とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の歌 3曲目「夏祭り」 
いろんな歌詞を書いていて ふっと著作権のことが気になった
無断で書いているのでな 
ある日突然 JASRACあたりから 抗議文と莫大な使用料の請求が来るやも知らん

JASRACにお願いしたい
当方 このブログで金儲けをしているわけではない
著作者(作詞・作曲者)のお名前も明記しておる
作品を誹謗中傷してもおらん あるのはリスペクト感のみである

お気に触る点があれば 何卒 突然の告訴ではなく「警告文を」を送りつけて欲しい
オイラ ルールを知らんのだ
警告が届いたならば 全文を削除し謝罪文を掲載することをお約束する


それでは JASRACに叱られるまで 夏の歌特集を続ける


3曲目は「夏祭り」

もともとは ジッタリン・ジン の歌である
皆さん方には2000年のホワイトベリーの方が馴染みがあろうがなぁ





JITTERIN'JINN(1990年) Whiteberry(2000年)

夏祭り

  作詞:破矢ジンタ
  作曲:破矢ジンタ

    ♫ 君がいた夏は
      遠い夢の中
      空に消えていった
      打ち上げ花火

      君の髪の香りはじけた
      浴衣姿がまぶしすぎて
      お祭りの夜は胸が騒いだよ
      はぐれそうな人ごみの中
      はなれないで出しかけた手を
      ポケットに入れて握りしめていた

      君がいた夏は
      遠い夢の中
      空に消えていった
      打ち上げ花火 
 ♫


ジッタリン・ジンは 独特な「音」を持つバンドでな
「プレゼント」などという魅力的な楽曲も発表している

ただ この「夏祭り」はなぁ
やっぱりホワイトベリーの方が似合ってるのだ
田舎(北見=北海道 道東の市)の垢抜けのしない中学生たちの歌声の なんとマッチしていることか

そう あの子たちが 浴衣の裾をめくって 奏で 歌った時  
この曲は 「彼女らの歌」 に なった 




夏祭りに 淡い・濃い 思い出を持たれる方も多かろう
家族で カップルで グループで いろんなシチュエーションで思い出は刻まれる

  グループで夏祭りに行こうって話になる
  3対3とか 4対4とか まだ明確なカップルにはなってない
  暗い夜道をゾロゾロと歩いていて ふっとお気に入りの娘と隣同士になっててな
  ん? ひょっとして この子は俺に歩調を合わせてくれたのか とかドキドキしてな
  たいした話は出来ん とりとめもない話をしながら歩くとな
  ちょっと指が触れたりした時なんざ もう射精するんじゃないかくらいのドキドキでな

  ・・・ いや すまん 不適切な表現があった 今回はR-15指定にさせていただく


  カップルで行く場合はな 年齢に応じて感じ方が違うがな
  まぁ この歌で歌われているガキの頃のカップルが一番濃い思い出になるんじゃないか


  いろんな地方で いろんな夏祭りに遭遇してきた
  山鹿灯籠まつり 吉田の火祭り 伊豆大島の盆踊り 隅田川花火 ・・・
  

  でもなぁ 一番 感動したのは やっぱり青森にいた頃の「ねぶた祭り」だなぁ
  勤務先の事務所が国道沿いにあってな 仕事をしてると 定刻になると
  遠くから ドンドンドンと大太鼓が響いてくる 触れ太鼓ってヤツだ
  このドンドンドンが五臓六腑に滲みるのであるよ
  五臓六腑は すぐさま脳に信号を送ってな 脳内モルヒネを爆発させるのよ
  こうなると もう仕事なんてやってられん
  2年目からオイラも跳ねておった

  山車の終点は平和公園ってとこでな
  いや終わった後の平和公園の暗闇はすごかった
  どう逆算しても 「この時の子」って誕生日のヤツらが多かったもんなぁ

  誤解するな 悪口ではない 
  神が日本人に与えた 「夏祭り」の正当な意義は まさしく「この時の子」の誕生である
  素晴らしいではないか
  素晴らしいイベントではないか


読者の諸君  是非この「夏祭り」を聴きながら キミたちの淡い・濃い思い出に浸ってみてくれ
そして 「ドキドキ」な感情を思い出してくれ

人類にとって 一番大切な感情は 「ドキドキ」 である
それはキミがガキであろうが 年輪を積んだ大人であろうが関係ない 
生ある限り変わらない  人間の「生きている証」なのである
  




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/366-beace206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。