とよだの腹
今年のNO.1 第6部 「今年の言葉大賞」
もう一月も終わろうとしている
が、 これを書いた日付は12月31日なのである
すまない 「今年のNO.1」と銘打っている以上 去年中に書き終えねばならぬのを今に至っている
(ちなみに第4部以降は2013年の執筆)

オイラが一番こだわっている「今年の言葉大賞」を書き終えねば2012は終わらない



そうこう言っているうちに 大事件が発生してしまった
そうアルジェリアのテロである

日本企業にいた者として 穏やかではない 沈痛な思いだ
現地で犠牲になられた方々のことを考えると涙が出てくる
さぞや恐怖であったろう さぞや残念であったろう

それにしても日揮と言う会社は凄いと思う 成熟した大人の会社だと思う
広報を務められた部長さん 常に冷静な対応であった
自分が広報部長なら あのギリギリの局面であの対応が出来ただろうか いやオイラには無理だ
ガキのマスコミが「日本人の安否がすべて判明しましたが」の問いに
「日本人だ 外国人だ ではありません  私どもは全ての社員の安否が判明するまで全力を尽くします」
と答えられていた
まだ安否不明の外国人社員の方がおられるのである
国籍ではない 大事な「仲間」たちの安否を この悲痛な状況の中まだ尽くされておられるのだ
マスコミはなんて薄っぺらい質問をするのか

今回の対応で驚いたことがあった
社長さんが自ら現地に行かれたことだ
最近の権力者は 自分を安全なところにおいて事に当たる

福島の原発事故の時もそうだ
吉田さんに任せっぱなしで安全な東京から指示をしていた
清水社長に至っては寝込んでしまったではないか

まだ 何があるか分からん状況の中で TOPが一番危険なところに行く
素晴らしい本物のリーダーであるし 日揮は本物の会社であると思った
せっぱつまった会議でどういう議論があったかは知らん
ただ川名さんは おそらく こう言ったんだろう

    「自分が行く!」

2012 いろんな素晴らしい言葉に触れてきた が 肉声は聞けないが この言葉の前には
全部吹き飛んでしまう

そして それ以上に凄いと思ったのが 現地で死地に直面した社員の方が 仲間の方々の安否を確認するために
現場に戻ると言われたこと
死の恐怖に直面した場所である 精神的に病んだ方もおられたという恐怖の その場所に
仲間のために戻ると言われたという
仲間のご家族のために戻ると言われたという





2012のいろんな名言を書きたかった
でも 2013年の この悲しい悲しい事件の中で見えてきた この仲間を思う 凄い男たちの発したであろう
正確な語句は分からない言葉を 一番すごい言葉 とさせていただく

   「私たちも行かせてください!!」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/235-97efff87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム