とよだの腹
ユニクロ
ユニクロの店舗で売っている一番大きなサイズは XL である

それが何か? と 問うなかれ
あの素晴しいヒートテックもフリースも 無理をしなきゃ着れんのである

イオンやアリオの 大きいサイズコーナーはなぁ 5L まで揃えてくれている
多少「真似っこ」であろうと そちらに足を運んでしまう

  ・・・痩せればいいではないか    

そう皆さん指摘するであろう  その通りである
この怠惰な性格が作り出した体型はユニクロに許してもらえていない
今や ソニーやトヨタを抜いて「日本を代表するブランド」になったユニクロには 
早く許してもらえんものか と切望している
(いや痩せたいわけではない 4Lくらいまで店頭に置いて欲しいという意味だ ユニクロ )



ブータン王妃は 政府があてがった「三越での買い物」では ちょちょいと買い物済ませ
ユニクロに行かれたそうな
そこでヒートテックやダウンジャケットを買われたそうである

ワイドショーで「なんとつつましい王妃か」と絶賛しておったがな ちょいと感動の仕方が違うぞ と思う



ここまでが今日の前段である
王妃が何故ユニクロに行ったか いろんな妄想をしちまった それが今日の本論である

庶民的王妃・・・いいや そんなアピールではない
買った額は1万か2万か ただブータンの国民総所得は1920米ドル(≒15万円/年)くらいだ
愛するブータン国民からしたら ものすごい贅沢 をしたのである

でも外交儀礼から その国で買い物をするって王妃の大事な役割である 悩んだんじゃないか

大好きな日本から 新婚旅行にいらっしゃいよ と招待を受けた
21歳の年頃のお嬢さんである 銀座に行って買い物をするって 心躍ることなんだろうと思う
でも 外交儀礼と国民のみんなの思い そのふたつを考えなきゃいかん

おそらくブータン国民はなぁ あのふたり大好きだからなぁ
いいんですよ王妃 21歳のお嬢さんとして銀座でたくさん買い物しておいでよ 
・・・って殆どの人が言うんだろうなと思う でも王妃は出来なかった

で ユニクロにした
① 日本を代表するブランドである 日本に敬意を表す意味で(三越なんかより)最強である
② ブータンは寒い 実利的に最強の商品である
③ 日本では「安い」が売りのブランドである 
  「庶民的」って思ってくれてる日本人と 自国民に贅沢と思われない 絶妙の価格帯であった
それで国民の月収以上の買い物をした    ・・・そして
④ 本当に欲しかった
国民は王妃が欲しいものを買えた幸福を 我がことのように喜んでいただろうと思う

素敵ではないか

東日本大震災の義援金をブータンは 1,000,000米ドル も送ってくれた
国民所得が1,920米ドルで 70万人くらいしかいない国が 凄い凄い額である 凄い国である
(所得比と人口比から考えると 日本なら4,000~5,000億円出したような計算になる)

カネに支配されていない凄い国である
資本主義が限界を迎えて(EUも米国も日本もバタバタして)いる時に

基準はカネではない 愛の総量である と謙虚に全世界に発信されているような気がする


世界で一番強い国は アメリカでも中国でもなくブータンではないか
そんな強い国が日本のことを「最も大切な友人」と言ってくれている

日本国民として とても誇りに感じる
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/142-d8fa2120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム