とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法記念日 集団的自衛権を考える
憲法記念日である

日頃より 「法律は面白い」 と公言している身としては 何かなぁ 
今年のとよだはどう考えていた というコメントを残しておかねばなるまい

おぅ そうそう 最近騒がしい「集団的自衛権の 憲法解釈の変更による行使容認」について述べよう


まず 立場を鮮明にする

          「反対」        である

その理由をできるだけ簡潔に述べる

     「安倍がやろうとしているから」     である


なぜ安倍さんがやるなら反対なのか? と聞かれる読者の方も多かろう
これもできるだけ簡潔に言うと だってバカだから としか言えんがなぁ・・・

  いや大変失礼した 無礼をひらに詫びねばならない
  一介のプータローが 天下の宰相様に言っていい言葉ではなかった
  (それに このことは国家の特定秘密であるからなぁ)
  表現の自由 などという憲法の基本思想なんぞ蹴っ飛ばしちまえ という
  特定秘密法案の趣旨からいっても とんでもない暴言であったと反省しておる




順を追ってお話しして行こう
 

まず憲法について

憲法ってねぇ 法律じゃない      ・・・では何か?

以前も書いたがな 憲法は法律よりも宗教に近い

人間っちゃ弱い生き物でなぁ 何か「心のよりどころ」がないと生きられない
(心のよりどころ とは 正義の判断基準・行動基準と言い換えてもいいかもしらんがなぁ)
古代より 弱い人間の心の平穏を守ってくれてきたもの それが宗教であった と言っても
そんなに過言でもないかもしらん

ただ その反面 宗教ほど多くの人間を殺してきたものもない
人類史を振り返っても 宗教の名のもとにどれだけの戦争が繰り広げられてきたか

  宗教って排他性が強くってなぁ
  異教徒の言ってることなんぞ理解できんのである
  あげく 異教を信じてると そいつら地獄に落ちちまうんで これは弾圧してでも洗脳しなおして
  やらんといかんと正義感に燃えるのである


    あっ 誤解のないように書いとくけどな
    真面目に信仰されておられる方々 気分を害されたら申し訳ない
    宗教を批判・非難する気なんぞ毛頭ない 宗教は人間に必要不可欠な大切なものである
    畏敬の念をもっておる
    ただ 宗教の側面というか 人類史にはそのよう「事実」がある と 述べているにすぎん
    

日本は? 

そりゃ信長vs本願寺・延暦寺とか 秀吉・家康vsキリスト教弾圧みたいなのはあったがな
(ちょっと前にはオウム真理教みたいなのもあったが)
一般には無宗教の人が多いんじゃないか

いや無宗教っちゅうと語弊があるか 
クリスマスで大盛り上がりをみせた一週間後には ぞろぞろと神社に初もうでにいったりしてるもんな
「日本教」と言った方が より実態かな
世界文化遺産になった富士山を拝んでたり ジブリ映画のように八百万(やおよろず)の神がおられたりする
それぞれの心の中に それぞれの神様がおられる  といった表現の方が適切かもしらん



じゃぁ 今の日本人「全体」の 正義の判断基準・行動基準はなにかちゅうと
これは 間違いなく「日本国憲法」なんだろうな

この日本国憲法 実に懐が深い
「信教の自由」という言葉 学校で習った記憶があろう
ん? 宗教? オールウェルカム OKでっせ  てな感じだもんな 排他性のかけらもない

  自分の考えと違うやつらは全て悪である じゃなくって
  多様な価値観を認めようや っていう八百万の神 的な精神が宿ってる気がする


アメリカ人が作ろうがなんだろうが関係ない この鷹揚さを戦後70年 日本人は愛してきたのだ



さてさて やっと本題に戻る

安倍さん というか安倍一派 この憲法が嫌いで嫌いでしょうがない
改憲は自民党の党是でもあるしなぁ

憲法の3大原則覚えてるか
・基本的人権の尊重
・国民主権
・平和主義
である

まず国民主権 

 安倍は思っているだろう
 
 この国で一番偉いのは自分であって断じて庶民ごときではない
 だいたい 愚かな国民ごときに物事の判断(決断)なんかできやせんだろう
 俺の思い通りにさせろや と思ってるのに憲法が邪魔する
 なに? 憲法とは権力者側に縛りをかけ 暴走を防ぎ 国民を守るものだって?
 大っ嫌いだっ!

基本的人権

 そんなの認めてるから 国民が勝手ばっかりする
 偉いのは国家なのである 国家の利益のためには個人の利益(人権)は制御されるべきだ

  いや 支配層にいる連中がそう言いたがるのは分かるがな
  自民党案や産経・読売案には 「個人を縛る」表記が多すぎる
  国家は国民を守るために存在するってぇのが日本国憲法なんだが 国民は国家を守るために存在する
  てぇのに変えたくってしょうがない
  違うぞ 本物のリーダーって その圧倒的な人間力・器でみんながついていきたくなるもんなんだ
  その能力・自信がないんでルールを変えようってな 本末転倒である

平和主義=戦争放棄

 戦争したくってしょうがないんだろうなぁ
 俺はケンカが強いぞ って見せつけて崇めてもらいたくってしょうがない
 集団的自衛権も武器輸出三原則の見直しも それが透けて見える
 いや 原発再稼働も「いつでも核作れますよ」を維持したいだけだしなぁ



理想論 夢想家と笑われるかもしらんがな 
今の70億の人類の 圧倒的多数 は 戦争が大嫌いなんだ

いや人間のDNAに戦争好きがプログラミングされているのもよく分かるがなぁ
いやいや生命体に「戦い」がプログラミングされてるんだろうがなぁ
 ( 今でも人間は牛とか豚とか殺して自分の生命を維持してるように 食物連鎖がもともと戦いだしな )
罪深い生き物ではあるんだが ちょっとずつでも賢く進化して行かんとなぁ



  だから 憲法をどうしましょうか っていう議論は 「法律論議」ではなくってね
  我々の正義の判断基準をどうしましょうかっていう 「宗教論争」なのであるよ



特定秘密保護法も集団的自衛権も 全部安倍の言う「日本を取り戻す」なんだろうな
つまり日本国憲法を変え 権力者が偉く いつでも戦争できる 日本を取り戻したいんだろうな



安倍さんを「バカ」だと言ったのは それがあまりにも透けて見えるからなのである


マッチポンプ という言葉をご存じか
マッチで火をつけ火事にして それをポンプで消して回る その過程で利益を得る ってな意味だ

中国・韓国をあおってるがなぁ
彼ら全員が圧倒的な「反日」ではないぞ 仲良くしたいと思ってる層も相当数いるぞ

  ナショナリズムって熱狂できるからなぁ 
  自勢力をまとめ上げるの こんなうってつけのものはない
  中韓に 反日でナショナリズムを醸成しようと思ってる連中も多かろうが

  日本も今なぁ 反韓・反中でナショナリズムを醸成しようとしている気がする

覚えているだろう
日本があまり反応しないので反日勢力が次の手を打てずにいて 
親日勢力が以前の関係を取り戻そうとしだした矢先に 安倍が打った一手
「靖国参拝」

 (靖国については いろんな方々の思い入れのあるところなので この能天気なブログでは触れない)

ただ 現象として起こったのは 安倍が靖国を参拝してくれたおかげで
反日勢力が攻撃ネタをもらって 大喜びした という事実だけである

  安倍って 浅いなぁ

その頃は そう思っていた
ただ あぁそうか と理解できた
集団的自衛権を成立させるためには 中韓の反日勢力が騒いでくれんといかんのである

まさしく マッチポンプ である




ただなぁ
それは正解なんだろうか
隣人たちは全員 反日 日本とのケンカを望んでいるのだろうか

  一昨年暮れのブログにも書いたがな
  毎月マッサージを一生懸命やってくれる 中国の寒村出身のおネェちゃんの言葉・・・

  それは反日の大暴動の直後 中国に里帰りしていたその子が日本に帰ってきてな
  周囲の雰囲気が少しおかしくなってたんだろうなぁ あげくに
  日本人の客から
  「お前 中国人か なら替わってくれ お前には頼まん」と言われてなぁ
  悲しみと怒りと寂しさと いろんな思いがない交ぜになってたんだろうなぁ

  オイラが来た時 少し涙目で言った言葉がある


    「ワカッテ ホシイ コトガアル」

    「ニホンノ テレビノ ホウドウハ オカシイ」

    「アレハ ホントウニ イチブノ ヒトタチダケノコト
     ワタシノフルサトデハ ナンニモナカッタ
     ミンナ ニホンノヒトガスキ ニホンノオミセガスキ
     ゼンブノ チュウゴクジンガ ニホンヲ キライダトハ オモワナイデ」



いろんな 「正義」 の観点ってあるんだと思う

でも オイラには 

文化も言葉も違う この隣国に来て 一生懸命頑張っているこの子の

   「笑顔を取り戻すこと」

以上の正義があるとは 思えない



   最大の安全保障ってな ケンカに強くなることじゃなくって 仲良くなることなんだ



だから 安倍一派のやろうとしている「憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認」には

      反 対

である




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/330-118cd9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。