とよだの腹
2013年 今年のNO.1 その2 「とよだのレコード大賞」
いや さすがに 何やかや言っても紅白はクォリティーが高い

えっ?ナニ? ハイそうです もはや正月に突入しております

  あれだけ「年内に今年のNO.1を書き終える」と宣言しておきながら 
  正月早々から破ってしまっておるではないか
  そうお叱りを飛ばす読者の方々も多々おられよう  
  が、 ・・・違う この件は去年の約束を去年破ったということなのである 今年のことではない
  (加えて言えば バッタもんのPCはまた書き終えた長文を飛ばしてしまいやがったのである
   オイラまた心が折れた 今年3回目である)

  ・・・などという男らしくないことは言うまい お詫び申し上げる
  なぜなら 今は 神聖な「正月」なのだ


紅白に戻る
サブちゃんも大島優子も檀蜜もふなっしーも綾瀬はるかも頑張ったではないか 良かったぞ
ただなぁ その中でも大島優子の「凄味」はますます磨きがかかっているなぁ

AKBの単独公演ではない 紅白は日本を代表する歌手が揃う「公的な」場である
そこで自らのAKB卒業という いわば「私的な」発表をする
今の自分は そこで私的な発表をしてもエンターテイメントとして容認されるという 強烈な自負である
そして俯瞰能力にたけた彼女の読み通り その私的発表は違和感なく受け止められる

AKBはもはや「国民的歌手」である そしてAKBを国民的歌手に成らしめたのは自分である
その強烈な自負を 若者の思い上がりと取られずに納得させる  すごい女である

ただ 今年の紅白はいつもの紅白と違う
あまちゃんを除けば 今年の紅白の最大の売りは「北島三郎の紅白卒業」なのである
その日本国民最大のイベント(北島登場)の直前に 自らの「卒業」を発表する
北島の卒業を半減させるような「ケンカ」を日本歌謡界にうったも同様なのである

大島の凄味
彼女はやはり世代を代表するエンターティナーなんだろうなぁ
ここで潰されなければ・・・



ただやはり何と言っても 一番のヤンキーは小泉今日子ではなかったか
登場時の歓声(どよめき)が 最も沸いたのは「天野春子」であった

  あれだけ出演を拒否っておった小泉今日子が出てきた
  歌は(練習してないんだろうなぁ)言っちゃ悪いが「ド下手」であった 
  コイズミのプライドから言えば 絶対に出てきたくなかったんじゃなかろうか

  可愛がってた能年のためにも出てやったのかも知らんが
  間違いなく小泉は「天野春子」に 天野春子の積年の想いに 殉じたのだ
  テロップに小泉今日子ではなく堂々と「天野春子」として登場した姿に思わず拍手をしてしまった

  そう思えば あの歌声はまさしく歌手になれなかった40過ぎのそこいらのオバちゃんの歌声である
  女優 そしてヤンキー小泉今日子   さすがである





本題に戻る
とよだのレコード大賞であった これもなぁ来年から 音楽大賞 に変えよう
本家のレコード大賞の茶番化が悲しいばかりなのだ 
もうレコード大賞の名を捨ててTBS大賞にして欲しいものだ
それならEXILEの受賞も上戸彩の司会にもなんにも文句は言わん 素晴らしい誰もが納得するTBS大賞である

えっ EXILE は頑張ったじゃないかって そこに文句はない
ただ「日本レコード大賞」っていうんなら なんで嵐を入れん SMAPを入れん
出てくれるヤツにだけ賞をあげるって 台本があるTV局の身内の番組ってことだろ 文句あるかい

・・・・・



気を取り直す

今年一番売れた曲ってなんだろ

CD売り上げは・・・「さよならクロール」(AKB)か  すまん 覚えておらん

だいたいAKBは新曲にtypeAとかtypeBとか カップリングを替えて3~4曲だすからなぁ
実売は1/3 とか1/4とかと思えばよかろう

それより今は配信の方がチカラ持ってるんじゃなかろうか

音楽配信は・・・「にんじゃりばんばん」(きゃりーぱみゅぱみゅ) ほう キャリー君頑張っておるなぁ

こっちのほうが実態に即しておるかも知らん


でもなぁ 今の日本人が一番音楽に接している場はなぁ やはり「カラオケ」であろう

1位「女々しくて」
2位「残酷な天使のテーゼ」


強いなぁ



すまん 今年売れた曲の中には とよだのレコード大賞は含まれておらん


今年 心を揺さぶられた楽曲は4つあった

「vs.2013~知覚と快楽の螺旋~」福山雅治
ガリレオのテーマである あのリズム あのギターにはワクワクさせられた

「あまちゃん オープニングテーマ」大友良英
この曲が掛かるだけで目が覚めた 一日頑張ろうという気にさせてくれた

「潮騒のメモリー」潮騒のメモリーズ・天野春子・鈴鹿ひろみ
やはり あまちゃんの心への浸透率は高い なんやかや心を揺さぶらさせられた


この3曲 オイラの2013を癒してくれた楽曲である 感謝しておる
「準大賞」を進呈したい



ここまで正月早々長々と駄文を読んでいただいた方々からブーイングが出そうだなぁ
まぁ出てもしょうがない オイラの№.1 である 許せ 大賞を発表する

「恋するフォーチュンクッキー」 (指原莉乃&AKB48)

ついに頂点に登り詰めた指原が やっと あてがってもらった「音頭」
イントロだけでワクワクさせてくれる名曲である
キミのファンと秋元が 「キミのために」作った曲である

キミの一生において キミのために創られた この曲を 国民的グループを従えて歌う
それだけでキミの人生は 生まれてきた価値をもったものにしてくれたような気がするよ
おめでとうございます


   ♫  ツキを呼ぶには 笑顔を見せること

      人生捨てたもんじゃないよね
      あっと驚く奇跡が起こる
      あなたとどこかで愛し合える予感  ♫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/301-d1d88351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム