とよだの腹
読書  「蜜蜂と遠雷」
恩田陸が ようやっと直木賞を取った 
良かったなぁ と思う

このオバちゃん なかなか「腕」をもっておってな
(いや失礼 彼女はオイラより若い女性であった オバちゃんはないな)
非常に文章力のある作家さんである

蜜蜂と遠雷

  「蜜蜂と遠雷」 恩田陸 著  幻冬舎


直木賞の選考委員は 浅田次郎や宮部みゆきがやっておるんでな
まぁ ちゃんと「読める」方々がやっているので 順当な結果であったろう


皆さんにも お奨めするぞ
読んで損しない傑作である 
まぁ長編なので疲れるがな ず~っと読み続けていいな と思わせる居心地の良い小説であった
間違いなく 恩田陸の代表作のひとつになると思う


・・・と 偉そうに書いているが 実はそんなに恩田作品を読んでいるわけではない

「夜のピクニック」が本屋大賞を取ったんで そこで初めて恩田作品に触れた
老若男女 誰に薦めても 嫌がられないであろう さわやかな本でな
そこを皮切りに 何冊か読んだ

その何冊か の中に デビュー作の「六番目の小夜子」があってな
この人は「導入」が上手いなぁ と感心した
「導入」という表現が分かりにくければ「設定」と言おうか 実に設定が上手い

ただ・・・
ここからは恩田陸ファンに怒られそうだが 素人の一読者の戯れ言と読み飛ばしてほしいのだが
初期の作品には重大な弱点が見えてしょうがなかった
「重大な弱点」?・・・ そう あれだけ素晴らしいストーリー展開をしながら
「伏線の回収」が 実にへたくそなのである

あれだけ 素敵な伏線を張り巡らせておいて この終わり方はなかろう と残念になるのだ
なんで ひとつひとつ 伏線を回収していってくれんのか 回収しない伏線はもはや伏線ではない
ここらへんが宮部みゆきとの違いである

  いや 宮部作品の中にも あえて伏線を回収していないものがある
  ベスト オブ ミステリー の「火車」である

  (ネタバレ失礼)
  火車の中で 主人公(犯人)が登場するのは 長編の最後の数ページである
  みんなが主人公を追っているのに 500ページ以上主人公は出て来ない
  
  最後に出てきたんなら 回収してるやん ともいえるが
  ついにぞ主人公は ひと言も肉声を発せず終わるのだ 主人公が真犯人かどうかすら確定していない
  しかし 読み終えて その余韻に震えるのだ 
  あぁこんな終わり方もあるのか いや これ以上の終わり方はない と見事に完結させている

しかし 恩田にはこんな芸当はできていなかった



「蜜蜂と遠雷」 を 読み進めながら 最後の方になると それだけが気になった
あぁ この人は淡々と物語を終えていくんだろうなぁ いや その淡々こそが この人の味なのかもしらん

淡々と この物語が閉まっても この心地よい世界に浸れただけで 素晴らしい傑作であろう
伏線と回収 それだけが素敵な物語ではない


   物語が終わった






そして 最後のページ そこに「文章」はなかった・・・  なかったが

その最後の1ページだけで この長い物語の伏線がすべて回収してあった



   見事だ!

オイラ 打ち震えながら 本を閉じた 
スポンサーサイト
2016 今年のNo.1 ⑧ 「言葉大賞」 後段
さて そんな凄いお方の凄い言葉の後に 大賞を発表する

うって変わって それは誰も知らない田舎の普通のオバちゃんの言葉である

「うん 今ね  みんなで料理大会をやってるの 」

なんだ? とよだ オマエおかしくなったのか
なんでこんな普通の言葉 竹内さんの言葉の上に置く?

すまん さらに皆さんを落胆させることを書く
これは我が実姉の言葉である
身内びいき この上ないな

状況を説明する

オイラの出身は熊本である 大学で上京するまで ここで生まれ青春時代を過ごした
両親はすでに他界し 姉貴の一家だけがいる

姉貴は還暦を迎え 先般 退職した
その退職金をもとに マンションを買ってな そのマンションがやっと完成したらしく引っ越したばかりだった

そして 4月14日 を迎える
もう忘れ去られた方も多かろう 熊本大地震である
姉の旧居は 熊本市の東端 今回最も被害の大きかった 益城町の隣である
旧居より数キロ 市の中心部よりに住まいを変えていたんでな それは幸運であったのだが
ただ マンションの最上階を買っておってな それは揺れたらしい

電話をしたら なんとか生きておった
「家ん中 メチャクチャになっちゃった まぁ明日から片付けるわ」
平常心を失わない女である
ひとまず安心した

そして 皆さんもご記憶にあろう
本震と誰もが思っていたそれは前震であり その前震以上の「本震」が熊本を直下したのだ

やっと電話が繋がった時 姉はマンションを出て近所の中学校に避難していた
「本当に怖かったのよぉ〜」
いつも ニコニコしかしていない姉が 初めて恐怖を口にしていた
今回の地震は今までとパターンが違う またいつ 今回以上の揺れが来るか誰もわからない

子供達は他県に出て 兄(旦那)もまた他県で働いている
避難所といっても引っ越したばかりである コミュニティーが出来ているわけではない
ひとりで震えているであろう姉との兄弟の会話は一点だけであった
「とにかく 生き延びよう それだけを考えてくれ」

姉は とにかく人気のある女であった
太陽みたいにニコニコして 周りには多くの人々が集まってくる
退職前はエリート達が集まる職場のお偉いさんをしていた
さして能力があるわけではない ただニコニコしている
でも不思議に 姉が困っていると 優秀なエリートたちがさっと集まってきて姉を助けてくれるそうだ
年齢を重ねるにつけ 姉は押し上げられるように 上へ上がっていった
姉の能力に関係なく 姉の部署は業績を上げていったからだ 周りの方々が働きやすかったんだろうなぁ

太陽みたいな人だ

弟の身が姉を褒めるのは気味が悪かろう すまん ただ素直にそう思う
偉くなろうが偉ぶった姿を見たことがない リーダーシップを発揮するわけではない

姉のことを「善の塊」と揶揄することがある 「悪」のカケラもない
人間なんて「善」と「悪」のバランスがあって 初めて その人間の幅や深みになると思うんだが
「善」のパワーが強すぎてなぁ
周囲の方々は居心地が良かったんだろうなぁ


長々と身内褒めの駄文を書いて申し訳ない
本論に入る


新興住宅が多い 政令指定都市の街中の中学校である
コミュニティーができているとは思えない あったとしても中学のPTAくらいだ
避難所に馴染めず 車中泊をしエコノミー症候群で亡くなった方のニュースも散見した

そんな中に一人で避難しに行った姉のことが心配でならなかった
連絡を入れた

そこで 先述の言葉と出会う
ワイワイガヤガヤと 賑やかそうな周囲の声の中で 姉の発した言葉
「うん 今ね みんなで料理大会をやってるの 」
である

聞けば やっぱり姉の周りに 見知らぬ方々がたくさん集まってくれたそうである
避難所は中学校 そこで女性陣でサバイバルのため学校内を探索に出かけたらしい
「家庭科教室を発見してね」 姉は嬉しそうに話す 使えそうだと意見が一致する
主婦たちは 各々自宅に一旦戻り 使えそうな食材を持ち寄って まずは「おにぎり」の製作から始めた
「若い人たちは飯盒炊飯ってやったことないそうでね 教えてあげたの キャンプやっててよかった」
おにぎりを大量に作った 翌日のために余ったヤツは保存した ところが
「市役所の人が来てねぇ 食中毒の恐れがあるって捨てちゃうのよ」と 姉は立腹する
姉は前面に立って阻止しようとしたが廃棄されたらしい そりゃそうだろ

ただ その廃棄が 避難所の方々を逆に結束させたようだ
女性陣だけでなく 数百人の避難者の方々がみんなで 料理大会をやったのだ
それはキャンプやBBQ大会のように盛り上がっておってな

何という生命力 いや 姉の太陽力

その避難所は 一人の病気者も出さず数週間後に解散した
「凄いリーダー力やったね」と言うと
「なんも 私はリーダーなんてやれる器じゃない みんなのお手伝い係やったんよ みんなが凄いんよ」
と 素の返事をする そうだろうなぁ 姉の目にはそう映ってるんだろうなぁ
「嬉しかったんはねぇ‥」姉が続ける
「解散式の後 帰宅される前に沢山のご家族が私に握手を求めてくれてねぇ 同志感よねぇ」

号令をかけたり リーダーシップを発揮するだけが本当のリーダーじゃないよ
太陽のように みんなを照らして暖めて 絶望から引っ張り上げたんよ
その握手はねぇ 少し前まで見知らぬ赤の他人だった人たちからの 太陽さんへの 感謝のシルシだよ
「ふぅ〜 アンタは人を褒めるのが上手いねぇ」


多くの震災死・震災関連死の方が 出てきてしまう 大地震
そんな不安と恐怖と絶望の最中 一人ひとりの全人格が浮かび上がるであろう究極の瞬間に
周囲の歓談や笑い声とともに聞いた姉貴の「料理大会やってるの」
弟はその瞬間に 姉が太陽力を発揮している状況が目に浮かんだ

あんたは凄い 本当に凄い女だ

生き延びよう と弟と約束してくれた姉は 周囲の何百人の生命も守ったのかもしれない
姉がこの世に生を受けた理由は この数日間のためだったのも知れない
そして 姉はそんなこと 全然思いもせずに明日からも生きていくんだろうなぁ


今年の言葉大賞
この 田舎の普通のおばちゃんが言った 普通の言葉にさせていただく
弟は ビックリして そして感動したのですよ



2016 今年のNo.1 ⑦ 「言葉大賞」 前段
このブログを開設してから丸6年
この「今年のNo.1」は 毎年の恒例作業にしている

何故か?
それはなぁ このブログがオッサンのボケ防止用の「日記」であるからだ
文章を考えるのって 脳みその機能保持に有効なんでなぁ
快眠・快食・快便 それに身体を動かすこと 物事を考えることって 健康にすこぶるよろしい
それを実感しておるのだよ

まぁ 年齢を重ねるごとに物忘れが多くなるってみなさん経験することだが
物忘れしてもいいように こうやって記録しておくのだ

ヒトの「言葉」が好きである
ワクワクするんでなぁ ワクワクこそが人生の醍醐味であるよ

だから この言葉大賞こそが 一年で最も大切にしているページなのである

毎年 その年に感動したたくさんの言葉を列挙し
その中から特に感動した言葉を大賞にしてきた

ただ ただ この自堕落な性格と 脳の劣化によって とんでもない事態が発生した
2月にも入って 去年の言葉なんて思い出せるかいっ! って大失態である
あぁ やはり年内に仕上げるべきだった




故に今年はたくさんは書かない
準大賞と大賞の二つだけにする
(2017年は年内に仕上げよう と猛省しておる)


まずは 準大賞から


現在の日本において 文章の美しさにおいて 一頭地 抜け出している感のあるお方がおられる
読売新聞 編集手帳の 竹内政明氏である

オイラにとって(まだまだ未熟な人生経験上ではあるが) 日本最高の文章家は 今は亡き深代惇郎氏である
深代惇郎って言ってもピンと来ないか
このブログでは 2014.11.26 付 「天人 深代惇郎と新聞の時代」で書いているが
その昔 朝日新聞の天声人語を書いておられた方である

そのブログの中で 深代惇郎に肉薄できるのは竹内政明だけで   しかし肉薄はできても越すことはできぬ
と 生意気・失礼にも竹内氏を評している

そんな竹内氏の編集手帳で 「あぁ この方は深代惇郎氏の背中にタッチされた」と心が震えた文があった

相模原の障害者施設で とんでもない馬鹿野郎が大量殺人をした事件についてである
一部 抜き書きする


思い出す五行歌がある。
  百メートル
  九秒台
  一歩
  三十分
  どちらが凄い

◆1歩を30分かけて歩く人が作者自身かどうか分からない。
身体の障害であれ、知的な障害であれ、健常者には何でもない作業一つにも神経を張りつめ、
全身全霊をこめてとり組む姿が人々の心を打つ。
言葉は話せず、泣き声だけを発するという知的障害のお嬢さんが成人式を迎え、その感慨を語る父親の投書を見て
「倍の四十年ほどの重さがある歳月を生きてきた娘は、親の私たちの誇りである」と。
男よ、聴くがいい。誇りである、と。
◆「障害者なんて、いなくなればいいと思った」。逮捕された26歳はそう供述しているという。
ふざけるな、ふざけるな・・・と、幾度も同じ言葉を胸につぶやきながら、この稿を書いている。


~後略~


読売新聞 2016.07.27 編集手帳より抜粋  筆者は竹内政明氏である

  < 読売新聞さん 著作権違反と怒らんでくれ 承諾なしに掲載してすまん
    お詫びに 竹内氏と池上彰氏の最新の共著 「書く力 私たちはこうして文章を書いた」 も宣伝しておく
    この本にも この編集手帳の文が載っている ぞ
    あれっ この本 朝日新聞出版じゃないか 読売新聞さん 重ねてすまんっ! >




いつも冷静沈着に整然と文章を連ねられる竹内氏が これほどに文章を荒げられるのを初めて見た
あの どうしょうもない怒り やるせない怒りを 竹内氏が荒げた文章で書いてくださったことに
心が震えた
綺麗な文章だけが人を動かすのではない
人を動かすのは 心からの叫びの言葉であるということを再度思い知った

やはり この方は現存される執筆者としては 稀代の 最高峰の方である
いや エッセイや随想などで言葉を荒げる方はおられるよ
でもな 世界最大の発行部数の新聞の朝刊の「一面」で それを書かれるのであるよ
それは とっても凄いこと なんだよ


準大賞で疲れてしまった
実は 大賞には これ以上のドラマチックな言葉がある 項を改めたい

男よ、聴くがいい!・・・  ふざけるな、ふざけるな・・・

あの冷静な 稀代の明文家 竹内政明が 朝刊の一面で初めて言葉を荒げた 心の叫び
この項は その余韻に浸りながら終わりたい









2016 今年のNo.1 ⑥ 「各部門賞」その5
お笑い芸人編で部門賞は終わると言っておったが 忘れておった
あと 2部門追加する

いや 早く 最後の「言葉大賞」まで書きたいのだ
昨年末に完了させねばならなかった このシリーズ 年を開けて もう2月になってしまっておる
いつまで2016年をひきずっておるのだ 今年もあと11ヶ月で終わってしまうではないか
そういう自責の念を ひとり勝手に思いながら レイクタウンの フードコートでしたためて参りたい

< CM 部門 >

今年 完全に敗北を感じたのが Amazonプライム のCMであった

ハッキリ言う アマゾンは好きではない
アマゾンよりは楽天がマシであり Kindleよりは KOBOやhontoが好きである
おまけに このCM 赤ん坊と犬 という 定番中の定番のネタで来やがった
そんなのに乗せられてどうする

ただ 参った あまりに素敵なのである
出産院から自宅に戻ってきた夫婦と赤ん坊 家族の一員として挨拶しようと寄ってきた犬
犬を見て大泣きする赤ん坊 切なそうな顔をして立ち去る犬
ライオンのぬいぐるみに大喜びする赤ん坊 それを遠くから見る犬 気づく父親
amazonで何か発注する
その夜送られてきた たてがみ
それを身にまとい 再び赤ん坊の前におずおずと近ずく犬
不安そうな犬 凝視する赤ん坊
そして 次の瞬間 赤ん坊の小さな手が 犬に触れようと伸ばされる

まぁ あざとい
あれは ウケざるを得ないCMだ 準大賞にする


そんな あざといCMに対して 心からの拍手を送りたくなったのが 今年の大賞である

赤城乳業 ガリガリ君 値上げ編

値上げを拒み ギリギリまで値上げしなかったガリガリ君

赤城乳業の本社前に並ぶ 社長はじめ社員の方々
そこに 高田渡の歌が流れる

♪ 値上げは ぜんぜん考えぬ
年内 値上げは考えぬ
当分 値上げはありえない
極力 値上げはおさえたい
今のところ
値上げはみおくりたい
すぐに 値上げを認めない

値上げがある
としても今ではない
なるべく値上げはさけたい
値上げせざるを得ないという
声もあるが
値上げするかどうかは
検討中である
値上げもさけられない
かもしれないが
まだまだ時期が早すぎる

値上げの時期は考えたい
値上げを認めたわけではない
すぐに値上げはしたくない
値上げには消極的であるが
年内 値上げもやむを得ぬ
近く 値上げもやむを得ぬ
値上げもやむを得ぬ
値上げにふみきろう


          「値上げ」 歌:高田渡  詞:有馬敲



そしてCMの最後 社長さん以下全社員が深々と頭を下げられるのである
思わず胸が熱くなってな 翌日ガリガリ君を買ってしまったではないか

この動画がアップされるとな 全世界から感動のコメントが寄せられたそうである
これぞ 日本の製造業 「思い」を持った会社である
Amazonの対極にあるこのCMに今年の大賞を捧げる




< 言葉の使い手 部門 >



忘れておった 毎年この部門を記しておった

去年までは四天王としていたが 今年は抜け出した感のあるお二人にW受賞していただく

「マツコ・デラックス」「夏井いつき」

このお二人の言葉を聞いていると 日本人に生まれた喜びすら感じてしまう

実に深い
そして
実に見事である!


2016 今年のNo.1 ⑤ 「各部門賞」その4
< 映画 部門 >

映画部門と言ったってなぁ 今年は2本しか見てない
「シン・ゴジラ」「君の名は。」である

両方とも No.1に相応しい 良作であった
オイラの 映画に期待するものの基準のひとつに「ポスト宮崎駿」というのがあってな
あのオッサン 凄いだろうが 彼の紡ぎ出す世界観に畏敬の念を覚えるのであるよ
彼には勝てん (いや オイラが競ってどうする?って話だが)

先日だって 日テレで ジブリの再放送やってたが 千と千尋 18.5%だって
8回目の再放送だぞ キムタクの新作より高いんだ なんてこっだ である

その意味で この2作品 庵野秀明と新海誠
お二人とも違うルートで 巨峰 宮崎駿の頂に迫っておられる 素晴らしい

もう あとは どっちで より「ワクワク」したか で測るしかない
決めた

「シン・ゴジラ」

すまん オイラ 初代ゴジラ世代なのだ
幼心で ゴジラに出会って ぶっ飛んだ記憶が抜けんのだ あのゴジラより素敵であったのでな


<お笑い芸人 部門>

部門賞の最後に お笑い芸人を取り上げてみたい

彼ら・彼女らは 実に頭が良い
異論はあろうが 現在の日本の庶民のオピニオンリーダーというか 潜在意識下に影響を与えているヤツら
それは彼らの言動ではないか と思っている

頭の良さ で パッと思いつくのは 宇治原
ただ 今年は とんでもない伏兵が現れたしなぁ カズ・レーザー こいつ ただのバッタもんではない
彼を見てると 「読書」の力の偉大さを感じる 彼の知識の源泉は莫大な読書量である
若い皆さん 読書の力を侮ってはならんよ 又吉にしても若林にしても 読書の力が彼らを作り上げている

大御所は論ずまい
たけし・タモリ・さんま と言ったBIG3は もう日本の代表選手だし
その下のアラフィフ世代 ダウンタウン・ウンナン・とんねるず・爆笑 も
そのちょい下の さまーず・くりぃむ・天素(ナイナイ・雨上がり)・バナナなども地位を築いている

アラフォー以下な その辺の中堅・若手の層の厚さ 凄いな

クイズ番組など見ていると 笑いを取らないでいい場面でガチに当てに行った時
高橋や吉村や斉藤 などは きちんと回答してくる
MC力では 有吉や淳 後藤 なかなかである
ジュニアやバカリ は 笑いの偏差値高いしなぁ
キャラでは 出川が 一時代を作った

いや 好きな芸人さんが出てきてない と 怒るな
多すぎて思い出さんのだ


収拾がつかなくなった
書きたかったのはなぁ ある芸人の笑顔が素敵だなぁ と思ったからなのだ

そいつは イジられた後の「返し」の爆発力で 上がってきた男
そいつがウケるウケないじゃなく そいつが絡んで後輩や仲間が笑いを取った時
画面の隅っこで そいつは 良かったな とニッコリ自然に笑うのだ
それがなんとも素敵なのである
あぁ こいつは 仲間やスタッフから好かれるんだろうなぁ

故に 芸人部門 今年のNo.1は そいつに贈りたい




バイきんぐ 小峠 の笑顔



プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム