とよだの腹
2014 今年のNO.1 「とよだの音楽大賞」
紅白の真っ最中である  ゴールデンボンバーが毛を剃っておる

毎年 年の暮れに 「今年のNO.1」 を掲載するのだが これはもう間に合わんなぁ

   いや そう言えば 去年も一昨年も 年を明けてからも書いておった
   厳密に言えば「今年の~」ではなく 「去年の~」になるのだが まぁいいではないか

   ( 「保存時の時刻」 って 勝手にどうとでもできるシステムになっとるんでな
     2015年に書こうが 2014年12月31日に書いたようにできるのである )

   そんないい加減なブログなのである

   繰り返す このブログは 文学的価値のある「エッセイ」ではない
   ボケだしたオヤジが忘れんように書いている「日記」に過ぎぬ

   証拠に 金銭(購読料)なぞ 絶対に要求せぬ
   だから ダラダラ書いていても許して欲しい プータローには時間がたんと余っておるのだ

  


さてさて 今年のNO.1 各部門賞の発表である
まずは 楽曲部門から



去年までは「とよだのレコード大賞」と銘打っておったのだが
本家のTBSのレコード大賞の劣化ぶりが 度を過ぎているのでな 音楽大賞に変える

  レコード大賞も 以前は面白かったんだがなぁ もう権威もクソのない
  TBSのブッキング能力のなさなんだろうなぁ 組織の力が落ちるとここまでダメになるのか

  いや 文句があるなら言ってきてくれ
  日本国民の誰が 2014年を代表する 振り返って思い出に残る曲として 
  「J Soul Brothers」 (CD売上30位) をあげる  

  せいぜい 「アナ雪」 だろ いや「ゲラゲラポー」でも 「嵐」でも「AKB」でもいい

  いくら 皆から無視され EXILEのヒロしか相手にしてくれんとはいえ そこまで卑屈になってどうする
  過去の受賞者・受賞曲に失礼だろ

  まぁ 「レコード」を1枚も売っていない連中を集めて レコード大賞 って言ってるんだからなぁ
  TBSよ そろそろ撤退してはどうか
    ( 「クリスマスの約束」も どうしたんだ 約束になっておらん 小田にも見限られたか )



・・・と ここまで書いておきながら オイラもCD売上・配信DL・カラオケ・着うた etc. を全く無視して
勝手に決める
選考ポイントはひとつだけ 「今年聴いて心が震えた曲」 である 発売日も関係ない

いいではないか ここに権威はない
冒頭に書いたように ここは そこいらにいるオッサンの 

     ただの 「日記」

であるのだよ


  そうこう書いていたら もう「天城越え」 ではないか     ・・・いいなぁ
  さすが 視聴者が選ぶ「紅白で聴きたい歌」アンケート 第一位である



駄文が長すぎた 選考に入る

先程聴いた 天童よしみの「やっぱ好きやねん」 には震えた
たかじんと天童のドラマを聞いていたからかも知らんが
天童の たかじんへの思い   鬼気迫る 凄まじいエンターテイメントであった

AKBには 今年 いい歌がなかった
渡辺麻友は 指原との力量差を実感したのではないか
メドレーで歌う時 いろんな歌をうたおうが 
客は締めで 「恋するフォーチュンクッキー」 を聴かねば納得しない

そういうことである

  ( 指原はついに 浜崎あゆみを追い出して 紅白トップバッターの地位を取る
    「HKT」と言う前に 司会は「指原」投入と言っただろ  ・・・ そういうことである )

AKB関連なら 唯一 SKEの「不器用太陽」かな
いや メンバーの路チュー で紅白を逃した 乃木坂の「何度目の青空か?」であろう
満を持しての生田センターの曲である 生田は可哀相になぁ しかし これはアイドル曲の名曲である
準大賞を進呈する

夏に 久しぶりに聴いた 玉置浩二の「田園」も良かった
ヤツはバカだが 歌は上手いなぁ 
あの ウォーウォーウォー の叫びは 心を震わせる

サザンの「東京VICTORY」も いいんだがなぁ
桑田の他の名曲には どこかに「天才の煌き」があるのだが 
この曲は天才が「貯金で作った曲」に過ぎぬ 体調はまだ戻っておらんのか

  おぉ TVでは桑田が歌っておる
  いいぞ桑田 よく 権力の犬と化したNHKが「ピースとハイライト」歌わせたなぁ
  (これは 完全な 安倍批判 の歌である)

だが 天才が貯金で作った歌に過ぎぬが 「東京VICTORY」にも準大賞を捧げる
桑田が歌ってくれているだけで オイラは幸福な気分になるのだ


さてさて 大賞を発表する

ベタで申し訳ない しかし 今年はこの曲しかなかろう

  松たか子の 「Let It Go」

May J. には申し訳ない
ただ 彼女も 全国民も もう分かっていることだ
アナ雪が社会現象にまでなったのは この 松たか子の 圧倒的な音楽的力量によってである

劇中歌をMay J.が歌っていたら この映画はそんなにヒットしていない
( 実際こんなにヒットしたのは世界で日本だけである )
( 各国の歌手がLet It Go を歌いつなぐとき サビは 松たか子に歌わせただろ )

松たか子は 男気のある 日本で一番歌の上手い女優である

彼女は 公の場所で 一切 この曲を歌わない
仲の良い紅白のスタッフにも ついに 出場を承諾しなかった

理由はさまざま推測された

年末に妊娠が発表されたが それが理由ではない
( いや 綺麗な理由が出来た と逆にホッとしたのかも知らん )
ディズニーとの契約?  いや これほどの功労者が「一度だけ歌いたい」と言えば
さすがのディズニーも承諾せざるをえない

やっと チャンスをつかんだMay J.を守ってあげた      そう これしかない

この歌でやっと世に出ることが出来た May  J. 
しかし 松たか子が 一回でもメディアで歌ったら・・・   その一回だけでMay J.は吹っ飛ぶ
それだけの圧倒的な力量差が 松たか子にはある


来年になり May J. が次のヒット曲が出せ 世の中に定着出来たら
ひょっとすると出産後の松たか子は 来年の紅白くらいで一回くらい歌ってくれるかも知らん




恐るべし 松たか子の歌唱力

2014年を代表する歌声は やはり この歌しかない





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/406-0d001c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム