とよだの腹
セクハラ野次
塩村文夏へのヤジが大問題になっている
オイラなりの見解を述べておかねばなるまい

  ・・・ん? オマエは どんな立場で書こうとしているのかって?
  うん オイラ 過去 多大なるセクハラを繰り広げてきた 極悪オヤジである
  その極悪オヤジが 自戒の念を込めて 語らせていただく



さきほど 鈴木都議が記者会見をやっておった
まぁ 完全にアウトだがな 自ら名乗り出て(というシナリオで)謝罪会見を開いたんでな
アウトだが 蜘蛛の糸一本残したアウトかもしれぬ

今回 塩村 ○  鈴木 ✕✕  という 世の中の大半の意見(一般論) と違うところから
話を進める
そう とよだは聖人君子ではない 極悪オヤジである


なぜ あのような女性蔑視のけしからんヤジが飛んだのか
1.自民党の驕り
    まさに今 わが世の春を満喫している自民党安倍一派であるがな
    自民党の得意技知ってるか すぐ勘違いして驕り高ぶることである
    戦争大好きおぼっちゃま軍団が 勘違いしてとんでもない方に行こうとしてやがる
    世論・野党なんて どうでもいいのである 権力を持っている自分たちが一番偉い
    失言しても すっとぼけてごまかせばいい
   
    あのボンクラ2世環境相が 本音を漏らして何が悪いと言ってるの見てもわかるだろ

2.牢名主の新人いびり
    都議は なんせ大首都・東京の議員だからなぁ
    そこいらの陣笠代議士なみの権力・利権はある 
    故に 独特の「ムラ」を形成していると 推察される
    そこに ポッと出の新人のネェちゃんが出てきたのである
    こいつは ちょっと洗礼を浴びせてやらんといかんなぁ
    都議会の怖さ思い知らさせて 自民党都議団にひれ伏せさせねばならんだろう
    いっちょ 脅しとくか   
    ・・・てな 勘違いオヤジ軍団がいたんだろうなぁ

    そこに加えて

3.塩村文夏の出所
    ご存じ「恋のから騒ぎ」で 名をはせたMVP女である
    男をフリまくり 別れる時には慰謝料をせしめた とかの高ピー発言でウケまくった女である
    少々のヤジでたじろぐタマではない
    さんまを喜ばせた そのウデ 見せてもらおうじゃないか

    オッサン方は おそらく 「恋から」が TVショー であることなぞ理解できんのだろうなぁ

    だから オッサン方は圧倒的な勘違いをする
    確かに さんまvs塩村 の応酬は見応えがあった さんまはヤジ以上の言葉で塩村を攻めた
    ただな さんまは顔と名前を曝しながら さんまとして自身の責任のもと言葉を発した
    匿名のヤジと決定的に違うのはそこである


匿名でヤジを飛ばした議員 容認するかのように大笑いした議員 ごまかし逃げようとする自民党

ひと言だけ 言いたい

            テメェら 卑怯だ!

野次るんなら 腹据えて 堂々と野次らんか
問題になったら コソコソ逃げずに 「俺が言った 塩村への激励だ」 くらい 言ってのけんか




ここから 極悪とよだに戻る

ひとつ 疑問が残った

     塩村は何故反撃しなかったのか     である

おそらくは 「恋から」は全くの作ったキャラで  本来の彼女は本当に女性問題をやりたかったので
名前を売っただけだったのかもしれない 知名度は増して都議になれた
新人議員として 一生懸命だったのかもしれない

勉強して 頑張って やっと質問の機会を得た
一生懸命 苦労している女性たちのために都政に訴えていきたい
・・・その矢先のカウンターヤジである   

さぞや 悲しかったろうな 悔しかったろうな  ・・・・

      おそらく これが今回の事件の本質であろう

ただ オイラ もうひとつのストーリーが頭をよぎった
塩村を甘く見ちゃいかん このオンナ なかなかのタマである
恋からキャラが彼女の本質であったのなら あんなヤジくらいで泣く女ではない

結婚しないのか の鈴木のヤジに対し 不覚にも塩村は笑ってしまった
なぁに言ってんのよ くらいの受け止めであったかもしれない
だが彼女は頭が良い 途中で考えが変わったんじゃないか  
     「逆襲してやろう」
どんな屈強な男でも絶対にかなわない最強の武器 「涙」 を後半彼女は絡める

その結果が現在である

塩村の涙は 都政を自民党を揺るがせた 海外にまで発信された
誤解を恐れず言えば 「一新人議員の質問」の数千倍の破壊力を浴びせたのである


世の女性 塩村の関係者 みんなの党の関係者から いっせいにお怒りの声が聞こえてきそうだが
誤解するな 女性蔑視とか塩村批判じゃないぞ 逆である
政治家として 物凄い影響力を発揮できたのだ 
議会も都も 塩村の提案した女性問題に必死にならざるを得ない

被害者 ではなく ヤジに逆襲したオンナ の方が オイラ彼女を支持する






オイラの セクハラについて述べようかと思ったが 

長くなりすぎたので別の機会に回す

オイラに不快な思いをさせられたであろう多くの女性の皆さんには
その時に あらためてお詫びをさせていただく

今回の最後は お偉いさんをしていた頃 部下の女性の皆さんから叱られた言葉で締める

   生命体の最大のミッションはDNAの伝承である
   ゆえに 人類で偉いのはそのミッションのメインキャストたる女性である
   男は 子供が産めない 女性が産み育てるサポートしかできない
   俺ゃね 女の方が優秀だとおもっとる
   云々



   とよださん・・・

   ん?

   私たちは貴方のことをよく知ってるから 貴方がどんな思いでそんなこと言ってるか分かるわよ

   でもね

   子供が欲しくっても 産めない子もいるの

   その子が 貴方のその話を聞いたら 悲しい思いをするでしょうね

   ・・・分かってくださいますか
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/343-6c134afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム