とよだの腹
上半期を反省する その2
前回からの続きである
(まぁ 日時設定を動かし その1 → その2 と順に読めるようにしておこうとは思うが)

  ん?
  6月末が誕生日 とか書かずに 明確に書けばいいじゃない    ・・・ってか
  あのなぁ みんなは本気にせんだろうが オイラ めちゃくちゃファンが多いんである
  そんなの明かしたらな
  電話やらメールやらプレゼントが殺到してな・・・     面倒じゃないか

  ハハハ・・・すまん 妄想である   妄想までなら日本国憲法に認められた権利なのでな 許せ


さてさて PET 検診の結果を聞きに日本医科大まで出向いたのである
  ここは けっこうお気に入りの検診機関でな 
  ちょいと値段は高いが 確定申告で取り戻したカネもあってな
  定期的に (2年に1回) ここで診てもらおうと思っている

結果は・・・ 多くの読者の方を落胆させる結果で申し訳ないが 「 今のところ シロ 」 であった
ガンで苦しんでる ガンと闘ってる方々 一緒に闘えず申し訳ない
ただ ガンは今や不治の病ではない 人間の自然治癒力っちゅうのも西洋医学の枠の上にある
「てめぇなんかに 分かられてたまるか」とお怒りが出るかもしらんが
オイラ 気持ちだけは 皆さんとともにある   頑張って欲しい

脳ドックの結果は・・・  順調に老化が進んでいるらしい
「ハハハ…とよださん 年相応の劣化ですよ」 と医師は笑う
良かろう オイラは あんた(医師)の そういう明るい対処は嫌いではない 

「お袋はアルツハイマーで死んじまったもんで・・・」 と聞くと
「そういう兆候は今のところないですねぇ」 おぅ ありがたい

「タバコがいけないんですかねぇ」
「そりゃ医者として タバコが身体にいいっちゃ言えませんがね・・・」
そして オイラを見ていたずらっぽく笑う
「4000年前から 人類はタバコ吸ってますんでねぇ」
おぅ 先生 オイラ あんたを 思わず抱きしめてやりたくなったではないか

PCで画像を見せてくれながら 医師は 「で なにか他にご質問は」 と のたまう
オイラついに禁断の質問を口にする
「実はワタシ 脳みそに別の生き物を飼ってましてね 2重人格なんですよ」
今まで笑顔だった医師は 笑みを止め 何を言い出すこのオヤジと困惑気味に
「えっ?」 と言葉を絞り出す

「いやね 試験なんかでも 全然分からん問題を終了20分前くらいに突然出てきて スラスラと
全問正解しやがるしですね 文章なんかでもね 後で読み返すと 誰が書いたんだっちゅう
凄い文章書いてたり どう考えても 別人格がいるとしか思えんのですよ」

PCで脳の断面画像を動かしながら じっくり眺めた後 医師は 先ほどの笑顔を取り戻して 言った
「とよださん・・・  そういうのはね・・・   いませんっ!」
「その人も含めて アナタの一人称 自我の世界です どうぞ大切に付き合ってあげなさいな」

おぅ 先生 あんた 医師だが詩人だな

「2年後 また伺いますね」
「ハイ お待ちしてますよ」

検診センターを後にした



6月の最終日 スタバの一番お気に入りの店に行った
まだ 客もそんなに多くない時間帯であった
ラテを注文し 支払いをするときに ハタと気がついて質問をした

  あの・・・ 実は今 株で生活してまして 
  皆さんの笑顔がとっても素敵なので株主にならせていただいたんです
  そうしたら 株主優待券 ていうのをいただきましてね
  この優待券でお支払いしても このお店の売り上げにカウントされるんでしょうか

レジにいた ふたりのおネェさんは 顔を見合わせ 眼をまん丸くされている

  あの・・・ どちらでも お客様のご都合の良い方で・・・

  いえ・・・ あのですね  皆さんの笑顔に魅かれて株主になったんで 
  このお店に その対価が届かないと意味がないんです 
  カウントされないんであれば他の店で使えば良いだけで
  逆に 優待券があった方が褒められるんなら このお店で使いたいんで・・・

オイラは なにを あたふたと 言い訳してるんだろう

  聞いてみますね      一人の子がスタッフルームに走っていく

残った子がおもむろに口を開く

  いつも 来ていただいてますでしょう  
  私たち みんなで いつも 「癒していただいてる」 って話してるんですよ

顔が真っ赤になるくらい恥ずかしかった
オイラ 何万分の一の客に過ぎん そんなオイラが店に行くと覚えていてくれてにっこり笑ってくれる
それは貴女たちのホスピタリティー能力の高さが 鏡に映って 感じてくれてることなんですよ
・・・モゴモゴして そう言いたかったが言えなかった

  カウントされるそうです   先ほどの子が帰ってきて伝えてくれた

両手で差し出すように優待券をお渡しし受取っていただいた

  株主さんだったんですね・・・
  お客様からは いっつも 「癒しのオーラ」 が 出てらっしゃるんですよ
  ありがとうございます



過分な表現 ありがとうございます
皆さん方の 「鏡」 の役割が果たせているのであれば それはとても嬉しいことです



大好きな 美味しい ホットラテ と優しい笑顔をいただいて 

こちらこそ とっても温かい気持ちにさせていただきましたよ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/349-68be9fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム