とよだの腹
白いクマのケーキ
会社人生のまさしく半分 30年中15年を雪国で過ごした
(青森5年、北海道10年)
酸ヶ湯温泉にも世話になったし 津軽の地吹雪にも吹かれた 大雪山での立ち往生にも巻き込まれた


南国九州の熊本生まれのオイラにとって 経験の少ない「雪」の猛威は恐怖であった
偉大なる 圧倒的な大自然の営みに 何回か
「俺の人生 ここで終わるのかもしらん・・・」と思わされたこともある

雪国の方々は逆に「雪」の猛威を熟知されている
だからこそ 圧倒的な大自然の営みに きちんと「畏れ」を抱かれている


  3月2日の夜 ひな祭りの前の日に 北海道で8名の方が 雪の猛威に犠牲になられた
  雪を熟知されている方々が である
  それだけに かってない 経験されたことのない 気候の急変だったのだと思う


その中で53歳の漁師 岡田幹男さんが 9歳の娘さんを庇って凍死されたニュースが伝えられた

仲間の方がインタビューに答えられていた
・・・ん? と思った
仲間の方は悲しみを表さず 淡々と そう 淡々と 「岡田君らしい」と答えられていた

  大自然を相手にされている漁師の方だ
  我々サラリーマンとは違う 生死をかけて 仲間とともに 自然と相対されている方々だ
  仲間に対する思い入れの強さは比較できないほどの方々だ
  その方が 淡々と「岡田君らしい」とだけ答えられている


岡田さんと娘さんは父一人子一人のご家族だそうだ
奥様を亡くされ 遅くに生まれたまだ幼いお嬢さんと二人暮らし
発見されたとき 雪の中で 岡田さんは娘さんを守るように覆いかぶさり息絶えられていたという

同世代の男なのでなぁ どうしても感情移入してしまう
ニュースを見ながら ぼんやりと 気持ちはその夜の岡田さんになっていった


  雪の怖さを熟知されている北海道の男である
  昼間の晴天から一転して大雪になった空を見て彼は娘さんを迎えに車を出す

  亡くなった時 彼らは車を捨て 100メートル先の倉庫の前で倒れていたという
  民家まで あと少しの距離だったという
  車の中にいればいいのに とか もう少し頑張って歩けばいいのに とか思われるかもしれない

  違うのである

  車の中にとどまって夜を明かすのは極めて危険なのである
  (今回も一酸化炭素中毒で4名の方が亡くなっている)
  エンジンを切ればいいではないか いや 体力のない9歳の女の子には一晩は無理だ
  もうちょっと歩ければ・・・   ホワイトアウトの恐怖を知っていようか
  視界が無くなるのである 
  あの「八甲田山」で屈強な軍人が何百人も死んだのは 基地からわずか300メートルの地点なのだ

彼にとって娘さんは可愛くて可愛くてしょうがない存在だったのだろう
早くに母親を亡くした娘さんの悲しみを癒すためにも 彼は愛情のすべてを注いだのだろう
いや 彼にとって娘さんは 自分の人生のすべて いや自分の命以上の宝物であったのだろう

  いろんな手立てはあったろうに 何故そんなところで死んだのだ と思われる方もおられよう

  違うのである

  彼に選択肢はなかった
  雪国に生まれた屈強な漁師の彼 大自然の 雪の猛威を知る彼は ひたすら生き延びるために
  手立てを尽くしたのである
  ただ その彼も経験したことがないほどの 自然の圧倒的な力に屈したのである
  体温が下がると 急激に思考能力が落ちる 体も動かなくなる
  彼に残された自然から提示された選択肢は もはや「どうやって 生き延びますか」では なかった

  「娘さんを守りますか」

  大自然からの提示はそれだけだったと思われる

  軽装だった彼は上着を脱ぎ 娘さんに掛けていたという
  娘さんに覆いかぶさり 呼吸できるスペースを空け 俯せていたという




「あなたにとって 一番大切なものは?」と問われ 
「生命」と答えられる方は多かろう

オイラはそうは思わない 

命よりも大切なもの それは「思い」である


岡田さんは自らの命を賭して 命以上の宝物 <娘さん> を守ろうとされたのだろう



   ニュースは 岡田さんが娘さんのために ひな祭りのケーキを予約されていた と伝える

  無骨な漁師さんがケーキを「予約」される
  それも 高級洋菓子店などではなく コンビニに
  それも イチゴがたくさんデコレーションされた豪華なケーキなどではなく ごくシンプルな

  そして それはおそらく 


       娘さんが一番笑顔になるケーキであったのだろうものを



  そのケーキの画像が流れた瞬間 こらえきれず号泣してしまった









     白クマのケーキ




  あなたが 命を賭して守りたかった あなたの宝物は 

  無事に生き延びることが出来ましたよ





  合掌
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/239-2506ac49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム