とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏と言えば 「桑田佳祐」
ふと考えた

今 1億2,000万人の日本国民に
「日本を代表するミュージシャンを一人(一組)選べ」
(いや「あなたにとってのNO.1日本人歌手は誰ですか?」の方が答えやすいか)

と、一斉調査を掛けたら いったい誰が選ばれるのだろう



  旬なミュージシャンなら「AKB」「嵐」「EXILE」あたりか

  ただ現在のCD購入層である10代20代には強かろうけどなぁ 
  ジジ・ババどもが その「一人」に選ぶとも思えん
  65歳以上が3000万人いるそうだからなぁ この3千万票は大きいぞ
  「美空ひばり」あたり強そうだなぁ
  「都はるみ」も強いか 案外「三波春夫」「村田英雄」も票を伸ばすか
  いやぁ 年代層の広がりからいうと「氷川きよし」なんてのがメチャクチャ強いかも知らん

  団塊以下の中青年層には誰が強いか バラけそうだな
  「松田聖子」あたりか いや「郷ひろみ」あたりか
  いやいや ジャニーズなら「SMAP」だろうな 全年代に強そうだ

  一人一票なら コアなファンを持つ奴が強そうだな
  CD売上なら「B’z」「ミスチル」か いやぁ「尾崎豊」「長渕剛」の方がコアなファンは多いか

  団塊の奴らには 「日本を代表する~」と聞いていても
  「いや我々には ビートルズ しかない」とかワガママを言うヤツが必ず一定数いそうだしな

  フォークで目覚めた奴らには「吉田拓郎」「井上陽水」あたりは神様だったしなぁ
  ニューミュージックになってからは「サザン」「ユーミン」「中島みゆき」「ドリカム」
  あたりも強そうだ
  いやいや失礼 ロックの巨人「矢沢永吉」を忘れておった

  カラオケ が これだけ市民権を得てくるとリアルタイムでなくても曲のファンっておるしなぁ



正直 これは難しい
  ・ 一人一票  → コアなファンが必要(思い入れの強いファン)
  ・ 年代が広い → 長期間活躍している
  ・ 日本を代表する  →  万人が納得する「格」が必要
  
というファクターから 上位50人くらいは混戦になるのではないか

う~ん




ただ その上位50人を甲子園のようにトーナメント形式で
「AとB どっちが好きか」で戦わせて消していった場合 
おそらく(かなりの確率で)優勝するミュージシャンを予測できる


異論があれば 後から聞く
聞くが かなりの自信をもって オイラはこいつらが優勝して日本代表になると予想する

  「サザンオールスターズ」  

である


デビューから34年か
その間 実に途切れなく 名曲を我々に注いでくれている
「サザンは嫌いだ」と言う人は あんまり聞かんしなぁ
この34年間に青春を送った人 いや恋をした人 の心の記憶には 
好き嫌いでなく どっかにサザンの曲がBGMで流れているのではなかろうか


桑田は「天才」である


オイラの思う 夏の海のイメージは「勝手にシンドバッド」である「真夏の果実」である「メロディ」である

      夏と言えば「桑田佳祐」     なのである

この天才が折れずに 潰れずに 34年間生きながらえてくれたおかげで
我々は どれほど豊かな人生を過ごしてこれただろう 多謝である

最大の危機は この前の大病の時よりも2曲目を作るときだったと思う

サザンはデビュー当時 完全にコミックバンド扱いであった
そりゃそうだろう 音楽性よりも タンクトップを着てサンバのリズムで何言ってるか分からん歌詞で
歌うのである
「勝手にシンドバッド」だって 前年にヒットした「勝手にしやがれ」「渚のシンドバッド」の
曲名パクリのパロディーだったしなぁ

レコード会社から「胸騒ぎの腰つき」って意味が分からんから「胸騒ぎ残しつつ」に変えてくれ と
哀願されたそうだが 天才が聞くわけもない
黒柳徹子から「ライバルは誰?」と聞かれ「ツイスト」と答えスタジオが凍りついたのを覚えている
 (当時 世良公則とツイストは天下を取ったバンドであった
  今で言うと アイドリングの菊池亜美が 「ライバルは前田敦子」と言うような感じ)
今なら誰か突っ込んでくれて成立するのだが 当時は黒柳が「あらあら そうなの」というのがやっとだった

無論 桑田も世良をライバルなんて思ってなかったんだろうが


そんな桑田も 2曲目が作れず 悩んでいたようである
勝手に~ がスマッシュヒットになってしまったので 同類の曲を期待されたのが重かったようだ
結果「気分しだいで責めないで」などという柳の下のドジョウを出してしまう

あぁ これで終わった    と、オイラは思った
桑田のキャパシティーは こんなものだったのか 飽きられて終わりである

が、 次の「いとしのエリー」でサザンは完全に市民権を得ることになる

でもなぁ エリーも よくよく聴けば 勝手にシンドバッドを180度裏返した曲にすぎん
ま いいか 天才桑田の寿命が何年か延びたから 良しとするか

皆さんとは感じ方が違うだろうが オイラが桑田の凄まじい音楽センスを認めたのは
実は5曲目の「C調言葉に御用心」だった
こいつの才能には底が見えん
そう 素直に恐れ入ってしまった
それからの ご活躍には 皆さんご存じのとおりである





だらだら 駄文を書き連ねておって 終わりが見えなくなった
しかたない 駄文を連ねて終わる







話は変わるが 日本を代表する歌を選べ だったら何になるのかなぁ
演歌部門・ロック部門・ニューミュージック部門・ラップ部門・・・・・乱立するなぁ

ただ「B級歌謡曲」と言う部門があったら
向こう50年は抜かれん 圧倒的な楽曲を推挙したい

    モーニング娘。「ラブマシーン」

あれだけ完成されたB級歌謡はなかろう
彼女らは ただの1点だけを 意味不明の擬音やダンスを重ねながら訴えている

生命体のDNAに埋め込まれた真理

   恋をしようじゃないか

である

モーニング娘。も みんなも 社長さんも である
うぉう うぉう うぉう うぉう である

素晴らしく完成された 名曲である

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/220-357d9c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。