とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水ト麻美最強説 ② 「不思議なポテンシャル」
「女子アナ」なるものは 昔はいなかった
いたのは男性アナウンサーと「女性アナウンサー」であった

女性アナウンサーを アイドル化して 自前の戦力・商品として活用する作戦を決行したのは
フジテレビであったかもしれない
「女子アナ」の誕生である

八木亜希子・有賀さつき・河野景子から始まるフジのアイドルアナの系譜は 
高島彩という歴代最強女子アナを生み 現在の加藤綾子につながっていく

だから「好きな女子アナランキング」なるものの場合
本来であれば その王位には 大江麻理子でも ましてや水ト麻美ごときでもなく
「女子アナ」の正式な伝承者である加藤綾子が就いていなければならない





水卜麻美は 渋谷教育学園幕張 → 慶応大学文学部 → 日本テレビ という
女子としての エリート中のエリートの道を歩んできている

モテたかったんだろうなぁ
みんなから羨望の目で見られたかったんだろうなぁ
チヤホヤされたかったんだろうと思う
若い女の子として それが悪いことだとは全く思わない

人気はあったろうが パッとモテるようなタイプではない

もしかしたら 東大に行けるくらいの頭脳があったのかもしれない
でも「東大って言ったら 男子に引かれそうだなぁ」くらいの気持ちで慶応にしたのかもしれない

彼女はモテたかったのだ


ミス慶応は 女子アナの登竜門と呼ばれる
中野美奈子・鈴江奈々・青木裕子・竹内由恵・・・
ただ 水トはミス慶応になれるほどの容姿容貌があるわけではない

それでも水トは 天下の日本テレビの女子アナ就活に成功する
よほどテストの成績が良かったのか もしくは人柄の良さが図抜けていたのか

ただ ひとつ はっきり分かることがある

   このオンナ とにかく頭が良い

天然のように思われがちだが 随所にみせる「本物の頭の良さ」は隠しきれない
東大じゃなくって モテたいから慶応にしたのでは と邪推するのはその故である

日テレはアイドルではなくニュース読み要員として水トを採用したんじゃないかなぁ


が、前回書いたように 日テレ幹部は この仔豚いや女神に託さざるを得なくなる
沈没間近の日テレを救えるかもしれない最終最強兵器 「水ト麻美の笑顔」
水トが笑っていてさえくれたら・・・

ところが 水トは スタッフが考えてもいなかったような不思議なポテンシャルを発揮し出す




水トが注目されたのは何と言っても その「食べっぷり」にある
日本史上最高の食レポは 石塚英彦 であった
オイラ 石塚の存命中は彼を超える食レポはないと思っていた
が、入社2年目の仔豚は あっさりと石塚を超えて見せる

これだけ嬉しそうに美味しそうに食べ物に接する人類を見たことがない
そして 石塚は困ったら「まいう~」で逃げられるし 彦摩呂は「宝石箱やぁ」で逃げれるのだが
水トは見事に その食べ物がどんな味がしてどう素晴らしいか 的確に愛情たっぷりに
そして「自分の言葉で」語ってみせるのだ
言葉の使い手として見事なほどに 上手い のである


ヒルナンデスは月~金のお昼2時間という 週10時間のスタミナ番組である
MCは南原で 水トはアシスタント ということになっている
ただ南原は最初の挨拶と あとは立っているだけで何もしない
コーナーごとにそれぞれタレントが担当して回している
が、よく見て欲しい 全てを回しているのは水トである
彼女は演者ではなくスタッフとして この番組を表で回している
決して出しゃばらず タレントをおいしくしながら転がしているのは水トである
タレントより目立たずにそれをこなしている力量はハンパではない

ただ・・・
ヒルナンデスはロケが半分くらいあり そのまた半分に水トが同行している
ロケの主役はタレントである
水トは相変わらず裏方に回ってタレントを立てながら回しているのだが・・・
どうしても水トの方が 水トのリアクションの方がキャラが立つのである
汚れロケでも その道の大家である 森三中を 完全に食ってしまう

水トは スタッフとして タレントさんをおいしくしようと健気に職務に励むのだが
ちょいとふられたときに見せるリアクションで コーナー全体のインパクトをかっさらってしまうのだ

若手芸人がかなう相手では もはや ない


実質的に この平日の10時間を仕切っているのは この仔豚なのである




視聴率はまだ 「いいとも」や「ひるおび」のほうが高いのかもしれない

でも TV史を振り返った時に あっ と気づくのはね


  30年以上続き 日本TV史上にもギネスにも残る 難攻不落の化け物番組
  「笑っていいとも」を 結果的に終了に追い込んだ(倒した)のは 
  あまたのスーパースターではなく この仔豚 
   
   いや


        「水ト麻美の笑顔」

  であったという事実なのである
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/293-7bfdbf2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。