とよだの腹
「STAP細胞」への仮説  ガンバレ小保方さん  その10
STAP細胞への疑義が広まりだした頃 オイラの中にある仮説が芽生えた


  この騒動の裏側では いったいどんな物語が紡がれてきたのだろう


  そんなことをボンヤリと考えていたオイラの脳ミソの片隅に ある映像が飛び込んできた
  それは 3つのシーン
  オイラの脳ミソの片隅に しかしそれはハッキリと 
  シネコンのスクリーンに映し出される 映像のようなもの が出現した

    3つとも それは真夜中の 静まり返る とある実験室であった
    一人の女の子が 熱心に顕微鏡を覗きこんでいる

 
  ひとつめのシーンでは ハッと驚く女の子がいた
  STAP現象を発見したのである
  人智を超えたもの(=STAP現象)が 彼女の手によってこの世に舞い降りた瞬間であった

  二つ目のシーンでは 泣きじゃくる女の子がいた
  ネイチャー誌に酷評され このままでは STAP細胞が抹殺されそうな頃
  母性の生まれた彼女は どうすれば我が子(=STAP細胞)を守れるか分からず
  我が子を見つめながら泣きはらしている

  三つ目のシーンでは 語りかける母親がいた
  笹井氏の登場により 論文を再提出できるかもしれない頃
  母親は我が子に語りかけている
  「 ごめんね ブスに産んで 本当はこんなに可愛い娘なのに
    お母さん お化粧してあげるからね 綺麗な服も着せてあげるからね 」
  不正と認定された論文の加工の瞬間である
  彼女に悪意などまるでない
  あったのは 抹殺されかねない我が子を ちゃんと可愛く見せてあげたい その一点である

  人前に出るとき 女性は身だしなみを整え 化粧をする
  そして それを 科学の世界では「悪」と呼ぶ




仮説・・・?  単なる妄想じゃないか

そう妄想である 申し訳ないが もう少々妄想を続けさせて頂く  




小保方晴子は 女子力の固まりのように報道されているが そんなにモテる子ではなかったろう
「実験オタクの不思議ちゃん」 そう同級生からは見られていたのではないか

だが 最近の彼女を見てると 「魔性の女」 そう呼ぶのが最も相応しく思える

魔性の女・・・ 読者の諸君は そこにどんなイメージを持たれようか
蒼井優か 荻野目慶子か 藤あや子か 古くなら加賀まりこか 二次元好きなら峰不二子か
だがオイラには 木嶋佳苗 が 最もそれを体現している女性に思える
あんなブスに 多くの男性が人生を狂わせ 自らを滅ぼしていったのである
魔性の女の「魔力」 それ以外に説明のしようがない

小保方さんには 木嶋佳苗とは比較にならぬ容姿がある
破壊力も桁が違うのであろう

しかし それは小保方さんが意図して育んだものではなかろう
STAP細胞が 小保方晴子を選んで降りてきた時 付随して降りてきたものと思われる


「人智を超えたもの」が人間界に降りてくる時 人を選ぶのではないか

 万有引力はニュートンを選んで降りてきて
 相対性理論はアインシュタイン 
 現代音楽ならビートルズ
 仏教がゴータマ・シッダールタ(お釈迦様)
 キリスト教はイエス
 パーソナルコンピュータはジョブズ

そして STAP細胞は人間界に降りてくる時期の到来により
小保方晴子を選んだ

ただ 彼女一人の能力では難しい
そこで「魔性」という能力を付随させた

魔性は バカンティ→若山教授→笹井教授 という世界の英知を籠絡していく

安倍内閣の成長戦略・理研の特定法人化・笹井氏の山中教授へのジェラシー
それらの外部環境も 目に見えぬもの(STAP)が蠢かしたのかも知らん


STAP細胞は 小保方晴子に憑いて 彼女を介して この世に登場したかったと考える




最初に呪縛から解けたのは若山さんであった
怖かったであろう 相手は目に見えぬものなのである
ただ 彼の投じた一石が その後 STAP細胞を追い詰めていく
メディアが手のひらを返すのである

  ここでちょっと横道にズレる
  現在のメディアの あまりの卑怯さ・姑息さについて述べる

  NHKスペシャル 2014.07.27放送「調査報告 STAP細胞 不正の深層」

   そう天下の公共放送が フライデーや文春のごとき「3流メディア」に成り下がったことを
   みずから露呈した番組である
   放送の直前には ストーカーやパパラッチのごとく 強引に小保方さんを追い回し 負傷させている
   それでも放送を強行したので見てみたが あれは酷すぎるだろ

   クライマックスは 小保方さんと笹井さんのメールの交信である
   NHKは再現フィルムさながらに 男声・女声でメールを読み上げていく
   さも 二人の間に「不適切な関係」があったといわんばかりの演出である

   NHKよ 偉くなったもんだな
   キミたちは いつ 他人の私信を盗み読んでいい という権限を得た?
   キミたちは いつ 一般の方々を犯罪者扱いしても良い という権限を得た?
   そして NHKに問いたい
   キミたちのしていることこそ 立派な「犯罪」ではないのか

   笹井芳樹を殺したのはキミたちだ

   メディアの暴走は続く
   笹井氏の遺書だ
   何故 遺書の内容を 遺書の相手先が受け取る前に 公共に曝せるのだ
   事件性を確認するために警察が中身をチェックする のまでは まだ分かる
   ・・・ただ   警察は何故 その内容をマスコミに漏らす
   何故マスコミは ただの一社も その内容を本人が受け取る前にオープンすることに
   疑念を抱かない

   遺書とは 最も尊ばれなければならぬ「私信」ではないのか
   キミたちは どういう立場で どういう権限で 憲法の軸である「基本的人権」を
   ないがしろにするのだ
   
   警察・マスメディアは全社 犯罪者集団 なのである
   そんな犯罪者集団の記事を何故オイラが信じてやらんといかん

   悲しくてしょうがない
   何故 日本のマスメディアは これほどにモラルの崩壊した 劣化した集団になってしまったのか




おそらくは 小保方さんは STAP細胞を再現できない
彼女は科学の歴史の中で 極悪人として その名を刻んでいくのであろう



  とよだ オマエは それでもSTAP細胞の存在を信じるのか
  オマエの仮説は 冒頭から間違っているのではないか
  みんなから そう 言われるんだろうなぁ


でもなぁ (先日のニュースで言ってたが) 彼女が 検証実験に行く前に
弁護士に話した言葉を聞いて ぶっ飛んだんである

   「生き別れた息子を探しに行ってきます」

オイラは娘と思っていたが息子だったのか   ・・・と言う点ではない
彼女は やっぱり母性に動かされていたのだ
オイラの仮説は 外れていなかった




今回の騒動の張本人は 小保方さんだとみんな思っているだろ
ただなぁ これだけ壮大な悪事は 彼女の能力では無理である

考えても見て欲しい ノートに「陽性かくにんよかった」と書く 実験オタクのお嬢様に
これほどのスケールのウソがつけると思うか

じゃぁ 笹井氏が張本人か   ・・・それもない

彼ほどの頭脳の持ち主が これほど簡単にバレるような 杜撰なプロデュースをするはずがない
地位も名誉も権益も 一発で吹っ飛ぶような こんな事件 
もし彼が戦略を練ったのであれば もっと緻密な脚本を書いたであろう 
それくらいの能力はある

・・・ 真犯人は別にいる


   なにか 大きな力が 動いているのだ
   それは人の目には見えない 人智を超えたもの



そう  何者かが 多くの人々を犠牲にしながら 蠢いている  そう考えないと説明がつかん


   STAP細胞は存在するのだ   彼こそがこの事件の真犯人なのである


そして 彼は この世に舞い降りるために 蛇行しながら 多くの人間たちを翻弄しているのだ


皮肉なことである 
世界の頭脳が翻弄され 誰も事件を解明できずにいる そのこと自体が
「人智を超えたもの」の存在を 浮き上がらせ  そして
逆説的に 真犯人=STAP細胞  STAP細胞の存在を証明してしまっているのだ




小保方さんは 全てを失ってしまった
名誉も 人権も 職場も 尊敬する恩師も   ・・・
しかし 彼女は STAP擁護者の中での ただひとり生き残りである  だから頑張ってほしい

オイラの仮説は

  STAP細胞は存在する 
  そして彼は時間はかかろうが 小保方晴子を介してこの世に降りてくる
   である




  50年後 (オイラはもう死んでいるのだろうがな)  晴子おばぁちゃんが TVに出てきてな
  「 STAP細胞はありましたぁ 」 と あの時と同じようなキラキラした笑顔で話している
  そんなシーンが 脳裏に浮かんでくるのである 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/375-071d27c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム