とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水ト麻美最強説 ③ 「 有吉弘行 」
前回 「水トが全てを回している」 と 書いたが 多少正確さに欠けていた
正確には 腕のあるタレント・芸人たちが 「水トに合わせて回されてあげている」なんだろう
スキルがまだまだ未熟な 入社2年生が 必死にやっている様を見て
先輩たちが なんとかこの子に成功させてあげたい と演じているんだろうと思われる

ここに 水トの特異な才能が見える

スタッフ達が片隅でニコニコしていただけの彼女を救世主として祭り上げたように
タレント達もまた すぐに彼女のファンになってしまったのだ
恐るべき 人たらし の能力である
いや これこそが 最強兵器 <水ト麻美の笑顔> の破壊力のなせるワザかもしれない


おそらくは番組企画段階において 水トには これをステップに登り詰める と言った野心より
自分を採用してくれた日本テレビ そして自分を愛してくれている大事な仲間たちのためにも
存亡を賭けたこの番組を成功させるために精一杯やらねば という気持ちが大きかったんではなかろうか

出演するタレント・芸人に対し 持ちうる限りのホスピタリティーを発揮したのではないか

「皆さん方がご活躍できるように 一生懸命お手伝いさせていただきます」

舞台裏で そのような会話が交わされたであろうことは想像に難くない


出演者は番組中 いろいろなトークをする
そんなに面白くないトークに対しても水トは一つ一つに「いやぁ~面白いっ」と言う顔をして笑っている
もしくは「トークしてくれて嬉しいわぁ」の笑顔かもしれない
発言に自信のない出演者にとって 正面で水トが笑ってくれていることがどれほどの救いになっているだろう

ロケでも つい素に戻ったときのタレント(特に女芸人)の 水トに接する態度は まるで友達か
もしくは妹に対するような口調になる

スタッフや共演者の誰からも嫌われていない というか おそらく皆から好かれているんだろうなぁ



気を遣いまくりの水トであるが 気を抜く曜日がある
関ジャニの横山と村上がコーナー担当をする日である 特に村上のプロデュース能力は図抜けている
水トは安心して本当の妹のように委ねている 村上の能力を見抜いたのであろう

日テレは 村上をマツコに絡め 月曜の深夜に冠番組を与えた



水トはこの3年 ぐいぐいと腕を上げてきた
共演者やスタッフに包まれ 励まされ鍛えられ成長してきたと思う

そして 水トの能力を見抜き キャラ付けをし 育て上げてきた師匠 
それは誰が見たって「有吉」なのである

また逆に 有吉を語るとき 彼の育てた最高傑作はと問われれば それが水ト麻美だ とも言える
夏目三久を復活させたのは間違いなく有吉とマツコの共同作業であるが 単独作業では水トである



有吉は最近いろいろな美女と噂をされているが 実は本当に好きなのは水トではなかろうか
どん底の時には見向きもしなかったのに 復活してTV出演回数第一位になってから 手のひらを返したように
すり寄ってくる女たちには最初から興味はなかろう 女性に強いタイプでもない
それよりも心を許せて それを包み込んでくれる 水トのような女性こそ彼は嫁さんにしたいんじゃないかなぁ

オイラが水トを初めて認識したのは 金曜日の有吉のコーナーの時だった
毒舌は吐くが手は出さない有吉が とにかく水トにはパワハラ・セクハラ寸前のツッコミを入れる
台本で頭はこづく ケツをひっぱたく 水トがリアクションを間違えると本番中にダメ出しをする
「ぽっちゃり」の水トに デブだ 仔豚だ ムチムチだと 毒づく
水トはニコニコをやめ 本気で落ち込み また有吉を睨み それでも負けずに立ち向かっていく
初期のヒルナンデスの名物コーナーであったことは間違いない

みんなはそこで 「水トのおいしくなる扱い方」に気づく
局アナである水トは芸人よりもヨゴレをこなし 天才的なリアクションを見せていく
それでも どんなにヨゴレをやろうが 清潔感・真面目さ・人柄の良さがにじみ出てしまう
さまぁ~ず が大江麻理子の魅力を引き出していったように 水トの魅力を引き出していったのは
有吉であった

有吉は水トが好きなんだろうなぁ
ただ 水トは チャラい男からチヤホヤされたくって 女子アナになったのである

水ト最大の そして唯一のスキャンダルは 昨年11月に発覚した
念願のチャラ男をゲットしたのである そしてそれはフライデーされる

若くて健康な独身女性が恋愛するのは何も悪いことではない
ただ処女説まであった水トのイメージからすれば 明らかに大きすぎるダメージであった

フライデー発刊日の金曜は 有吉が担当する曜日でもある
冒頭 出演者は水トを上手に守ろうとする 
久本雅美は「おめでとう」と<悪いことじゃないんだよ>の空気を作ろうとする
水トは黙々と客席に頭を下げ続ける

みんなは有吉を見る
有吉は 何かあったの? と、ボケながら「みぃ~んなの麻美だよ」と
田中みな実が 藤森とのスキャンダルの時発して一斉に反感を抱かれた言葉をもじって茶化す
そして ディレクターから「それくらいで止めてください」のカンペが出されたことを言う

その言葉が終わるか終らないかのうち 後ろで小さくなっていた水トが突然前に出てきて
有吉の前に廻り込んだ 客席にお尻を向ける体制である 
(MCが舞台上で客席にケツを向けるなんてはじめてみたが)
そして 有吉個人に対し 深々と深々と頭を下げ続けたのであった

それは
「師匠 弟子がヘマしてすみません」でも
「見逃してください」でもなく

  「有吉さんの好意を受け入れられずに 裏切ってしまってすみません」

という
女子アナでなく 一人の(有吉に愛された)女性の姿 に 見えてしかたなかった  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/294-b5c20719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。