とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水卜麻美最強説 最終回 「そして ミウラは 何処へ行く」
水卜中心で回すことを決めた日テレは無謀な戦略を立てる
それは水卜をNO.1女子アナにすることである

  裏には 長年の宿敵「フジテレビ」を 完璧にぶっ壊す という野望がある
  TBS没落後の40年 TVは10年ごとに首位が入れ替わるという 日テレとフジの争いに終始していた
  2011年は 歴代最強の高島彩を継いだ加藤綾子が 西尾を抜いて王位に就いた年でもある
   (その年 水卜は「圏外」であった)

就活時から「スーパー綾子」として絶大な前評判を有していた加藤は 在京キー局全ての内定を取り付けた後
(フジ以外の)全社を蹴とばし 高島が君臨する絶対王位を継承すべくフジに入社する 
日テレは袖にされたのである それもフラれて即ライバルに嫁がれるという仕打ちのもとに

その2年後 フジ・テレ朝・TBSの全てからあっさり落とされた水卜は 本人曰く「拾ってもらった」形で
ひっそりと日テレに入社する


フジを叩きのめして日テレが王座に就く そのことを象徴的に表すために必要な作業 それは
「絶対王者 加藤を 拾ってきた仔豚で倒す」でなければならなかった



人気は出てきたものの「ヒルナンデス」は平日昼間の帯番組である
水卜の認知度は ヒマな主婦・ランチ時のOL 以外には皆無であった

日テレは水卜を自局の番組にバンバン出させる戦略に出る
「さんま御殿」「おしゃれイズム」「メレンゲ」「行列」・・・
局アナでありながらゲストとしてトークに参加させるのである
ただ水卜はここでも トーク・リアクション・笑顔で他のタレントを圧倒していく


  この頃 「どんなアナウンサーになりたいのか」という質問に対し 水卜は
  「日テレを引っ張っていけるような看板アナウンサーになりたい」と
  邪気の全くない いつものニコニコ笑顔で答えている
  MCも共演者も 若手アナが 不相応だけど夢を描いて一生懸命頑張っているね と微笑んだ
  ( 誰もこの仔豚が看板アナになれるなんて思っていない
    でも 一生懸命で気持ちいいね という空気がスタジオを満たしていた )

  ただ 水卜自身は 本気であったろう
  彼女が大好きな会社のみんなが「頑張れよ 応援してるぞ」と励ましていたであろうからだ
  みんなのためにも 不相応で実力も未熟だけども 頑張って看板アナになりたい
  水卜は 素直にそう思って口にしていたと思われる

2012年 水卜は圏外から4位に躍進する


日テレの本気が見えた番組がある
それが「だまされた大賞」である

日テレスタッフは「何故 我々はこの子を救世主(=女神)と崇め この子と心中しようとしているのか」を
視聴者に説明し訴えたい と 考えたと思われる
それこそが加藤綾子からの王座奪取の最終戦術であった
それは

  普段の 素の 水卜麻美を見せる

である


  番組は枡(人気№.1男性アナ)が 水卜を騙す仕掛け人にされる

  特別番組で枡と水卜が進行役となり 最初に日テレの歴史を紹介する
  ただ そこで スタッフからムチャぶりをされた枡が キレてスタジオを後にする
  残された水卜が一人で冒頭の挨拶をさせられている時に 背後から着ぐるみを着た枡に驚かされる
  という展開である
  (まぁ 文字の説明ではよう分からんだろうが)

  スタジオにそのVTRが流れる
  観客はいつもの水卜のびっくりする可愛いリアクションを期待していたと思われる

  ただ 前段の 枡とスタッフの口論の時 水卜が予定外の行動に出る

  温厚な枡の突然の口論に みんなは水卜が唖然としオロオロするだけだと踏んでいたのだが
  水卜は 必死に 枡の立場が悪くならないよう枡を止めに入ったのだ
  ( 水卜が予想外の行動に出た時に 観客から「えぇ~っ」と驚嘆の声が起こった)
  自分がやれることがあればお手伝いしますと枡をなだめ まさしく「身を挺して」枡を守ろうとしたのである
  枡がスタジオを去った後には スタッフに頭を下げ詫びを入れ 代わりにナレーションを読むときには
  「枡さんはすごい人なんです 自分では枡さんのように重みのあるナレーションができるかどうか」と
  最後まで 枡を守ろうとし続けたのである

  ( やはりオイラの貧弱な文章表現力では 説明できんなぁ youtube で見てくれ
    ※youtubeでは「水卜麻美アナ どっきり!」6分34秒バージョン が良い
    いや ひょっとしたら29日19:00~のダマされた大賞年末特番で再放映があるかもしらん)


嵐の松潤には「好きになった」と言わしめ ネットでは「極上のいい人」と絶賛を集めた
今年 ダントツの女性票を集めたのは この放映があったからかも知れない




さて 最終回の本論に入る

水卜は ついに 好きな女子アナNO.1 になった
ただ このリアクションをきちんとやらなければ この王座は瞬間最大風速で終わってしまう
天狗になったら水卜は終わりである

発表は金曜であった そう 有吉の曜日である

冒頭 南原が「さっきスタッフから聞いた」として 水卜が王座に立ったことを観客に告げた
スタジオから湧き上がる大歓声 水卜は顔を覆い恥ずかしそうに「ありがとうございます」と頭を下げる
さぁ 有吉である
ニュースでも「有吉がどう出るか」と 付記してある
有吉は「へぇ~」と言った後「カトパンはどうした」と水卜を無視する
水卜の「誉めて・・・」という訴えをかき消すように「我々はカトパンを応援するぞぉ」と気勢を上げる
南原が呼応して「汐留から カトパンを応援するぞ」と合唱する
水卜がジタバタして「だれか私を応援して」と走り回る   ・・・というコント仕立てにした

あくまで 絶対王者は加藤綾子である
水卜はまだまだです 有吉と水卜は そう伝えたかったと思われる

そして もうひとつ 伝えておかなければならない

CM明け カメラは水卜のポッチャりした脚のアップから始まる
そしてなめるように全身のアップへとカメラを上げる
それに気づいた水卜は 恥ずかしそうに顔を覆いながら頭を下げる
有吉が「さぁ これが 人気NO.1女子アナです」と茶化す
それをかき消すように 水卜が叫ぶ

  「本当にごめんなさいっ! ごめんなさいっ! 本当にごめんなさいっ! ありがとうございますっ!」

感謝を述べる前に ごめんなさい を3回も叫ぶ
そう 水卜は このリアクションをしたいと思っていたのだ





水卜はどこへ行くのか
先日の「おしゃれイズム」で 上田が ミト会(水卜を頂点とする若手アナの集まり)結成を突っ込む
派閥・人間関係で崩壊した日本テレビが その産物として出現した 水卜麻美に 逆に派閥を作らせ
それを自局の番組で広報する 
不思議な出来事である

そこで水卜は 普通の人間が言えば反感を食らい 炎上確実な言葉を口にする

  「何が楽しいって・・・  みんながチヤホヤしてくれるんですよぉ」

それを 全身の笑顔で言い放つところに 水卜麻美の笑顔の破壊力がある
この笑顔で言われたら もう誰も 水卜を嫌いにはなれない

この子には もはや派閥や人気順位などと言う小次元のモノサシは関係ないのかもしれない
そう思わされてしまう



「なぜ ミト会を作ったの?」
そう聞く上田に 水卜はニコニコしながらこう応えた



   
        竜兵会みたいなの作りたくって・・・
    
       (上島)竜兵さんみたいになりたいんです   




それは 頂点から奈落に落ち 地獄を這いつくばっていた頃の 不遇の時代の有吉を
ただ一人 ずっと守り続けた人物の名前であった

あぁ

去年の11月 何も言えず無言で頭を下げ続けた 師匠に対する 一年越しの水卜の「想い」を
ここで水卜麻美は やっと話せたんだなぁ



そんな気がした




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/296-724e2ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。