とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致問題と階段の女生徒
街歩きが趣味である
先日も 埼玉の とある(そんなに栄えていない)JRの駅に降り立ってしまった

改札を出る 少し迷って西口を選ぶ 
角を曲がると 結構長い階段が地上まで連なっている
エスカレーターは上りだけのようである
駅外に出るには 階段を使うしかない

その長い階段を トコトコと下りることにした

平日の 夕方に近い昼下がりである 階段を下りている人は数人しかいない
皆 無言である 同じようなスピードで歩いている

・・・と 視界の先に 一人だけスピードの違う方を見かけた
もう 3分の2くらい下りていらっしゃる先に 初老のオッサンがおられた
おそらく足がお悪いのであろう
左手で手すりを握り 右手で松葉杖を支えに 一歩一歩階段を下りてらっしゃる

おぅ 助けてやらんとな
 
ここで会ったも何かの縁である 
こちとら デブではあるが 体力はある

オッサンの方へ向おうかとしたその時 
十歩くらい先の右側から 黒い影がスッと斜めに階段を横切り オッサンに向かった

黒い影は女子高生であった
垢ぬけのしないセーラー服に 大きいトートバッグを肩から掛け 右手にはカバンを持っている
見るからに真面目そうなその子は オッサンに近づき 何やら声をかけた
ただ 何と言ったのか その声は聞こえない

会話の内容が概ね分かったのは オッサンの答えでであった

 「 あぁ ありがとうね  
   でも もうここまで下りれたんで あと少しだから 大丈夫ですよ
   本当にありがとう 」

おそらく 少女は お手伝いしましょうか と声をかけたのだろう
そしてオッサンは その申し出に感謝しながら 大丈夫だよ と答えたのであろう

少女は会釈をしながら また足早に斜めに階段を下り ロータリーに消えていった
その所作が 実に清々しく爽やかであったのだ

 ( オイラ 迷った 足早に近づいて「私が手伝いましょう」と言おうかと思ったが
   あの会話の直後に こんな薄汚いオヤジが声をかけたら せっかく二人が醸し出してくれた
   爽やかな景色を汚すような気がしてな )

果たして
オイラがオッサンに近づいた時には もうオッサンは殆ど階段を下りきっていたのでな
声はかけなかった

振り返ってオッサンを見ると・・・   満面の笑顔でおられた


埼玉に住んで3年
全国いろんな地域に住んだことがあるオイラではあるが
特に埼玉の女性が見せられる「女子力」の見事さには感銘を受けている

埼玉貧乳問題とか揶揄されておるがなぁ

  ※埼玉貧乳問題・・・ 全国で唯一 埼玉県の女性だけが平均バストサイズが「A」であるそうな
           算数・数学を勉強してこられた読者の皆さんならお分かりであろう
           「一番多いバストサイズ」ではないのである「平均バストサイズ」なのである
           平均値を取って それがAに収斂されるということの破壊力は凄い

埼玉の女性の皆さん 皆さんは決してそんなことに気後れされてはならない
皆さん方は極めて「清々しい」「爽やかな」方が多い 極めて「女子力の高い」方が多い
56年間 全国を渡り歩いた「おネェちゃん大好き」のオイラが言っているのである 間違いない!
( まぁ 何の発信力も影響力もないオッサンの発言ではあるが・・・気休めにはなるだろう )

  階段の少女が見せてくれた おそらく 極めて自然にであろう  実に爽やかな景色
  見事であった 実に見事であった
  オイラ 心の中で 絶大なる拍手を送らさせていただいたぞ




いやいや すまん あまりに素敵だったので 興奮して前段の前段が長くなってしまった



前段の後段に入る

ずいぶん前になるが オイラ 電車に乗っておった
  いや がら空きでなければ オイラ座らない 座ると1.5人分の面積を取る
  ただでさえ社会に迷惑をかけているのだ 
  できる範囲で他人様のご迷惑にならぬようしなければならない
扉側に立っていた
少し混んできた

一人の兄ちゃんの声がした
「バァさん 座れや」
言葉で書くと乱暴に聞こえるが 声のトーン 言い方は 慈愛に満ちていた
見ると いかにも「不良でござい」といった風貌の兄ちゃんが 老婆の手を引き 席を譲り
自らは 少し離れた方に去って行った
老婆が「ありがとうねぇ」という顔をしていたので 決して乱暴な所作ではなかったのだろう

周囲に座っていた 真面目そうな 男子学生・女子学生は バツの悪そうな顔をしていた

皆さんも経験があろう
席を譲るってな タイミングを逸すると 躊躇して きわめて難しくなる

おそらく 真面目で普段から優しく他人を思いやる心に溢れた彼らは 
タイミングを逸して躊躇したのだ
そこに 他人を思いやる心など微塵もなさそうな不良の彼は 
お婆さんを見て反射的に体が反応して立ち上がったのだ

全人格から言えば どう見たって不良は「ワル」で 真面目は「善」なんだろうなぁ
ただ その瞬間 偉かったのは 間違いなく 立ち上がったワルの方だった

気持が大事 ココロが大事 と力説しているオイラではあるが その瞬間 
人間界のひとつの「真理」に気づいた

  行動できたヤツの方が偉い

人間に100%の善も 100%の悪もない  
結果を残せたヤツには その結果を認めてやらねばならん その結果を称賛せねばならん




本論に入る

安倍のことは 浅薄で 危険極まりない男だと思っている

ただ しかし

北朝鮮から拉致被害者の方々を救い出すことができたのなら
その一点をもって 彼を 立派な宰相であると 認めざるを得ないと思う  

頑張ってほしい 
   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/336-853c250e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。