とよだの腹
続・水卜麻美最強説  ③  「水卜の不安」
前回の ② 「ふたりの優子」 にて こんな記事を書いた

  水卜は ただ 笑っていただけであった
  その 水卜の笑顔の破壊力が 大きな渦を作り 状況を動かし そして皮肉なことに
  水卜を拾い上げてくれた恩師 木村優子を 駆逐してしまったのである

  その 非情な結果が水卜にとって望ましいものだったのか
  それは まだ 誰にも分からない



最近のネットって便利になりすぎたきらいがあってな
週刊誌の見出しとか その記事の「ちょい見」とかさせてくれる

おかげで こんなオッサンが 生涯を通じて何回も読むことなぞなかろう 一流(?)女性誌「女性セブン」の
記事を拝読する機会にめぐまれてしまった

  そこで記事は 水卜が収録中に号泣したことを伝えている

おそらくは 水卜を風船に例えるなら パンパンに膨らんだ風船は もう破裂寸前なのだろう
( いや 勿論 水卜を風船に例えることに他意はないぞ )

水卜の無駄使いを セーブしてきた木村優子の失脚によって 日テレには もうひとつの
「水卜ファン」だけが残った
そう 「視聴率」という 悪魔の数字に脅かされ続けている 水卜を救世主と崇める層である

水卜は数字を持った風船である
そして どんな風を送り込んでも 水卜は「不思議なポテンシャル」で それに期待以上に応えていく
膨らみすぎた風船は もはや女子アナの枠を通り越して巨大化して行く

日テレスタッフは 分かっているのか
キミたちは「数字」という麻薬中毒者なのだ キミたちは破裂するまで風船を巨大化させる気か

  水卜麻美は ただ 「アナウンサーになりたい」 とだけ 夢見ていた少女だったのに

もっとじっくり 珠玉 を育てていかねば 風船はいずれ破裂し 跡形も残らないぞ



ふっと ある女優のことを思い出した
このブログでも 何度となく取り上げたことがある
今の日本芸能界で (大御所・怪優含め)最も演技の上手い人物 
そう 天才・芦田愛菜 である

2011.07.06 今からちょうど3年前 「芦田愛菜が不安だ」 という記事を載せた
彼女の濫用が怖かったからである この子を潰したら 日本芸能界は数十年の損をする

果たして こんな弱小ブログの記事なぞ かすりもしなかったんだろうが
芦田陣営は 彼女をセーブする
子役ブームとかいって どんどこ新しい子役たちが出現してきても 芦田陣営は動じない
もはや かのガキどもとは次元の違うところにいることを 陣営は熟知していたからだろう

象徴的な事件を 皆さんもまだ覚えておられるか

  今年の初め 芦田愛菜は 久しぶりにあるドラマの主役を演じる
  そう 「明日、ママがいない」 である
  そこで 芦田は また凄まじき演技力を見せる
  たかだか TVドラマである ただ芦田が凄すぎるのである
  全国児童養護施設協議会から 人権侵害 とのクレームが入る
  怖がったスポンサーが全社下りてしまう
  国会で 問題として取り上げられる

  くりかえす たかだかTVドラマである そしてくりかえす ただ芦田が凄すぎたのである

そしてこの事件は 露出を減らしたことなど全く影響しない 
     
  芦田の演技力の破壊力の凄さ
 
を証明した だけで収束する


日テレの皆さんにお願いする
珠玉を濫用し 破裂させてしまっては 断じてならぬぞ!

この子の笑顔は 穏やかな太陽光である
その太陽光は ビタミンD を醸成し 人体を健康にしていってくれる
光合成をもたらし 地上にデンプンや酸素を醸成していってくれる
それくらいの効能はあるのだ

一般民間企業の社員に過ぎぬキミたちに そんな国民の宝物を破裂させる権利などない

  分かっておる 水卜がNO.1を獲得して まだ一年も経っていない
  キミたちは確認したいのであろう 
  彼女の持つ不思議なポテンシャルがどこまで埋蔵されているか
  だから 水卜を乱射し 鉱脈を探しているのであろう

  だが W杯のキャスターをさせるなら もっと準備の時間を与えてやれよ
  あの生真面目な子を 十分な準備もさせずに戦わせても 困惑させるだけだ
  話題つくりの為だけに 女優などさせてもならぬ
  明らかに あれは 水卜の為 ではなく キミたちのエゴ に過ぎぬ


木村優子には 有吉には 今の事態は どう見えているのだろうか




また ふっと 有吉が その埋蔵能力を掘り当てた もうひとりの化け物を思い出した

  指原莉乃    である

有吉→指原   意外に思われるか  
指原を発掘したのは秋元康であり 初の冠番組「さしこのくせに」で育てたのは土田晃之であり 
社会的認知度を上げてくれたのはタモリであろう

ただ あの アイドルの枠を超えた革命児の 隠されたポテンシャルに最初に光を当てたのは
間違いなく 有吉とTBSが仕掛けた 指原の初の冠コーナー
(深夜で誰も見てはおらんだろうが) 有吉の初冠番組「有吉AKB共和国」における 伝説のコーナー

  指原PRIDE    なのである

彼女はここから化け物へと育っていく

初冠コーナー → 総選挙大躍進 → 初冠番組 → 総選挙大躍進  と順調に出世してきた直後
スキャンダル発覚 → 博多へ左遷 → HKT掌握 → 総選挙第1位 と 山・谷 をくりかえし
HKT飛躍 → 総選挙敗北  と今に至る

お分かりか 指原は 結果的に上手に「吸う」「吐く」と呼吸をしているのだ
風船を膨らませ 少しへこませ また前以上に膨らませ またへこませる
もうしばらくは 指原風船は破裂せずに拡大するであろう


水卜も人気が爆発してきたのは フライデー「お泊り愛」スキャンダルからであった

妹キャラ・いじられキャラ・愛されキャラ だけでは 年齢の壁を超えられない
その後 素である キャプテンキャラ・姉さんキャラ・人格者キャラを出していく
そろそろ 一呼吸置く時期ではないか

水卜が目指しているものは NO.1女子アナの称号でも ダルビッシュの嫁の座でもなかろう
そんな物差しではなかろうと思う

   ずっとずっと 長い長い間 穏やかな太陽光を この地上に注いであげられる存在


今の使われ方をしていると 大きくなりすぎた風船は 太陽にまで届き

そして 


一瞬で溶けてしまうのかもしれない
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/351-2c526b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム