とよだの腹
戦いの夏 その3 「VS. 尿管結石」
去年の夏 「水着のネェちゃんを見る」 という壮大な野望に駆られて
イオンで水着を購入して市民プールへ出陣した話を書いた

   結果は・・・
   水着は水着だが 胸とお尻の平坦な(そう小学生かそれ以下の)ガキどもが 一帯を支配した
   うるさくも ほのぼのとした空間に 野望は無残にも打ち砕かれた
   天敵であるガキどもに完膚なきまでに叩きのめされた一日でもあった

プールといえば思い出がある

若き頃 入社間もないころ オイラ プールを売ったことがある

   いやレジャーランドなどではない 
   東北の地方都市の市役所と話をして「小学校」にプールを売った

   全体工事を請け負ったのは うるさ型の社長で有名だった町の大手の工務店
   みんなが「受注はほしいが あの社長とやるのはちょいと厳しいな」という中
   事情を知らぬ よそ者の若造であったオイラは代理店と突入していった

   いやぁ 鍛えられましたな
   異常気象も関係したのだろうが FRP(ガラス繊維強化プラスチック)の継ぎ目が
   白化現象を起こしやがってね
   何回補修しても 都度違う問題が発生する

   工務店の社長から怒鳴られるは 物は投げつけられるは 大変であった

   製品が悪いのか 施工が悪いのか ようわからんかったが 
   組んでくれたプール施工の協力会社の大将がな
   「とよださん どっちが悪かろうが関係ない 俺たちはあんたを置いて逃げはしない 
    あんたと一緒に最後まで戦ってやる」
   と 男気の発言をしてくれてな
   なんとか 小学生のプール授業開始に間に合った

   「やりましたな」協力会社の大将
   「ありがとうね」ボコボコにされるオイラを陰で暖かく見守ってくれた市役所の係長さん
   そして
   「頑張ったな」 怖い怖い工務店の社長にそう言われたときには
   仕事とはなんと崇高で 「人生」を体感できるものであるか知った


ただ 身体の変調はそのころから起きた
水の入っていないプールってな 太陽光線をもろに集約する巨大な電子レンジのようなものなのだ
おそらく 長時間熱せられた我が肉体からは 水分が飛び 血中濃度が増し 臓器を傷めたと思われる

腰が痛い
のた打ち回っても痛みは取れぬ 鈍痛とはかような痛みを言うのか
トイレに這って行く 尿意と思ったら 貧弱なウインナー君から出てきたのは尿ではなく

   溶かしたチョコレートのような ドロっとした液体(濃い血尿)であった  

死ぬのかも知らん
その昔 新宿歌舞伎町で 9,995円ポッキリ とか言う価格にだまされて入ってしまった ソー〇
さらに そこに鎮座していた 元スクールメイツとかほざきやがる胸のたれたオバハン
彼女に淋しい病気をうつされた時にも感じなかった 生命の危機の恐怖

   ちなみに「淋しい病気をうつされたので早退してペニシリンを打ちに行く」と告げると
   「バカモン! 早く行け 2,3日会社に来るな」と課長にどやされ
   後日 「だいたい そんな安い店に行くからいかん そんなところは病原菌の渦だ」と
   どやす怖い部長に 「だったらもっと高い店に行けるように給料上げろ」と主張し
   ご推察どおり10倍返しでボコボコに怒られ しばらく冷や飯を食っておったことがあった

   あぁ記憶の時間軸が違っておった
   「淋しい」は「ドロっ」の数年後であった
   だから「淋しい」のときは ビビらず 堂々としておれたのであったなぁ


話を戻す

最初の痛みは研修中 宿泊施設でおきた
あまりの痛みに真夜中ではあったが先輩にタクシーを呼んでもらい病院にいった
「尿管結石でしょう」といわれ応急処置の座薬をもらった

翌日 研修を途中で切り上げ帰ることにした
新幹線に乗るべく トボトボと駅に向かった 
が、ズン ズン と腰が重くなってくるのを感じる
限界である もう歩けない 何屋か忘れたが目の前の店に入り息も絶え絶えに
「救急車呼んでください」
と言ってへたりこんでしまった

   いやぁ 生まれて初めて救急車乗ったなぁ
   そうか 信号無視してVIP待遇で走り抜けるとは このように快感であったのか

鈍痛には周期があってな
2時間くらいでいったん収まる
救急車の隊員さんに励まされておったら 病院に着くときにはだいぶ収まってくれていた

病院に着いたときの看護婦さんの声が いまだに脳裏に焼き付いている

  「先生っ! 救急搬送の重篤な患者さんが・・・  自分で歩いてこっちに来ますっ!」





尿管結石とは 腎臓で出来たカルシウムの固まりのコンペイトウのようなヤツが 
尿管をガリガリと削りながら膀胱に落ちてくるものである
膀胱まで来てくれれば 尿の勢いで尿道を一気に駆け抜けてくれる
出るときにはチクっとするが 便器にカチ~ンと音を立ててぶつかってくれる

あのプールの日以来 そういう体質になっちまったようで 過去に3回石が落ちてきた
今でも 左右の腎臓に2~3個スタンバイしているのがレントゲンに映っている

医術の進歩とは素晴らしいもので 前回(6年前)は 超音波で石を砕くという技で勝ってやった
手術代が数万かかったが なんと医療保険の適用になるそうで20万円ほど返ってきて
大儲けした


会社を辞めた時 医療保険を代えた
手術歴があると3年間は適用にならないらしい つまり手術代が出ない

今年 どんなに暑かろうが 熱中症になろうが そんなことより石の拡大だけは阻止せねばならない
腹がパンパンに張ろうが ひたすら水分過多状態(尿濃度を下げる)にしなくてはならない




戦いの夏 その3 は 体重が2キロ増えようが ひたすら水を飲み続ける

  VS. 尿管結石      との闘いの話なのである 







スポンサーサイト
戦いの夏 その2 「VS猛暑」
人間は自然には勝てない
圧倒的な 力量差があるからである
レベルが違う いや「格」が違うのである

勘違いしてはならない
自然に勝とうとか 自然を制御しようなどと 思い上がってはならないのである
大自然の怒りに畏怖し 制御ではなく防御すること これしかない

ただなぁ
この猛暑はなぁ きついなぁ

  エアコンはフル稼働である
  日中は ショッピングモールに逃げ込んでおる
  冷凍庫には パピコとガリガリ君を買いだめしておる
  水分なぞは過摂取しすぎて 腹がパンパンになっておる

去年までは 熊谷や館林にご挨拶に伺っておったが 四万十は遠いしなぁ
(熊谷の無念さ 察するぞ)




この猛暑に勝てるもの それはやはり大自然しかない

爆弾低気圧? ゲリラ豪雨?
いやいや 彼らは所詮 一時しのぎでしかない
証拠に 通り過ぎた後に残るのは 猛烈な湿度 蒸し暑さだけである



ここは やはり 大真打にお出ましいただくしかなかろう

猛暑に勝てる 最強のボスキャラ

「秋雨前線」

ヤツが通り過ぎた後には 猛暑は霧散して形すら残さない



やられている九州・中国の皆さん 命を守る行動をとってくれ
ヤツは猛暑より遥かに強力で「観測史上最大」に膨張してくるぞ

ただ 猛暑を蹴散らすには ヤツが通り過ぎるしかないのである

耐えろ 逃げろ 守れ 負けるな  被災地 そして日本国民
日経よ オマエもか
戦いの夏 の連載中であるが 今朝の日経見てて腹が立ってな

 だいたい 大マスコミは権力にすり寄りすぎである
 戦前・戦中の 大本営発表 と似てきたきらいがある

いやすまん 言い過ぎた
マスコミこそが 今の日本の最大権力であった

どう 使っていいか 分らんでいるのだろうな

だから 朝日とか産経とか 両極端の偏狭な見方しかしとらん
読売もタチ悪いな あれだけの悪党なのに よく36回もあんな偽善を続けているものだ
良心の呵責に耐えきれず 偽善でもやらんと精神の均衡が取れんのだろう


日経が一番まともだと思っていた
右も左も関係ありません 我々はひたすらカネ儲けのことだけです  って 潔いではないか


ただなぁ 今日の朝刊 「消費増税 7割超が容認」にはなぁ・・・



  記事をひもどく 
  アンケートをとったそうだ

消費増税に対し
1・予定通り上げるべきだ                 ・・・17%
2・引き上げるべきだが時期や引き上げ幅は柔軟に考えるべきだ・・・55%
3・引き上げるべきではない                ・・・24%

だったそうだ
これだったらなぁ 見出しはなぁ

  「予定通りの消費増税 8割弱が否認」

が、民意ではないのか 相応しいのではないか



 世論の誘引なんぞちょろいもんさ 
 財務省・既得権益者を応援してやるから 
 新聞を軽減税率の対象にしろ or  法人減税をセットでやれ

・・・の裏取引を紙面でやってるだけのように見える


日経よ プライドがあるのなら
裏取引でなく 
表で堂々と 

  庶民なぞ どうでも良い 
  ただひたすらに
  
    大マスコミにメリットがあるようにやれ! 

と主張せよ
戦いの夏 その1 「ヤンキーは都を目指す」 本編その2
いや 失礼した
PCはちゃんとしたものを買い直さんといかん

続ける

いや続ける前に ひとつお断りを入れておく
各地方のことを書いているが 決して悪意はない 悪意はない 悪意はない
もっと言えば 好意を持っている 敬意を持っている 尊敬している
ひたすら オイラの文章力の欠如の為せるわざである 許して欲しい


② 四国

  四国はなぁ バラバラだしなぁ
  愛媛は広島見てるし 香川は岡山見とる 香川は兵庫か 高知は太平洋しか見とらん
  
  それに飽きたら大阪か 大阪に飽きたら東京か
  東京に来てるのは 真鍋に友近に広末に松本明子・・・  
  う~ん 狂気をはらんだ女が多いなぁ
  (いや ここで言う狂気とはクレイジーではなく 高杉晋作のいう「狂」だがな
   高杉は山口なので言い訳にならんか・・・)

③ 中国

  ここもなぁ バラバラだしなぁ
  山口は 特に下関は北九州と合併したらいいやん と思えるくらい仲良しだしなぁ
  広島が核だがな いや広島に核なんちゅう表現遣ったら浅慮だ 中心だ
  広島にはなぁ 先輩方にヤンキーより怖いニィさん方がおられるのでなぁ
  ただ 拓郎に矢沢に世良 男っぽいニィちゃん達をてっぺんに輩出しとるなぁ
  岡山は何処に行きたいのか 広島にも大阪にも毒されん 独自の道を行ってるなぁ
  ん? 鳥取と島根? 彼らは双子である お互いのみを見つめ合っている


いかんいかんいかん こんな調子で書いていると 各地方の方々の怒りを倍加させてしまう
反省する も ちっと シンプルに書く


④ 関西

  東京と双頭の巨頭ではある
  が、天才「さんま」が東京に居ついてしまったのが決定的だった
  いくら「関西弁を標準語にした」といわれようが てっぺんは東京であることを証明してしまった
  頑張れデイリースポーツ

⑤ 北陸

  持ち家率 日本一 幸福度 日本一
  都会になんて出ていかんでもいいでしょう

⑥ 東海

  トヨタを持ってるのが強いなぁ
  SKEも強いしなぁ
  てっぺんなんて どーでもよい みゃーみゃー言ってて十分だと思う

⑦ 甲信越

  ここも分立してるしなぁ
  それぞれが とってもいい場所なので それでいいではないか
  あぁ 長野よ どうして軽井沢を東京の植民地にした
  (せっかく群馬の軽井沢侵攻を蹴散らしているのに)

  ※ 軽井沢とTDLは 住所こそ長野と千葉だが 実態は完全に東京の植民地である

⑧ 北海道

  ここも 東京以上の東京「札幌」が控えている
  なんせ北海道民550万人のうち 札幌だけで190万人 (道央圏だけで340万人)

    いや札幌の190万と言う数字を鵜呑みにしてはならんぞ 
    住民票を移していないヤツらが有象無象おる
    体感的には確実に200万は超えていると思う

  はっきり言う
  札幌さえあれば 北海道民は東京に出てくる必要なんてまったくない
  ここの街力はなぁ オール東京にはかなわんにしても 
  個別の街(銀座・新宿・渋谷・池袋・丸の内・・・)と個別に戦えば 完勝する

  
  では 何故 東京に出てくるのか
  
  タカアンドトシが言っておった
  (タカトシは当時から北海道で爆発的な人気を持っていた)
  が、

     「僕らがどんなに頑張っても 北海道で一番にはなれません
      だって 北海道には “化け物” がいますから」

  化け物・・・   そう「大泉洋」である

  他県民の方々には 感覚として よぅ分からんだろう
  ただしかし ここ当分の間 北海道で彼を凌駕するスターは出現しないであろう
  知事選やってもな 高橋はるみ(現知事)より いや安倍より小泉進次郎より強いかも知らん
  タカトシよりも ドリカムよりも 強い 大スター
 
  それが 「大泉洋」 なのである


    
  だから北海道民はなぁ 北海道でてっぺんを取ることを諦めて東京に行かざるを得ないのである

⑨ 東北

  東北の方々ってなぁ 基本的に辛抱強い真面目ないい人が多い
  あんまりヤンキーにそぐわん地方でなぁ 夏祭りで爆発させてるしなぁ

  が 彼らの目線の先には 確実に東京がある

  東北本線 東北新幹線 で ぞくぞくと侵攻してきた

  集合先は「上野」 (むろん北関東などは素通りである)

  そして 上野で彼らは霧散する 
  まとまって徒党を組むなんてことはない 個々で静かに根を下ろしていく
  おそらく 今の東京で2代3代前まで遡ると 東北出身者が一大勢力を築いているのでは
  なかろうか

⑩ 東関東

  東関東のヤンキーのイメージはなぁ 最近では氣志團か いやマツコか
  いたいた大物 ハマコー

  京葉線で東京に向かった連中は 東京の植民地化させられたTDLで足止めを食らった
  常磐線は 柏と松戸が内部抗争して勢力が削がれた

  やはり総武線であろう 
  ただここは東京ヤンキーの東の拠点「錦糸町」でもみ合うことになる
  錦糸町を勝ち抜いてもなぁ その先にあるのは オタクの聖地秋葉原だしなぁ
  そこをくぐりぬけたら 銀座・日本橋 という 敷居の高すぎる都市が待っている
  さすがに ヤンキーの分際で銀座日本橋にはなぁ・・・

  そこで ヤンキーの大将 ハマコーがついに東京湾をぶちぬいて「アクアライン」を
  造るに至ったのである

  しかし ハマコーは失敗した
  木更津から海をくぐって 頑張って行き着いた先は・・・
  木更津より遥かにガラの悪い「川崎」だったのである
  
  木更津のヤンキー諸君 悪いことは言わん キミたちくらいの悪さではなぁ
  川崎の怖さにはかなわんぞ

   (ちなみに ちょっとだけ 弁解
    オイラ 錦糸町にも川崎にも住んだことがある
    両方とも とっても魅力的な いい街でしたよ)

⑪ 北関東

  さて トリは北関東

  栃木・群馬勢は大宮で集結する そこで大勢力となって京浜東北線を南下する
  以前は東北勢と同じように上野で拡散しておったと思われる
  ん? 東京の入り口「赤羽」は? かい
  赤羽ごとき川口だけで十分である 赤羽vs川口が仲良く抗争を繰り返す頭上を
  栃木・群馬・他埼玉勢は 素通りしていったのである

  が、28年前 状況は一変する
  埼京線の開通である
  銀座・日本橋にはかなわない 新宿・渋谷は気後れする そんな北関東勢は恰好の獲物を見つける
  
  そう「池袋」である

  誤解 クレームを恐れずに言う 言うと・・・

    池袋は北関東勢の街である

  証拠に 上品な東京ボーイ東京レディの方々は 池袋を嫌がっておるではないか
  池袋にはなぁ 北関東とおんなじ匂いがするんよ
  いいではないか 池袋  我々北関東民と仲良く発展していこうではないか


番外:東京の反撃

  東関東が愛してくれた錦糸町はなぁ 以前は怖い街であったのだがなぁ
  ロッテ会館が改装したり オリナスがどーんと出来たりしてなぁ 
  挙句の果て スカイツリーまで間近に出来ちまって 綺麗な街になっちまった
  う~ん

  溝の口に集結した神奈川西部ヤンキーの侵攻はなぁ
  多摩川の対岸都市 二子玉川にニコタマダムが防波堤を築いて入り込めん

  ヤンキーの旗頭 川崎ですらおしゃれな街に変わってしまった


  う~ん
  う~ん
  う~ん


  頑張れっ  関東ヤンキー!
  


戦いの夏 その1  「ヤンキーは都を目指す」 本編
盆とかGWとか まとまった休みが取れるときには よく旅に出ていた

ひとりで車を転がす
行く先は決めない
ざっくりと「東西南北」と「いつまでに帰る」 だけを決める
その時の気分 勘で 右折・左折・直進を決める

おかげで いつも ワケの分からんところに行ってしまう
宿があれば宿を取るし なければ車で野宿する
 
面白いなぁ いや実に面白い旅であった



20年くらい前だったか
ふらふらと 行き着いた先は松本(長野県)であった
もう10:00PM頃になっていたか 暑かったしな ホテルを探そうと街を徘徊した
あれだけの都市なんだが 街はもう半分暗くなっててなぁ 
おぅ と思い立ち 駅を目指した 観光協会くらいあるだろ 車を止めた

駅には灯りはついていたが 人の気配はまばらでなぁ
ふらふらと歩いていると 駅の階段のところに3人くらいの高校生がたむろしていた

  不良少年の諸君 こんな夜更けに未成年者が何をしておる

  いや そんなことは言わん キミたちの気分はよく分かる
  夏休みだしな 暑かったしな 有り余るエネルギーを冷まそうとしておるのだろう

と、次の瞬間 一人の子が急に
「あぁ~っ ちくしょ~ 渋谷に行きてぇよぉ~」と吠え出した
もう一人の子がそれを受けた
「行くか シブヤ  まだ電車あるだろ」
もう一人の子も答えた
「おぅ 行こう  おまえ いくら持ってる」

そして3人とも黙った
どうやら 東京に行くだけのカネを持ち合わせていなかったようだ


ん? オイラ?
オイラがカネを貸したか 車で渋谷まで連れて行ったか てな展開を望んでおられたなら申し訳ない
誰がそんなことするか!
かように悶々とした熱帯夜を過ごすことこそ まっとうな高校男子のあるべき姿である

 そんな溜まりに溜まった「悶々エネルギー」を いつの日か爆発させることこそ 人生の醍醐味であり
 そしてまた 人類の発展に寄与させてきたものなのである

 ただなぁ それは 決して他力によるものであってはならない
 あくまで自力 自分で もしくは自分たちで によるものでなければならんのだよ


頑張れよ ガキども
オイラは松本駅をあとにした





さてさて また「だから ど~した」と突っ込まれるであろう前段を経て
本編の本編に入る
今回のテーマは「ヤンキーは都を目指す」であった


ヤンキーは一般市民より明らかにエネルギー内包量が多い
その爆発の場所を求めてワケの分からん行動をする

お祭りでもいい スポーツでもいい 観戦でもいい ライブでもいい
刺激がほしいのである
田舎(地方)には 刺激が少なくってなぁ
だからヤンキーは 刺激の多い「てっぺん」に 侵攻をしていくのである

  ちなみに 今 日本の「てっぺん」って何処だろう
  47都道府県のうち 京都を除く46都道府県は「東京」と答えるであろうから
  てっぺん=東京として話を進めさせていただく

   京都府民の諸君 キミたちを非難する気なぞ毛頭ないぞ
   キミたちはキミたちなりに自己完結しててくれれば オイラになんの異存もない



各地方から てっぺんを目指す戦い <vs東京> を地方ごとに見てみようではないか

① 九州

  九州には ミニてっぺん ともいうべき「博多」がある
  九州全土の若者は まず この博多に打ちのめされる
  「デカかぁ~」「もう東京じゃなくてん 博多で十分ばい」
  と、ストップする層もいる

ただ それに飽きたりん層がなぁ  東京へ侵攻を図るのであるよ
  チューリップの「心の旅」なんて まさしく そんな歌である

  現在のメジャーどころで言うと タモリ になるか
  いや 久留米の先輩ヤンキー チェッカーズを追って上京した 
  最強女帝ヤンキー 松田聖子かも知らん

  九州のいいとこはなぁ 東京に侵攻を図る連中を罵声で送り出す代わりに
  負けて帰ってきたら 優しく迎え入れてくれるのであるよ
  最近のサンプルでいうと「指原莉乃」になろうか





んんん・・・ 九州で疲れてしまった
いや 実は もっと長編を書いたのさ
ただなぁ 中古屋で買った バッタもんのPCがなぁ
突然狂い出して あれよあれよという間に 再起動してしまったのであるよ
保存していなかった文章はなぁ クラウドの先に消えてしまったのであるよ

・・・心が 折れた

中国四国以東は明日に回す


プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム