とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教養としての経済学
本をなぁ 溺愛しておる

プータローになって何が一番嬉しいかと言うと 間違いなく
何者からも 何事からも 自由に
  
  「無制限に本を読めるっ!」

・・・と言う 贅沢である



本に対しては 勝手な約束事がある

それは
① 数ページ読んでみて ピンとこなければ どんな名著でもそれ以上読まない  ・・・と言うことと
② 一度読んだ本は読み返さない    ・・・と言うことである

読み終わったら 捨ててやりましょう

一期一会の真剣勝負なのであるよ



人生なんて あっという間の出来事だしなぁ
毎年 何万部何十万部という本が発刊されているのだ
もたもたしていると 出会うはずであった本と出会えずに一生を終えてしまうかもしれん
出会うべき本とは 最初の数ページで「おぅ」と感じるものである

その時に「おぅ」と感じなくても 後日「おぅ」と感じるときもある
じゃぁいつ読むの 「その時でしょう」 (東進ハイスクールの林先生口調で)

いや 名著であっても 感じないときに読んだら その本に失礼なのである
逆に読まねばならない本は 必ず 寄ってきてくれるものなのである



最近 株が面白いもんでなぁ
ついつい 経済学の本を読みたくなってしまった
いや素人なんでなぁ 難しい本は理解できない 導入の本でよろしい

「伝説の教授に学べ」(浜田宏一・勝間和代・若田部昌澄)

アベノミクスの精神的支柱 浜田のおっちゃん いやぁ荒っぽいなぁ 面白い
白川(前日銀総裁)は 教え子だろうが あんなにけちょんけちょんにしていいのか


「入門 経済学」(伊藤元重 著)

いやなかなか面白い
でもなぁ「マクロ経済」「ミクロ経済」とか言っても なにかちょいと違和感がある
人間ってそんなに論理的な生き物じゃないぞ

「行動経済学入門」(真壁昭夫 著)

そうそう 人間はそんなに論理的じゃないっていうのが「行動経済学」
こっちの方が 共感できる
でもなぁ この論理は経済学の基礎をきちんと押さえた人が言える論理だなぁ
これだけ最初に読んだら本質を見誤るなぁ



そんなこんな思っていたら 素晴らしい本に出会った



一橋大学経済学部編 「教養としての経済学」



教養としての経済学


いや面白い
経済学の素人のプータローに なるほど と思わせる内容である
さすが一橋大学 日本の文系大学の最高峰だなぁ

今から受験勉強して入りなおそうかなぁ
ただなぁ 英語を勉強する能力が全くないんでなぁ 無理だなぁ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/241-5ac9be5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。