とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度
日本人には 大きく二つの「区切り」がある

年(1月~12月)と 年度(4月~3月)である

多くの方々には 年度 の方が節目になるんじゃないか
家族に学生がいれば年度で環境が変わるし 会社でも多くが3月決算であろう
オイラはなぁ 家族もおらんし 組織からも離れたんでなぁ
唯一 公的なものと触れる機会としては「確定申告」でなぁ 1月~12月基準なんでな
あんまり年度とは関係しない生活をしている

ただまぁ プータロー生活に突入したのは2011年の4月1日であり
引っ越したのは直前の3月10日 車を入手したのは翌3月11日である
(そう東日本大震災の日である おかげで忘れようがない メディアで特集を組まれるたびに
 その同期間 プータローをしてるんだと思い起こすのであるよ)


つまり この生活を始めてから この4月で7年目に突入する
その意味で 年度というものにも感慨はあるのであるよ

皆さんには何にも関係ないし影響もないんだが このボロブログはな オッサンの日記である故
ここで 2017年度の年度方針 を発表していきたいと考える

  その前に ちょっと横道に
  皆さんはご多忙であろうから どんなスケジュール管理をされているだろう
  オイラ 若手社員の頃は「日単位」でアタフタしておった 
  慣れてからやっと「週単位」で見られるようになり 週単位から日単位を俯瞰していた
  お偉いさんになってからは「月単位」でものを見るようになり 日曜日の深夜 翌週の週単位を
  イメージトレーニングしてから寝るようになった
  もっと お偉いさんになってからは「年単位」である そこから月単位~週単位~日単位を落とし込んでいた

  さてさて プータローと言う名の仙人生活(王様の生活)を楽しんでいる現在は 基準は「人生単位」である
  せいぜい生きてあと20年 
  病気や不慮の事故・事件に遭うことを考えれば その前にくたばっちまう可能性は だいたい半分はあろう
  MAX20年 今日明日で死んじまう可能性をも前提に 毎日を生きておる
  北朝鮮から飛んできたミサイルに命中するかもしらんしな

  まぁ 今死んでも人生の収支決算では「プラス」だな なかなか楽しい人生であった
  そう腹を括れるとな こりゃ人生楽なのであるよ
  追われるものがない 焦る必要もない これが怠惰なプータロー生活を王様の生活にしている所以である
  あとは ワクワクするものを探して 退屈を排除するだけである


と言うことで 人生目標は「ワクワク」をさがすこと
年度目標は その為の心身の健康維持である
月単位の目標はなぁ 実は毎年ルーティンにしていることがいくつかあるので 振り返ってみる

4月  花見ツアー 桜を追って車で走り回る 
          川口西口公園を皮切りに 井の頭公園・舎人公園・光が丘公園
          あと東京外大の裏の警察学校の横の通りは首都圏最強と思っている
5月  特になし  G・Wをしのぐ ガキや庶民が溢れ出て邪魔である
6月  誕生日   新年齢での目標を作る
7月  特になし
8月  特になし  夏場はなぁ デブにとっては死の恐怖との戦いである
          なんであんなに暑いのだ おまけに夏休みは暑苦しいガキどもが溢れ出てきやがる
          去年は熱中症にやられてしまった 今年は対策を練らねば 
9月  旅に出る  ガキどもが引いた後の道路や観光地は極楽である
10月 試験勉強  毎年11月に資格試験を受けることにしている 1ヶ月大好きな「勉強」に没頭する
          至福の時である
11月 受験    最近 脳体力の劣化が激しくてな すぐに疲れてしまう 点数も劣化している
          ただ聞くところによれば「脳」は鍛えれば鍛えるほど年齢に関わらず成長するらしい
          よし 今年も頑張ってみるか
12月 終詣    初詣はしない 神様に頼ろうなんて殊勝な考えは毛頭ない
          代わりに一年の終わりに今年も楽しい一年を生き存えたことを御礼に行く
          混んでないしな
1月  正月    一年の目標を定める
2月  確定申告  税務署・市役所との戦いの日である 「社会」と対座する時でもある
          合法的に税金を減らしてやる あと株で損した分の税金を取り戻しに行く
          いい小遣い稼ぎの場である
3月  特になし  一年間の実績を確認し反省する


毎日やっていることが3つある
「家計簿」「歩数管理」「投資結果」をつけている

いや 好き勝手に生きていても法に触れない限り誰からも叱られんのだよ
皆さんは暮らしている中で 家族や会社や学校の誰かと影響し合っておられようから
迷惑をかけたら叱られるであろう オイラにはそれがない
だから 自分を叱るのは自分しかおらんのでな 一日を見直す時間がいるのだよ

去年まで 生活の中心にあったのは「一日に6,300歩以上歩く」でな
これで在職中に比べたら体調がすこぶるよくなったのだよ

毎日エクセルに歩数をつけてな 1ヶ月単位で日平均6,300歩を超えるようにしていた
初年度は5,000歩から始めて 6,000歩になって 6,200歩になった
(なんで6,200なんて中途半端な数値にしたのかと聞かれるが 6,000歩を30日で割ったら
 200歩になるだろ つまり29日で達成しようってことだ)

6,200歩までは スムーズに苦労なく達成できた
ところが6,300歩と100歩増やしただけで 精神的負荷が一気に増えたのである
結果としては去年は6,566歩達成できたのだが 生活の中心が「歩数稼ぎ」になってしまった
本を読んでいても 体調が優れなくっても 天候が悪くっても
「歩かなきゃ」
に なってしまったのである

いや達成できなくっても誰にも迷惑かけないし叱責もされない
ずるして多めに記載しても誰から指摘されるわけでもない
ただ 先ほど書いたように「自分を叱れるのは自分だけ」になってしまうと
ずるのしようがない

反省した 本末転倒であろう 歩くために生きているわけではない

よって今年は歩数目標を年度方針から外す

今年の目標は「ワクワク」をいかに味わえるか この一点としたい




スポンサーサイト
浅田真央 引退
浅田真央が引退した

「人たらし」学? の研究家としては なぜこの子がこんなに人気があるのか から考えてみたい

「世界で今 一番人気のある日本人は?」 という問いの答えとして 
「浅田真央」をあげても おそらくは 多くの同意を頂けると思う
なんせ国内での支持率は90%超えてるだろうしなぁ

ガキんちょの頃からの成長過程を みんなが身内感覚で見てきた っていうのもあるんだろうが
やっぱり あの存在感 パフォーマンス能力 実績だろうなぁ



スポーツ選手の頂点は 五輪の金メダリスト である

  100年以上前から 五輪の金メダリストは数多存在してきた
  それぞれが英雄であった 天下を獲った英雄となった

ただ 浅田真央は あれだけタイトルを取りながら ついにぞ 五輪の「金」だけには手が届かなかった
天下を獲れなかった

だがしかし 6位に終わったソチ五輪において 全世界はその6位の選手に「金メダル以上」の賞賛を贈った

  歴史上 数多いる「金メダリスト」ではない
  歴史上 稀有な 「金メダルを超えた」 アスリートとなったのである


天下を獲る・獲らない の次元ではない 

天の下なんてどうでもいいのだ



  なぜなら 

  彼女自身が 「天」 であったから


それ以外に説明のしようがない
甲子園予想 反省会 2017春
いやいや 今年は当たったなぁ よしよし

それでは春の選抜予想を振り返ってみよう
まず BEST16から (青太字的中)

至学館・履正社・熊本工・盛岡大付・報徳学園・前橋育英・福岡大大濠・滋賀学園
健大高崎・福井工大福井・秀岳館・作新学院・神戸国際大付・早実・静岡・大阪桐蔭

ほぅ なんと13校的中 (3点×13校=39点)
やっぱり熊本工業は智弁には敵わなかったが まぁしょうがない
大物対決で迷った履正社(vs日大三)早実(VS 明徳)を当てたのは褒めてほしい

続いて BEST 8

履正社・熊本工・報徳学園・福岡大大濠・福井工大福井・秀岳館・早実・大阪桐蔭

早実があっけなく負けちまいやがった 清宮は持ってるか持ってないか分からん兄ちゃんだなぁ
まぁ それにしても8校中5校的中 (3点×5校=15点) 大したものである
もうここで54点か あと2つ当てれば60点に達する

BEST 4

履正社・福岡大大濠・秀岳館・早実

秀岳館は強くなったなぁ これで連続3期ベスト4か 熊本県民はどう思っているんだろう
他県出身者の外人部隊ばっかりと批判されていたが そりゃ違うと思う
彼らは中学は違っても 高校は 八代で生活し 八代で練習して ここまで来たんだ
稀勢の里だって生まれは違うのに「牛久出身」と言ってるじゃないか
秀岳館も堂々たる熊本県代表である

おっ ここで60点達成 (3点×2校=6点) 初めて目標達成した

決勝進出

履正社・早実

(3点×1校=3点)

ご存知のように決勝は履正社と大阪桐蔭になった 大阪強いなぁ
PLの廃部は寂しいが 彼らがちゃんと継いでくれてるんだなぁ

優勝

履正社 (→ハズレ)

大阪桐蔭 お見事!


結果 63点  なかなか大したものだ こりゃ夏の大会も期待してもらっていいな
あ 闇の世界の兄ちゃんたち 寄ってくるなよ  だってな・・・怖いっ!




プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。