢性変化」が見られるとのこと
ん? 加齢性変化? 
要はボケだしているってことか 脳の劣化を意識していたがヤバいのか

これは資格試験なぞで遊んでる場合じゃないな
早く小説を書き出さねば

でもなぁ
「両側大脳白質に点状~斑状の虚血巣をいくつか認めます(中略)が、加齢性変化の範疇です」
???
気にするなってことか?

先生に聞きに行く
なかなかのオヤジであった さすが日本医科大
医者「いやいや 55でしょう こんなもんですよ」
オイラ「タバコ止めにゃいかんのでしょうかねぇ」
医者「いや わたし52ですが タバコ吸ってますよ」
オイラ「へぇ 今お医者さんがそんなこと言っちゃまずいでしょう?」
医者「ハハハ 吸ってるの私だけですから でも 精神衛生上タバコは<有り>でしょう」
オイラ「ほう よく言った あんた名医だ」

ただ そのあと気になるひとこと
医者「あなた 他人と少し脳が違いますから 強打しちゃだめですよ」
オイラ「へっ?」
医者「この脳しているボクサーにはボクシング止めろって言うんですがね」
オイラ「へぇ?」
いや「ハハハ 強打しないでくださいね」

なんだ ヤブ医者 わけわからんぞ



まぁ 他人と違うところに違うものがあるらしい
そりゃそうだろ 裏とよだを飼っておるのだから どっかに変なものがあってもしょうがない



強打しなけりゃ気にせんでいいらしい


気にせんことにする





竹島とか尖閣とか
いや 久しぶりに見たな バカ宰相

オイラが生きている間には抜くヤツはいないだろうと思っていた
世界に誇る日本の恥 あの<菅直人>と 肩を並べておるなぁ

東日本大震災の発生を 自らの延命に利用できると大喜びした卑しき宰相と似ておるではないか
菅のせいで 日本の役人は思考停止した
菅は自分の保身のせいで 多くの犠牲を出したことを おそらくは未だ感じていないだろう
とっても正常な人格をもった人間とは思えない

振り向いて隣国の宰相
実効支配しているのだから 
変なことしなければ 竹島は「独島を愛する韓国人」の支配下にあったものを なぁ
せっかく仲良くなりだした日韓の国民の感情を引き裂きやがった
自らの保身のために 国民を犠牲にしやがった
バカさかげんで よう似ておる


領土問題はなぁ
思い入れの強い方が 断然有利なのである
日本の政治家・外務省は 韓国民がガキの頃から「独島は我が領土」と教育されていたことを
甘く見ているのではないか


日本に来てくれる外国人観光客でダントツに多いのは韓国民である
KARAのダンスも素敵ではないか
オバちゃんたちは韓流ドラマに涙しておるではないか
地政学上 あと何億年かは日韓は隣国同士なのである
いろんな意見はあろうが
「仲良くする」のが 最上なのである

オイラ精神的右翼(国粋主義者=日本大好きオヤジ)だが
お隣さんと仲良くするって 大切なことだと思う

竹島は 日韓の友好の地 の象徴として特区にすれば良い

日本の領土でありながら日本人が行けず 韓国人が多数観光に行っているなんて異常なことはなくなる


ただなぁ バカはともかく 大人の政治家が日韓ともにいないからなぁ
今回の件で仲良くするきっかけは だいぶ後になってしまったなぁ


北方領土もなぁ ロシア人が沢山住んでいるしなぁ
住民に「今日から日本になったので出て行ってくれ」って言ってもこの67年間は大きいなぁ
怨嗟の感情しか残さんだろうなぁ 67年間の思い出をぶんどるわけだからなぁ
でも ソ連もズルして盗んだんだしなぁ 許せんなぁ
ここも 特区 にして 日本人もロシア人も住めるようにすれば良い



もうひとつ 尖閣
ここは特区にする必要なんてない
中華思想は 自分たちが中心 自分が一番好き であるからなぁ
相手のことを思いやる「惻隠の情」の日本とは相容れない
見てて分かるだろ あの国は途方もない「ガキ」だ

きっちり管理して戦わんと 中国の横暴に辟易している他の隣国のためにも良くないぞ

中国も日本の一番の貿易相手国である
本当はみんな仲良くしたいのだ
ただ あの国も周恩来や鄧小平以降 大人の政治家がいなくなったからなぁ



結論 日中韓 みんなガキなのである
一番早く「大人」を揃えた国が 外交は勝利する

これを読んでいる若人たちよ 早く大人になってくれ



みんな お隣さんなんである

仲良くするのが 一番良い 




プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。