とよだの腹
生存報告
今年度も今日で終わり
お読みの皆さんも それぞれ一年間の思いに浸っておられるのではなかろうか


咲きかけの桜を愛でに歩いてみたものの 昼から あいにくの春の嵐でな
家に帰ってきて 王様のブランチを観ていたら あらららら
優香が卒業するというではないか

小説を書くにあたってのひとつの目的が 
  直木賞を取って王様のブランチのブックコーナーに出る
  その時の条件として「レポーターではダメだ 優香にインタビューに来させろ」
  と主張して「何 天狗になってんだ」と顰蹙を買う こと
だったのだが あえなく潰えてしまった

もうヤケである 高カロリーと糾弾されようが ドミノピザを頼んで喰ってしまっておる
(まるまる一人で食うのは少々しんどい)
しょうがない 次なる目的である 「西田敏行と大泉洋のW主役でTV化する」に賭けるか
彼らが引退する前に小説を仕上げねばなるまい



いや たらたらと雑文をしたためておるが
たまに「生存確認用」にブログをアップしておかねばな
即今のプータロー生活をご報告しておく


  この年末年始 生活費をつないでくれていたパチンコ屋さんと先日涙の別れをした
  試験モード ということもあるのだが「カネが尽きた」のが最大要因である
  「今日出なければ引退する」と宣言して打ちだしたものの 見事に大敗戦を喫してしまった
  「今まで有難う」と仲良しの店員各位にそれぞれ御礼を告げ店を後にした
  彼らの寂しそうな顔が忘れられない
 
  いや 本当にありがとうございました


  年始に大敗戦を喫してくれて 路上生活を覚悟させられた○○證券
  さすがであるな 底力が違う
  1ヵ月半で6割取り戻してくれている
  一般の方の平均年収より多い額である
  さすがAIJの浅川社長を輩出した会社である 彼らの相場師としての実力はなかなかのものである
  浅川は失敗を知らずに来たからああなったんだろうな
  どえらい大失敗を最初に経験できたことは かえって良かったのかもしれない




  最近の生活の中心は「司法書士」の勉強である
  
  いや 民法 がこんなに面白いとは知らなかった
  民法は全ての法律の基礎である
    (明治時代にできているのでな 憲法は戦後だろ)
  1044条もある それらすべてが人間生活の場面に即して作られておる
  つまり 条文の影にはすべてドラマがあるのである
  ワクワクしながら勉強させていただいている

  山本浩司(TAC Wセミナー)というオッサンの存在も大きい
  このオッサン 実に小気味いい 教え方が楽しい
  (2時間40分くらいの講座を145回も聞かねばならんのだが … )
  誰に対しても臆していない
 
    法律は国会でしか作れない だから出来が悪い
    
    それで裁判所が苦労する 条文で足りないところを「判例」で補う
    ただ裁判所も勝手にスジを曲げる それを屁理屈で正当化する
    試験に出るのは その屁理屈の部分が多い
    
    法律学者はそれを論争の種とする
    学者みたいに悩まんでいい 我々は受験生である 
    裁判所の屁理屈を 物語のストーリーの一部として覚えろ
    
    大体 学者のいうことは暇人の戯言に過ぎん
    何故 裁判所と学者の意見が違うのか それは簡単なこと
    「学者は実務が分からん」からだ
    法律は正義の御旗ではない 紛争解決の手段なんだ 解決できれば良い
    
    善人と悪人の争いなら簡単だが 悪人が一人いるせいで 善人と善人の争いになるケースがある
    国民は裁判を受ける権利があるんで 善人と善人の争いに勝ち負けをつけなきゃならない
    ( 引き分けとか審議なし には出来ない )
    それが民法だ

    でも民法もえこひいきばかりする 未成年には特に甘い 奥さんにも甘い 銀行にも甘い
    そんな民法の性格を知って物語を覚えて欲しい 暗記じゃない 物語を覚えろ
    応用力がつく


    

  だいぶ要約したが てな暴論が随所に出てくる 
  おかげで実に面白く民法を学ばせてもらっている

  コケにされている民法だが 日本人の煩悩をよく推し量って作ってあるなぁと思う
  人間に詳しい人が作ったんだなぁと思う

  まぁしかし司法書士の試験範囲は民法だけじゃなくって
  不動産登記法・商法・商業登記法・憲法・刑法・司法書士法・民事訴訟法・・・・
  と いろいろあってね
  物凄いボリュームだなぁ 7月1日の試験に間に合うんだろうか・・・





最近 ハッと気づいたことがある

  ホテルの支配人だった親父の書棚には 六法全書が何故かドーンと置いてあった
  それも改正ごとに継ぎ足すファイル形式のヤツだった
  仕事にそんなに必要だったとは思えんのだが・・・

  大学の学部も「法学部」を勧めてきた (本人は陸軍兵器学校)
  理由を聞くと「法学部はつぶしが利く」としか言わん
  オイラ 反発して商学部に行ってしまったがな



  お袋は長い間 証券レディーをやっていた
  「お客さんに損をさせた」と本気で落ち込んでいた姿を覚えている
  いや お袋は お客さんに損をさせたことより 
  そのお客さんたちが皆さん お袋を一切責めなかったことに より落ち込んでいた






親父とお袋を亡くして その息子は 知らぬ間に 
 
  親父が大好きだった「法律」を学びだし
  お袋が気に掛けていた「証券会社のお客さん」  に なっていた





    やっぱり  あなたがたの息子 なんですね



スポンサーサイト

コメント

とよださん、生きてたんですね。
良かった!
今回のご両親の話はいいですね。
子供は両親のDNAを受け継いでいるんですね。
司法書士、頑張ってください!
[2012/04/01 17:51] URL | 決算が気になる者 #- [ 編集 ]

日々学ぶ・・・!
4月になりましたね~
とよださんのブログを読むたびに 私もやるぞー!と思います。
何をやるか
決まっていませんが、毎日楽しく過ごしています。(*^_^*)
あと2週間後は、仕事をやります。(笑)
新しいことだらけで勉強の日々が続くかな・・・
[2012/04/02 14:48] URL | carnet #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/178-332feef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム