とよだの腹
ガンバレ小保方さん②  ~ かやま さんのコメントにお応えします ~
ご愛読いただいてる皆さん ありがとうございます

まぁ こんな弱小ブログを訪問いただいて申し訳ないなぁ というのが本音なんですが
昨日の 「ガンバレ 小保方さん」 に かやまさんからコメントを頂戴したので
それにお応えしたいと思います

  ( 他に「川崎大師」「水卜麻美」の回にも 別の方々からコメントを頂戴してるので
   お応えせねばなぁ と考えていたところです
   後日 そちらも ちゃんとお応え申し上げますね )



かやまさんのコメントをコピペします

  残念ながら勇み足とかで話が済む状況ではありませんよ。
  論文にも研究にも不備な点が大過ぎる。


知人にかやまさんが思い浮かばないので おそらくこのブログにたどりつかれて 義憤にかられて
コメントをしていただいたのだと思います
ありがとうございます
貴方の言われることは正しい まさに正論だと思います
その前提のうえで 何故 私が小保方さん擁護論を出したかをご説明いたします

  

  (ここから普段の文章体に戻します)

何故オイラが小保方さんを支持するのか
これは先日の佐村河内某とか 以前のipsのときの森口某というオッサンたちなら
応援なんてしっこない
小保方さんを支持する最大の理由 それは
 
  小保方さんが可愛いから

である

容姿だけのことを言っているのではない
あの一生懸命の姿は じ~んとくるではないか
世の多くのリケジョの皆さんにも多大なる刺激を与えたのではなかろうか

今までの報道を見てるとなぁ
おそらく小保方さんは いくつかの「ウソ」をついている

ウソ について語る

オイラ ウソが大嫌いである
以前 組織を経営していた時 構成員の皆さんにいつも言っていたことがある
「 愚直に 堂々と 正面突破 」
ウソは ウソを貫くために ウソを覚えておかねばならない ウソを重ねていかねばならない

面倒だろ なんでそんな面倒なことをしなくちゃならん
そんな非生産的なことにエネルギーを使うくらいなら ひたすら正直に
スピードは遅くっても「愚直」に進んだ方が 最終到達時間は速くなる


矛盾することだが もうひとつ「ウソ」について語る

ウソには 良いウソと悪いウソがある
自己保身のためのウソ これは必ず破たんする 悪いウソである 築きあげた信用なぞ一瞬で崩壊する
じゃぁ 良いウソってなんだ
それは誰かを守るためのウソである

例えばなぁ・・・ 良い例えが浮かばんが・・・

例えば母子家庭で母親が仕事で疲れ果てた上に風邪なぞひいたとする
娘が「おかぁさん ダイジョウブ?」なぞときく
母親は精いっぱいの笑顔を見せて「ウン 大丈夫よ 元気よ」とか言う

明らかなウソである
けれど娘を心配させまいとする母親のウソを誰が非難できる

人間は罪深き生き物である ウソをつかねばならん時もある



小保方さんに戻る
彼女のついたウソは自己保身のためのウソであるかもしれぬ

ただ現在の研究にはなぁ 多くのカネがかかる
そしてまた 歴史的な発見には権益が生まれ 多くのカネが生み出されることになる

 山中さんはipsを世に出す時 特許について真剣に検討され 押さえたうえで発表された
 特許をカネの亡者に押さえられれば 莫大な使用料を請求され 世界中の研究者が二の足を踏むからだ
 山中さんは 特許を押さえたうえで「どうぞ 存分に研究ください」とリーズナブルな設定をされたと聞く

今回の事件で理研がグズグズしてるのは特許の問題があるからかもしれぬ
いくつかのメディアが しきりに小保方バッシングを続けるのは 権益を略奪したいが為 かも知れない


そして 小保方さん
彼女には危機感があったのではないか
STAP細胞は本当に一度は成功したのだろう だが再現できない
ネイチャー誌には 生物細胞学の歴史を愚弄する とまで書かれる
このままでいくと 研究は続けられない 
STAP細胞は陽の光を浴びることなく 闇のまま 世の中から抹殺される

泣き明かした夜 彼女の中に芽生えたのは「母性」であったと思われる

自分が産み落とした 100年後の人類の幸福に貢献できるかもしれないSTAP細胞
この子を闇の中で餓死させるわけにはいかない
とにもかくにも陽の光を浴びさせ生き延びさせねばならない


悪いウソなのかもしれぬ
ただ彼女の母性は その大ウソをつかせてしまう


大ウソは世の非難を浴びるであろう
でもね 事実として残ったのは 常識外れとして誰も発想しなかったSTAP細胞という考え方を
世界中の多くの研究者が頭脳の中にインプットしたという事実である
STAP細胞はやせ衰えるかもしれないが餓死せずにすんだ

彼女の母性は 可愛い我が子の命を守りきった


彼女は世の中から糾弾されるかもしれない

ただ100年後の人類が 彼女の大ウソに感謝する日が来るかもしれないことを誰も否定できないと思う




すべて推測の話である
真実がどうかはオイラにはわからない

そして しかし だから

  とよだの腹 においては 小保方晴子を支持する




かやまさん ちゃんとしたお応えになっておりますでしょうか

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/317-6f151456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム