とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントにお応えします その3 「水卜麻美」
どうもオイラは川崎大師・空海より この子の方に 神・仏 を感じてしまう

この子がニコニコ笑っているだけで 幸福を感じてしまうのだ
この子が大口を開けて 食い物にかぶりつくのを見るだけで 嬉しくってたまらなくなるのだ

  そこいらのプータローのおっさんに
   (いや そこいらにはプータローのおっさんは そうそうはおらんだろうが)
  そう言われても 嬉しくもなんともなかろうがなぁ 
  少なくともキミは一人以上の人間を幸福にした
  それは素晴らしいことだと思っていただきたい


「水卜麻美最強説」を年末に連載させていただいた
それ以降 飛躍的に来訪者が増えた
著名人や google yahoo に引っかけてくれと頼んでるわけではない この弱小ブログにである
水卜麻美を欲している層って けっこう多いんだなぁ


水卜麻美最強説には あ さんから こんなコメントを頂戴した

2014/03/05   あ さん

読ませていただきました

  自分が抱いている水トちゃん像と同じものがここまで言語化されている事に驚きつつ
  そうだよね!と共感しながら読んでいました 
  有吉のいじり、いいとも終焉のきっかけ、素敵な笑顔、仕草から見える知性
  周囲で好きな人があまりおらず、語りたいけど語れない、そんな欲求が満たされる記事でしたw
  これからもあの笑顔を見続けたいものですなー



あ さん ありがとうございます
悪友達から「フェチ」の如く見られておりましただけに 心強い援軍でございました

小保方さんが 女性軍を敵に回そうが オッサン軍の支持を集めて 戦いを続けておられますのと反対に
水卜麻美が 「とにかく痩せている方が偉い」 という女性界のオキテの中 
あえてポッチャリを維持し
「わたしは皆さん方の敵ではございません」と自らを卑下しつつ戦っている姿にねぇ
涙が出るくらい その健気な戦いっぷりに心を打たれているのですよ

友人たちからは 水卜最強説に対し「そりゃそうだろ この子はとよだの ど・ストライクだ」と
大笑いされ あげく「俺は 壇蜜の方がいいなぁ」と言われております
 (いや壇蜜は反則だろう バズーカ砲と竹やりくらいの戦力差がある)

ただ ここで明言しておきましょう
「水卜麻美か壇蜜 いずれかを抱いてよい」 という夢のような局面に出くわしたら
私は1ミリの迷いもなく 水卜麻美を選んでみせましょうや

 (すみません このようなRー15の駄文な横道ズレがあるので なかなか当ブログは
  高尚な学術書としての地位を確立できずにおりますが・・・)


 これからもあの笑顔を見続けたいものですなー

同感です
かの昔 山口百恵が「菩薩」と評されたように 水卜麻美こそが現代の菩薩だと確信しております




通常の文体に戻す
「水卜 有吉」「水卜 横山」の検索ワードが多いんだがなぁ なんでもいい
とにかく「水卜」ワードで来訪された方
ひとつお願いがある

皆さんの中で 水卜麻美の関係者(友達の友達の友達でも良い 従兄の嫁の妹の担任でも良い)
彼女にコンタクト取れる方がおられれば 下記 彼女にお伝え願いたい

  オイラが本屋大賞を取れるくらいの傑作小説を世に出せたらなぁ
  (読売グループはそう好きではないが) 放映権を日テレに差し上げる
  その際は是非 女優としてでもナレーターとしてでも製作委員会としてでもかまわんから
  その作品に関与していただきたい



ん?
本屋大賞取れなかったら?
そのときはスッとお忘れください



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・と ここまでで この項終わらせようと思っておったが もうひとつ書きたかったことを思い出した


いや お前は 「ミウラ ミウラ」 言ってるがなぁ 
王様のブランチのブックコーナーで本仮屋ユイカに話しかけられたらTBSに心が揺らぐんではないか 
とか 
そんなことではない

水卜麻美最強説は揺らがない



違うのである  

大好物を また見つけたのである

その子はアイドルのたまご

  いや 橋本環奈ではない
  あぁ 橋本環奈って言っても分からん人の方が多いか
  ソフトバンクのCMで 白戸家のおとうさん犬の隠し子?役をやっている娘だ
  1000年に一人の美少女とかネットで大騒ぎされてるらしいがな
  そのような美女であれば オイラが云々せずともそっちの分野で勝手に盛り上がってくれるだろう

オイラの好物はなぁ 「一生懸命頑張ってる若僧」 なのである

   中西智代梨  (HKT ⇒ AKB)

あのAKBのマイナー地方支店 HKTの1期生 
いやそのセンターではない 選抜からすら2曲目で早くも外された子である

ただなぁ この子は天才プロデューサー指原の 最初の作品ではなかろうか
全国的に全く無名のまま 秋元康に引っこ抜かれてしまう(4月よりAKBに移籍)

HKTの冠番組では フット後藤から絶賛されていたし
ちょっと前の有吉の番組にも出ていた

  おそらくは有吉の番組に送り出すとき 指原は収録前 有吉に「一生懸命やらせますから」と
  引き出してください のお願いしていたのではなかろうか
  中西のリアクションを見ながら その手応えに あの有吉が嬉しそうにしていた


センターを張れるビジュアルではない
ただ とてつもなく表情が豊かなのである
アイドルやそこいらのネェちゃんに「変顔」が流行っているそうだが 
もはや「変顔」いや「顔芸」の域までも超えた 豊かな表現力なのである

人を見る目に自信があるオイラだが 今回は正直少し自信はない
爆発する確率は10%ほどかなぁ

でも 精進して「化け」たなら この子は指原の作品として指原を超えるかもしれない


     代表作 「鳥のモノマネ」 

これを見た瞬間 嬉しくってしかたなくなってしまったのだ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/328-1bf4b73a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。