とよだの腹
反省会
昨日 行政書士の試験を受けてきたのでな

  試験モードに入るにあたって いつも この自己ルールを施すことにしている
  即ち「結果が良くても悪くっても このブログ上で報告する」である
  ええかっこしてもしょうがない
  誰かに誉めて欲しくて勉強するわけではないし
  結果が悪くっても それで評価が下がるほどの評価を頂戴しているわけでもない

では ここに 報告する


  また やられちまった!


悔しいなぁ

去年 大惨敗を喫したのを十分反省して今回臨んだのになぁ
(詳しくは前々回の項を参照されたし)

1.脳体力の維持のため3週間しか勉強時間をとらなかったし
2.風邪もひかず 少し便秘気味だったんだが「武田漢方便秘薬」のすこぶる効果により
  体調的には万全であったし
3.フライデーには 檀蜜のヌードはあったが水ト麻美はスキャンダルから逃げおおせてくれた

もう言い訳は効かん

単純に「頭が悪いから落ちた」としか 言いようがないなぁ・・・






いやしかし ここからが今日の本論である

実は 頭が悪いことは 織り込み済みであったのだ
今回それ以上の大問題を 抱え込んでしまった 

  裏とよだの劣化 老衰 である

衰えたり 裏とよだ

どうしよう・・・

  宮崎駿のように 潔く引退させようか 
  いや でも
  裏とよだには 最後の大仕事「小説の執筆」をさせるまでは 引退させられん 

ここで 今回の3週間を振り返ることにする

まず結果から

解答速報を見てみるとなぁ
裏とよだ不在の段階で 合格ライン(180/300点)の一歩手前の点数を取ることはできている
(150点くらい)(前回が8点/300点 しか取れていないので大躍進である)

本来なら ここで 裏 が出てきて 天才的なヤマ勘で合格点+30~40点くらいのとこまで
稼いでくれていたのだが 今回 勘がことごとく裏目った
そう 裏に託した部分は見事なまでに綺麗に全部外れたのである う~ん


分析をする

資格試験で一番重要なのは「確実な正確な知識」なのである

 勉強しながら分かったのは「知識の絶対量」の不足であった
 そこで 知識量を増やすことを優先してしまった これが大失敗であった
 「きめの粗い知識」が どんどん増えてしまったのである

試験は5肢択一の問題が大半を占める
各選択肢は 正解をちょっとだけ外した 紛らわしい肢ばかりが並ぶのである
つまり なんにも知らない方が 研ぎ澄まされた勘が生きるのである
一番危険なものは「中途半端な知識」なのである
これが レーダーをことごとく邪魔する妨害電波を発するのである

中途半端な知識を増やすのではなく
少しずつでも「正確な知識」を増やしていく これが正解なのである

完全な作戦ミスであった





ただなぁ
オイラ 全てをプラスでとらえる っていう 実に楽しい性格に育ってくれたのでなぁ

受験しながら ふっと 裏が降りてきて言ったことがあるのだよ


  勉強中 「あぁ そういうことか」「あぁ なるほどなぁ」と
  法律が腹に落ちてくることが たびたび あった

  実に楽しかった

  負け惜しみでなく 今回で勉強やめるの残念だなぁ と感じながらテキストを問題集を
  開いていた

  試験の終了前30分(いつも裏とよだが降臨してくる時間帯)
  裏くんは 今回もまたふっと降りてきてなぁ

  また 来年も受けようや

  そう 確かに言ったのである


裏とよだは 劣化してしまったのか それとも 勉強を続けたくって手を抜いたのか 分からない

でも こいつには小説を書きあげるまで 頑張ってもらわんとなぁ


来年 また リベンジすることにする
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/283-37a0c38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム