とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大惨敗  「AKB総選挙を予想する」 の 大反省会
   

      勝つことは難しい ・・・が    本当に難しいのは「勝ち続けること」である




読者の皆さんのかたで 「頂点に立った」 ことがある方は いかほどおられようか
戯れ言 と 言われるかも知らんが ひと言 言わせてもらう

      人間は 誰でも   頑張れば 必ず頂点に立てる

「何言ってんだ 頂点に立てない人の方が圧倒的に多いんだ」
そう ご立腹 ご反発 される方もおられようか
その方々を 更に 逆なでさせることを 重ねて述べる

  頂点に立ってないのはなぁ  そいつのなぁ
  努力が足りないか 努力の仕方が間違っているか 目指す目標が間違っているか   である

能力だけで頂点に立ったヤツもいるんだ 能力よりはるかに強い「努力」をもって勝てないはずはない


ただ 頂点に立ったことがあっても 頂点に立ち続けるってぇことは その数万倍 圧倒的に難しい
能力があっても 努力があっても その両方があっても無理である
勝ち続けるには 人智を超えたもの・・・  どう例えればいいか 
女神の吹かせる 「歴史の風」のようなものに 背中を押してもらわねばならない

何を言ってるか分からんだろ
まだ分からんでいい キミが頂点に立った時 オイラのこの言葉を実感してもらえると思う



さてさて 大反省会である
指原1位、まゆゆ2位に合計5点も投じてしまったからなぁ
人間に詳しくなるための修行 まだまだである

何点取れたか振り返る ( 配点 詳しくは下記ブログを参照されたし )

1.選抜メンバー 枠に入れば1点 順位がピタリなら更にプラス1点
    16人中15人枠入り 順位は柏木(3位)宮澤(12位)の二人  計 17点
2.アンダーガールズ 枠に入れば1点 順位がピタリで更にプラス1点
    (申し訳ない 老化によるボケの初期症状で 18位に2人(梅田・松村)を書いておった
    本来なら採点中止だが いいかげんなブログなので気づかなかったことにしてくれ )
    16人中11人枠入り 順位は渡辺美(18位)入山(20位)木崎(23位)高橋(28位)の4人
                                            計 15点
3.フューチャーガールズ 枠に入れば1点
    16人中2人枠入り                            計 2点
4.20個の仮説
    1:指原連覇   ✕
    2:大家圏内   ✕
    3:島田圏内   ✕
    4:中西圏内   ✕
    5:SKE 32位以内に10人  9人で✕
    6:HKT 32位以内でNMBを抜く   ○ 
    7:川栄躍進   ○
    8:入山躍進   ○
    9:指原20万票 ✕
   10:渡辺15万票 ○

   11:小嶋>高橋  ○
   12:珠理奈>玲奈 ○ 
   13:山本>渡辺  ○
   14:小島>岡田>西野 ○
   
   スピーチ
   15:指原 景色  ✕   →「くやしい」
   16:渡辺 口惜しい ✕ →「景色」      全く逆でこの言葉を言い合いやがった
   17:山本 責任  ✕
   18:川栄 元気  ○
   19:生駒 許して・・・ ✕
   20:横山 非過呼吸 ○                    計10点

合計44点  補欠合格にも遠く及ばない大惨敗であった







惨敗の反省をする
指原のマグマの強さをどう判断するか が 全てであった

総選挙をここまでの大イベントにしてきたヤツ それは間違いなく指原である
サプライズは必ず指原が巻き起こしてきた
AKBに地殻変動をもたらしたヤツ
この子の持っているマグマの力は そこいらのアイドルが束になっても敵うもんではない

指原の目線になって考えてみる

おそらくは速報値の結果(渡辺麻に1.5倍の大差) これが彼女の判断ミスを誘った
渡辺麻 が15万票に届くことは予想していただろう

指原は考えた 1位を獲れれば良い 大差をつける必要はない
・・・であれば 次に考えること それは 

     HKTのガキどもに票を配分することである

そんなこと出来るはずなかろう とか思ってはならない
彼女の政治力いや「プロデュース能力」をもってしたら 十分可能である
証拠にHKTのガキどもは一気に票を伸ばしてきただろ

ランクアップが若い子たちを成長させることを指原は体感してきている
可愛い後輩たちを伸ばすために指原が暗躍したとしても不思議ではない

大島票・篠田票がどう動くか も 計算しただろう
それでも ギリギリでまゆゆをかわせればいい 大差はいらない

おそらく 指原が読み違えたのは AKBファンの「特殊な」票の動きではなかったか

川栄・入山を押し上げた「同情票」
渡辺美を叩きのめした「おしおき票」
ここまでは読めたはずだ

ただ 恐ろしいのはな 前田・大島すら翻弄された「アンチTOP票」 
逆転の方がイベントは盛り上がる
前年の1位を落とすために 逆転可能なメンバーに票を固める連中である

アンチ指原票がまゆゆに流れることは当然計算したろうが 
アンチTOP票(自分がTOPの該当者であること)を考えていなかったのではないか

まゆゆとの票差は だいたいそんな感じである
まゆゆに集まって一番ダメージを受けたのは珠理奈であろう モワッとした民意はまゆゆに行ってしまった


指原は終わった後 号泣したようだがな おそらくは すぐに気持ちを切り替えたであろう
連覇をするより リベンジをうたえる2位の方が 数倍美味しい
まゆゆは強くない  珠理奈や山本彩や若い連中が十分狙えるところにいる 乱戦である
そうなった方がAKBグループ自体の盛り上がりは図れる

圧倒的なポジションに自分を置くより 「最強のヒール」 として君臨していた方が
イベントは盛り上がる
プロデューサー指原なら その計算はすぐできたはずである
彼女の基礎票は20万票ある どうにでも乱戦を演出できるのである


   指原莉乃は自分が「勝ち続ける」ことよりも AKBを「勝たせ続ける」道を選んだ





秋元康は 良き後継者を得た
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/340-ef156344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。