とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水卜麻美最強説 ① 仔豚のような女神
  

   あらかじめ お断りしておく
   今から書くことは 何ら事実に即したものではない
   TVや雑誌から 勝手に推測したもの いや 妄想したものに過ぎぬ
   つまり フィクションであり ファンタジーである
   固有名詞がバンバン出てくるが あくまで妄想の産物であることを了解願いたい

    その上で

   出てくる方々 ごめんなさい 気を悪くしないでくださいね
   ぜひご容赦ください


   それでは 数回に渡って「水ト麻美最強説」をしたためていきたい


※ なお 読みやすくするため作成日を調整し 上から順に①②③・・・と並べるようにする









2010年7月 日テレのアナウンサー山本真純さんが自殺した それも産休中に
それ以前にも 大杉アナや米森アナが自殺されている
いたたまれない思いでいっぱいである

若い方々にとっての 最高の勝ち組・ステイタスってどんなものなんだろう
東大を卒業して財務省か プロ野球・プロサッカー選手か 売れっ子お笑い芸人か・・・
特に女性の皆さん方からすれば 「キー局の女子アナ」 なんていうのは 最高の部類に入るのかもしれない

勉強もできて 異性にもモテて ずっとヒロインで生きてきた彼女ら
そんな称賛の中で生きてきた彼女らのゴールが「女子アナ」であるようにも思える

ただ キー局入社は実はゴールではない
TV局内でも熾烈な競争がなされるし 注目度が高い職種だけに「好きな女子アナランキング」などという
下賤な記事も耳目を集める
なにより 視聴率 という数字で冷酷なまでの評価が下される

TV局は 組織として 社員たる女子アナを守れるか
いや 彼女らの死闘は 蹴落としレースなのである 陰湿な精神戦が繰り広げられているのではないか
組織人であるがゆえに 芸能界以上の(閥だとか年次だとか)ギスギスがあるのではなかろうか
山本アナの自殺は その一コマが露見しただけのような気がする

その時の日テレは そんな病巣に蝕まれていたのではなかろうか
数か月後 将来のエースと目された 夏目三久が やはり日テレを追われる
勝ったと思ったであろう西尾由佳里も その数か月後日テレを去る
エースアナウンサーの羽鳥もそのころ退社している
エース エース候補が ごそっと日テレを去った それが2010~2011である

日テレは崩壊した



そんな負のオーラ 閉塞感・暗黒感が充満した組織が勝てるはずはない
視聴率TOPを誇る 民放最大の雄 日本テレビはその時まさに沈みゆく巨大戦艦の様相を示していた
スタッフ・上層部は頭を抱えたのではないか



が、その時  そんな暗闇の中で 一隅だけ 光っているものを上層部は見つける
いや まだか細い光ではあったが 闇の中である 暗かったからこそその光を発見できたのかもしれない
その仔豚のような子は とにかくニコニコ笑っており とにかく一生懸命であり
とにかく明るく みんなに愛されている 人柄の良さだけで採用したような子

2010年4月に入ったばかりの一年生 水ト麻美 であった


おそらくはね
上層部はその一隅に救世主いや「女神」がいた と ハッと気づいたのではないか

翌4月 存亡をかけた新番組「ヒルナンデス」のMCに その一年坊主を抜擢する
それは何の実績もない この女神に 日テレ復活を託す という意味合いであったように思える
水ト中心に回していくという大博打である
西尾はその8月日テレを去る


ただ その頃は 誰も

  「この仔豚が絶対王者カトパンを破るようなエースになる」

などとは思っていない
スポンサーサイト

コメント
面白かったです
水卜麻美アナ関連の文章読みました。
面白かったです。

有吉くんとのからみの解説が特に面白かったです。

私も整合性で物事を考えるので、
視点が新鮮でした。
[2015/05/07 02:51] URL | 有吉好き #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/291-49f56eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。