とよだの腹
決断をしたキミへ
今から書くブログは ある特定個人に宛てたものである

それが誰なのかは言わない

読み終わられて「あぁ これは自分に宛てたものだ」と思われる方がおられれば 
「特定個人」は貴方である
そう思われなければ 貴方宛てではない



  その昔 キミを抱いたことがある


   (これだけで大半の女性読者は「ワタシじゃない」と思われたであろう
    そう この臆病者は素敵な貴女に手も出せずに散って行っておる
    すべての女性読者に告ぐ
    キミに手を出さなかったのは キミに魅力がなかったからではない
    「素敵過ぎた」からである  
    そう思っていただければ お互い平和であろう
  
    かと言って そっちの趣味でもないぞ
    若かりし頃 新宿2丁目でギリシャ人のクォーターというオカマさんに
    激しいディープキスを奪われた時感じた「悪寒」
    そのとき「あぁオイラは女性しか受け入れられん体質だ」と痛感した
    申し訳ないが とよだファンの男性諸氏 キミたちがいくらとよだを求めようが
    オイラはキミの欲求には応えることはできん)


いや 戯れ言が過ぎた
どうも こういった余計なことばかり書いているのでいつも本論が進まぬ


キミは 大切な友人のご子息である
キミが赤ン坊のころ キミを抱かせていただいた たいそう可愛いガキであったと記憶しておる

そんなキミが この春 高校受験に挑まれるほどに大きくなられたと聞いた
なにより中学生の分際でこのブログを読んで「面白い」とつぶやかれたことがあるとも聞いた

  自慢じゃないが このブログはなぁ ガキが理解するにはなぁ ちょいと難しいはずだ
  もちろん万人が読めるように意識して表現しているので 読むのにそう疲れはしないはずだが
  「面白い」と理解できるのは キミに相当な読解力がある証明である
  国語の成績はけっこう良いんじゃないか?

そんな日本の未来を担えるような「優秀なガキ」が読者であるとは 有難い限りである

ん? 「ガキ」という表現に憤慨しておるか
怒るでない キミは今「本物の大人」になるための時期にいるのだ
キミが本物の大人になった時に初めて 無礼を詫び 敬意を込めて「大人」という表現を使ってさしあげよう



56年間生きてきて 人格形成に一番大きく寄与した時期はいつだったか と振り返れば 
それは間違いなく 高校生活の3年間であった
今から言っておいてあげよう キミの今からの3年間はなぁ

   メチャクチャ 面白いぞ!

喜びも悲しみも 悩みも快楽も 飛び上がるような歓喜も のたうち回るような苦しみも
中学までの時とは比べもんにならんくらい激しいぞ

いいかい 逃げるなよ 全身で受け止めろ どれだけ受け止められたかで「人間の幅」が形成される

  あ! さっそく矛盾するがなぁ
  これは殺られる と思ったら 全力で逃げろよな
  キミに見えている世界が唯一の世界じゃない 
  殺られると思ったら そんな世界捨てて とにかく生き永らえろ なんとかなる

キミは ご両親が推す「超有名校」を蹴っ飛ばして 自分の行く高校を決めたそうだな
大事なことだ 人生の決断を自分で決めた初めての経験ではないか 腹は括ったんだろうな
これから幾度となく 人生の決断 をしていかねばならない
ひとつ言っておく 「後悔はするなよ していいのは反省だけだ」 覚悟とはそういうものだ


後悔と反省の違いか
反省はな 次への一歩を踏み出せるための作業だ
後悔はな その場でうずくまって動けなくなることだ

ついでに大人とガキの定義も教えておく
自分自身で責任を取れるヤツが大人で 取れないヤツが ガキだ
相手のことを思いやれるのが大人で 自分のことしか考えられんのがガキだ


キミはまだ責任なんぞ取れんだろう

法律の世界でもなぁ ガキは優遇されている
どうせ責任を取れんヤツらに責任取らせてどうする てな感じだ
悔しいだろう よくいえば守ってもらっているってこっだが 言い方変えれば
キミたちは法律から なめられている 
責任を取れんヤツに権限なんて与えんよ と同義であるからだ

キミの人生の決断者は キミでなければならない
そしてそのことを世の中が認めるために必要なものはね 
「キミに責任をとる覚悟があるか」
シンプルにいえば それだけなのである



説教っぽくなってすまない
キミが キミの意思を貫いて「決断」をしたってことが嬉しくってね

1秒ごとに 世代は移り変わっていく
キミの世代が 世の中を動かす 世の中に責任を取らねばならぬ時期が 必然的に到来する
その時に キミがその中で 重要な役割を担う人物になっていてほしいと願っているし 確信している

キミにはまだ 圧倒的に「経験量」が足りない
この3年間 とにかく経験量を増やせ
断言できる真理はなぁ 少なくても高校の3年間での経験で 将来無駄になる経験ってなぁ ひとつもないぞ
そしてなぁ 面白くはなかろうが 成功体験より失敗体験の方が 実は為になる

だから・・・  もう一個だけ 伝えておく

   迷ったら 踏み出せ!

その場にうずくまっての安寧より 踏み出して得たキズのほうが 将来の果実を生む
(踏み出して そこで即 果実が得られちまったら・・・? それはそれ 絶品の味がするぞ)



もうすぐ 桜の開花時期か
世界の将来を担うであろう若者が 大人への階段を一歩上ってくれた春の 桜として
脳裏にとどめながら見上げてあげることにしよう



たまに気が向いたら またこのブログに遊びにおいで

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/315-c5685b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム