とよだの腹
朝日新聞
朝日新聞は かつて 日本の知性・教養の代名詞であった

  その中でも 青春期に触れた 深代惇郎氏の天声人語 の文章力は圧巻であった
  あれだけの制約された字数・段落数で展開される 文章の世界 に 
  ひたすらに「凄い」と ひれ伏した記憶がある 
  敵わない と思いながらも いつしかこんな文章の書ける大人になりたいと思ったことを記憶している

   その後 深代惇郎の天声人語 に やっと一人の男が肉薄する
   読売新聞 編集手帳の竹内政明氏である

   新聞朝刊コラムの双璧である 両著とも書籍化されている
   皆さんも時間があれば読んでみて欲しい
   文章を砥ぐ とは この方々の文章のことを言う


ただ・・・  朝日は劣化する
今回の件だけを言っているわけではない それ以前から著しく劣化し続けてきている

彼らは「権力大嫌い」メディアである それはそれで良い
しかし いつの頃からか 視点が浅く 偏狭になっていく 大局を見失っていく

 例えば 学校と生徒   朝日は常に権力側(学校)が悪 の視点から始まる
 生徒側がモンスターペアレントであってもだ
 例えば 企業と消費者  朝日は常に権力側(企業)が悪 の視点から始まる
 消費者がクレーマーであってもだ

 何故 一歩引いて もうちょっと大きな目線で 物事を観れないのだろう
 ジャーナリズムの原点は「公正さ」である 「思い込み」からそれが曇ってきているのではないか

 今回の慰安婦問題も象徴的だな
 日本軍が大嫌い だから真実がどうかより 大嫌いなヤツらを徹底的にたたく それしかない
 吉田調書もそうだな
 国も大企業も大嫌い 彼らがやってることはみんな悪いこと
 そういう見方しかできない

 そして 反朝日(産経・読売・文春・新潮・・・) が 叩くと意固地になる


日本を代表する「大人」であったキミたちは いつのまにか「ガキ」になってしまった



    「そうか とよだ オマエも反朝日か?」

      バカ言っちゃいけない
     オイラは「反 ガキメディア」である



朝日は訂正して謝罪した わずかばかり残っていた「大人」が 作用したんだろう 
もっとひどいガキメディアが沢山あるだろうが


読売新聞
朝日と対極をなす「権力大好きメディア」である
オイラ 彼らを「御用新聞」と呼んでいる
彼らは権力の都合に合わせた大本営発表しか記事にせん

いや失礼した
権力大好き ではないな 彼らこそが権力の一員であった
彼らの第一義は 読者に真実を伝えることよりも いかに権力の一員に居続けるか なのである
権力=善 の洗脳活動メディアである

  以前 日テレが銭湯の老経営者(オバちゃん)のインタビューを放映した
  「燃料が高くなって大変なんですよぉ」と言われていた
  原油高の影響が庶民を苦しめている それはそれでちゃんとしたニュースである
  ただ なんで 突然こんなインタビューぶっ込んできたのかなぁ そう思っていたら
  数分後 画面では安倍が「中東における機雷除去も集団的自衛権に含まれる」と叫んでいる
  やり方が あざとい

ただ 読売は悪党だが まだ良かろう
そんなこと 国民にはもうバレてるからなぁ
朝日(権力=悪)と 読売(権力=善)を読み比べれば 真実ってその中間にあるって判る


もっとひどいのが 産経新聞である
オイラ産経を「提灯持ち新聞」(もしくは太鼓持ちでも良い)と呼んでいる
読売が権力大好き なら 産経は安倍一派大好き である
すり寄りたい の一心で提灯記事を書き続けている 卑屈 と呼んで差し上げよう
日枝がお台場にカジノ作りたいんだろうなぁ

  笑っちまうのはなぁ
  日韓関係こじらせたのは朝日である ってなことを堂々と言ってやがるんでなぁ

  夕刊フジって 好きな新聞だったんだけどな
  安倍が総理になった頃から紙面が大幅に変わった
  どんな大事件が起きようと 一面は「中韓の悪口」 徹底してる
  ありゃ ヘイトスピーチだろ 一番こじらせてるのキミたちじゃねぇのか
  (オイラも中韓の反日勢力には頭にくること多いが あれだけ毎日書かれると辟易する)

  産経もおかしい
  以前 安倍の靖国参拝に米国が失望したってやったヤツがあったけど
  櫻井のオバちゃんまで動員して 米国の失望に失望 とか一面でやってやがる
  ありゃ 安倍のマッチポンプを批判してるんで 喜んだのは中韓の反日勢力だけだって
  米国は言いたかったんだろうがなぁ 
  安倍のやる事に文句つけるなって論調は・・・ガキだな
  キミたちの大嫌いな中韓の反日勢力(日本叩きで浮力を得たい連中)が大喜びしたろうなぁ

  石破が 安保相を断った(いわゆる石破の乱)の時には 石破を犯罪者のように論じるしなぁ
  安倍に逆らう者 それは全て悪である
  そんな表現 いやしくも五大紙と呼ばれる大メディアが使っていいのか

  朝日の木村に「辞めろ辞めろ」キャンペーンを張っていたがなぁ
  誤報 偏向報道を繰り返しても 謝罪も辞任もしたことがないキミたちが言うとなぁ
  目糞鼻糞を笑う としか思えん


日本経済新聞は 「ワタシたちは金儲けだけです」 のスタンスが潔かったんだけどなぁ
一応 内容は中立っぽくって一番大人だったんだが 
どうも最近 大企業大好きです が強すぎるようになっててなぁ
変な提灯記事も多くなってきた

NHKも会長や経営委員にヘンなの揃えてから ヘンになってきたしなぁ



ジャーナリズムの原点は「公正さ」である
大メディアに求めたいのは 「大人の目線」 である (例えば池上彰さんのような)

相手を叩きまくって浮力を得る の戦略もよく分かる
エンターテーメントとして それもとっても面白い

ただ 我々はキミたちの垂れ流す情報に日々洗脳されながら生活している
「日本国の民意」というのを形成していっている
真実には裏表があり単一ではない だから どちらの目線からそれを報じても良い
だが きちんとした大人の目線で報じて欲しい

叩き合いッコは 面白いが ガキの喧嘩に過ぎん







水卜麻美最強説において 彼女がアンチやライバルの浮力によって台頭するのではなく
自らの基礎体力でのし上がろうとしている様を書かせていただいた
少なくとも現時点で日本で一番支持を集めている女子アナは彼女である

大メディアの皆さん
日本国民のモワッとした民意が 今何を一番求めているのか じっくり考えてみていただきたい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/379-0729a0e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム