とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指原事件に思う
司馬遼太郎の名著に「国盗り物語」ちゅうのがある
前半は 斉藤道三が 一介のクソ坊主から己の才知のみで戦国大名にのし上がって行くさま
後半は道三が果たせなかった夢に 二人の弟子 織田信長と明智光秀が挑む物語になっている
面白かったなぁ オイラ「竜馬が行く」よりも こっちの方が面白かった

いや 卑近の話に戻す

秋元康 勝負に出たな
今までのAKBは前田と高橋の天下取りの成長物語だった 完結した
大島の物語ではない 大島にとってAKBは自分の物語の一部にすぎない
では柏木や渡辺の物語で第二章が開かれるのか いや彼女らにはそんな破壊力はない
新しい物語を築けるとすれば指原のヘタレからの下剋上しかなかった

スキャンダルはちょうど良いタイミングであった
ひょっとすれば秋元が仕掛けたんじゃないか
これで劇的な舞台装置がそろった


指原を単なるヘタレキャラと思ってはいけない
あの子はアイドルの新ジャンルを作った革命児である
バンジーを飛ばずテレ東を敵に回しても平然としているし
お化け屋敷では「トイレ洩らした」とTVで失禁を口にするアイドルである
地下アイドルとの勝負では ヘタレて負けようとしていたが 基礎能力が高すぎて負けきれない
おそらくは本人も制御しきれていない天才児である


おそらく 今 AKBの経済効果はそこいらの小国の国家予算並みだと思う

柏木や渡辺 W松井であれば80点はとれるんだろう
でも100点から80点になるって やっぱり下山なんだろうな
指原なら101点か0点だな
秋元はなだらかな下山ではなく 再噴火or崩壊を選んだとしか思えない 
そして崩壊しても(ドラマ的には)良いと思ってるんだろう

面白いなぁ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/196-1d18bc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。