とよだの腹
水ト麻美最強説 ④ 「 はじめの一歩 」
普段のブログをご愛読いただいている読者のみなさん
一介の女子アナへの偏愛のために この更新の少ないブログを(予告編含め)5回も費やしてしまった
そぞ退屈であったろう 誠に申し訳ない いや申し訳ない
申し訳ないが分かって欲しい オイラはこの仔豚が大好きなのである

悪友どもに 水卜が好きなことを言うと 画像を見ながら
「おぅ これはまさしく とよだの好みだ」と大笑いされるのである

  ちょいと 言い訳をしておく
  過去にとよだから「好きだ」と言われた記憶のある女性が このブログを読んでおられるやも知れぬ

  オイラから好きと言われた女性 (そう 貴女のことですよ) は
  「ちょっと待ってよ ナニ? アンタは 私をこんなデブだと思って好きって言ったのっ!」と
  PC の向こう側で 不快感全開に ご立腹されているかも知れぬ

  違うのである
  オイラが水卜を好きなのは この子が みんなを愛していて みんなから愛されているからなのだ
  貴女を好きになったのは 貴女がみんなから愛されていたから
  みんなから愛されている貴女を見てると嬉しくってしかたなくなって 貴女を好きになったのだ 

  ・・・ええぃ もういい 言い訳はやめる
  そうさ オイラは アンタの 丸ぁるいところ 大好きだったのさっ
  (大概の女性は 自分が丸いことを認めんだろうから 自分のこととは思わんだろう)





本題に戻る
TV開局60年とか言っているが栄枯盛衰の歴史があった 
最初に頂点に立ったのは「民放のNHK」と言われたTBSであった
が、コネ入社が横行し 組織の弱体から没落していく
(もはや 安住ひとりの局になってしまった)

TBSに代わって 台頭したのはフジであった
両社の逆転は「全員集合」を「ひょうきん族」が打ち破った瞬間から始まった
1980年前後の頃である
フジの天下は およそ10年ほど続く が鹿内春雄の死が大きかったのかなぁ 徐々に衰退する

代わったのは日本テレビ 巨人戦やジブリを武器に視聴率4冠王を10年続ける
氏家斎一郎の存在が大きかったのかも知らんなぁ

そしてまた フジが天下を奪い取る 歴代最強女子アナ高島彩が頂点を極めるのと同じ頃である
高島彩が退社すると ズルズルとフジは没落する
(それにしても 今のフジの組織崩壊は異常だなぁ 
 だいたいなぁ  社長が亀山 専務が大多 常務が港だって ?
 全社視点じゃなくって それぞれの番組でバチバチやってた奴らがトップに立って
 上手く回るはずなかろうが)

そしてまたまた 日テレが王座を奪回する このへんの盛衰はドラマだなぁ
頂点に立った組織は その瞬間から崩壊が始まるのである
① で書いた アナウンサーの自殺・退社に伴う組織の崩壊はその延長線の帰着点に過ぎぬのかもしれない

現在 TVの頂点は 日テレとテレ朝の勝負となっている
フジは現在ボロボロである 壊れかかった日テレは 水卜の出現で息を吹き返してきた
テレ朝は「相棒」「報道ステーション」のキラーコンテンツもあるが なんといっても加地である
加地は「ロンハー」「アメトーク」により じっくりと中堅芸人を育て上げてきた
日テレ 電波少年で世に出た有吉は使い捨てにされていたが 加地が拾い上げた
アメトークの「おしゃべりクソ野郎」で復活したのは記憶に新しかろう
彼にとどまらず 今活躍している脂の乗り切った芸人を育てたのは間違いなく加地である



人間社会で発生していることは すべて人間がやっていることなのである
つまり 日本や米国や北朝鮮のような国家であろうと 
トヨタやアップルやあなたの会社のような企業であろうと
ジャイアンツやザックジャパンのようなスポーツであろうと 
あなたの人生に影響し あなたの感情を動かし 日々の生活を左右していることであろうと

その 大元は すべて 一人の人間が何かを始めたことに起因するものなのである 

組織は 中に誰がいるか に よって決まる
ある一人が何かを始めたことによって それが輪になり 大事業となり 宇宙となっていくのだ






オイラが「水卜麻美最強説」を唱えるのはね 
ひとりの丸い女の子がニコニコ笑ったことにより 日テレを変え TVの世界を変えていくのかもしれない
その過程を 今 垣間見てるような気がしてしまって しょうがないからなんである

 (もちろん 今 このブログをご覧の皆さん お一人お一人も 世の中を変えるかもしれない一歩を
  その可能性を 全員が持たれていることを 付記しておきたい)



いかん ここまで書いて疲れてしもうた
今回で終了しようと思っていたが 次回を最終回とする
スポンサーサイト

コメント
読ませていただきました
自分が抱いている水トちゃん像と同じものがここまで言語化されている事に驚きつつ
そうだよね!と共感しながら読んでいました 
有吉のいじり、いいとも終焉のきっかけ、素敵な笑顔、仕草から見える知性
周囲で好きな人があまりおらず、語りたいけど語れない、そんな欲求が満たされる記事でしたw
これからもあの笑顔を見続けたいものですなー
[2014/03/05 09:39] URL | あ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/295-06aa8d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム