とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水卜麻美と小保方晴子
AKB総選挙の予想をするはずだったのだがな

小保方さんが 論文撤回すると言ったらしいのでな
ここは コメントを残しておかねばなるまい
予想は次回に回す

何故 撤回したんだろうな 
考えられる理由は3つ
1. 解雇ではなく STAP検証チームで継続雇用すると理研と話がついた
2. 中国かどっかから正式なオファーがきた
3. 笹井が裏切っていたことが分かってヤケになった

まぁ 日本のような狭量の国ではなく もっと度量のある国で続けた方が彼女の為かも知らんなぁ

読者の皆さんに告げておく
ケンカをするときは チンピラとやってはならない やるなら本物の悪党とやらねばならぬ
チンピラほど怖いものはない 向こうも実は怖がってやってるんで 力の加減が分かっとらん
ケンカのしかたを知らん  大ケガをする可能性が強い

本物の悪党は 上手にこちらを負かしてくれる もしくは瞬殺で殺してくれる あまり痛くはない

理研は 見事なほどに「チンピラ」であったろうが


振り返って 水卜麻美  今年の24時間テレビの総合司会が決まったそうである

  ※ 24時間テレビ「愛は地球を救う」は 実に読売グループの好きそうな 
     日本を代表する 「偽善番組」 である
     さらに 今年で37回目 ここまで偽善を貫いてくれるとなぁ 逆に気持ちが良い
     よっぽど普段悪いことをしてるんだろうなぁ この番組をやらんと心の平衡が保てんのだろう
     オイラ勝手に 日テレ社員の皆さんの「良心」の為の メンタルヘルスケア番組と評している


オイラが このブログで たびたび取り上げさせていただいた  水卜さん と 小保方さん

このふたりの 極端な 明 ・ 暗  は いったいどうして生まれてしまったのか
そこには ひとつの明確な要因があった
( 今日は少し真面目なブログを書くぞ 読んでおいてほしい )

おふたりの最大の違いは1点

   身内(仲間)からの支持

である
上司・権力者からの寵愛ではないぞ  仲間内からの支持 である

水卜麻美ほど スタッフから愛されているアナウンサーは かつて いなかったのではないか
比較して 小保方晴子は特に事件発覚後 理研内に彼女を擁護する動きは最後まで見えなかった

今 いろんな組織の中で日々頑張っておられる皆さん
やっぱり一番強いのは みんなから愛されているヤツだ 特に日本ではな
考えてみてもいいと思うよ

みんなが力を貸してくれるっていうことの圧倒的な凄味を 水卜が実証してくれている気がする

  ( いや小保方さんを非難しているわけじゃない 彼女は天然の常識外の天才だからな
    属した組織が不幸だっただけだ チンピラじゃなく彼女を御せる大悪党と組むべきだった )



  ふっと 去年のAKB総選挙のあるシーンを思い出した
  それは 大島が2位で呼ばれ指原の1位が確定した時のこと
  あたふたする指原より 狂喜乱舞していたのは 周囲のHKTのガキどもであった
  あれも 「仲間からの支持」 を象徴するシーンだったなぁ

  AKBという巨大本社から遠く離れた博多で 新しい支店として立ち上げられ
  小中高生ばかりの若造たちだけで 必死に「新しい色」を作り上げようとしていた矢先に
  本社で不祥事を起こした個性の強い古株が転勤してきたのである
  そりゃ嫌だわなぁ 反発・拒否感が蔓延しとったろう

  その アンチの大逆風の中 たった一年で 指原は あの「仲間からの支持」を獲ったのだ
  指原の本当の凄味は「AKBを絶対に潰しませんっ」 と言うコメントよりも
  あのHKTのガキどもの狂喜乱舞のシーンにあったような気がしてならない




小保方晴子 ここで終わるなよ 必ずリベンジしてくれ 
キミのSTAP細胞は 必ず100年後の人類を幸福にしてくれているだろう 信じている

水卜麻美はなぁ チャラ男と結婚して引退しなければ 「日本の定番」 になってくれる気がする
笑顔の持つ 圧倒的な破壊力を みんなが再認識したのだ
集団的自衛権より数倍 日本の国力UPに寄与できると思うぞ

指原莉乃  しょうがない 連覇と予想してあげよう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/337-1062bc73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。