とよだの腹
宗教について (その4)「古典」
世界で一番売れた本って何だろう

一般的には「聖書」と言われているらしい
なになに 60億部も売れてるのか ほぉ
ちなみに2位は「毛沢東語録」とな これも ほぉ である

  日本なら「時刻表」あたり強そうだがな 相手にならんか
  いや待て「少年ジャンプ」があった 最高週は653万部も売れとるではないか
  創刊40周年か 一年50週として単純計算すると2,000回 
  平均300万部売れたとして60億部 良い勝負しそうだな
 
  まぁ内容が変わらん聖書に対してジャンプは毎号内容が違うしな
  比較してはならんか


何故 こんな話から始めたかというと
人間に詳しくなりたい ⇨ 教養を積まねばならぬ ⇨ まずは古典を読まねば
という思考経路である

本は人間の思考に多大な影響を与え続けているんでな
特に古典ってヤツは 長い年月を経て 時代の評価に耐え続けたものなんで
人間の本質にマッチしてると考えられる
(合ってなければ 淘汰されている)

特に 宗教を真面目に眺めてみよう月間 だったんでな
最強の古典であろう「聖書」を まずはじっくり読んでみようと思った次第である

みなさんは聖書を読んだことがあるか
「存在は知っている」「ちらっと見たことはある」という方が大半ではなかろうか

真面目な信者の皆さんには申し訳ない オイラもその一人である

出張でビジネスホテルに泊まると 机の引き出しに聖書がおいてあってな
ちらちらと何度か眺めた
ただ 夜の会議(飲み会)の後で いい気分になってる脳みそでは ちらちらが限界でな
まともに読んだこともない
そのうち 保健体育の奥義を深める為の「有料放送」の方に脳みそは向いてしまう

真面目な信者の皆さん 本当に申し訳ない
所詮 その程度の 煩悩まみれのオヤジ なのであるよ
(旧約聖書と新約聖書の違いすら 全くわかってはおらぬ)


聖書は 佐藤優の「新約聖書Ⅰ」(文春新書)を読んだ

  本当に理解したければ 原書を読まねばならぬ との真面目な意見はあろうが
  途中で飽きてしまうこと必至である
  難しいジャンルに挑むとき オイラはまず とっつきやすい本から読む
  漫画・図解なぞがあれば それに越したことはない

  なに 恥ずかしいとは思わん
  オイラの精神構造は中2から成長しとらんのでな
  中2のオイラが 面白いと思ってくれんと その後に続かない

  同志社大学神学部卒の佐藤優が解説してくれるというのだ
  読んでみようではないか

感想を述べる

  もう一度だけ繰り返しておく オイラ いろんな宗教の信者の方を否定・中傷する気なぞない
  いろんな方々の「価値観」を ひたすら敬意を持って受け入れる所存である

その 前提の上で
「あぁ この考え方が欧米中心に2,000年もDNAのベースに刻まれてきたんだなぁ」
そうなんだぁ という思いと
「まぁ ちっとばかりオイラの考えとは違うなぁ」
という 漠然とした違和感であった

  勿論 キリスト教を否定するなんて気は毛頭ない
  そんな まさしく「神をも恐れぬ所業」をできるほどの 教養なぞ ましてや覚悟なぞ
  全くない オッサンなのであるよ




まぁ聖書だけ読んで云々言ってもいかん
他の精神世界も覗いて見ないとな 「コーラン」も読んでみるか
仏教なら何だろう 日本なら「古事記」かなぁ

本屋を物色していると 阿刀田高 と出会う

 この 真面目か不真面目かよう分からんオッサン 
 いろんな古典を分かりやすく解説してくれている

 新潮文庫では「新約聖書を知ってますか」「旧約聖書を知ってますか」
 「コーランを知ってますか」「シェイクスピアを楽しむために」・・・
 何故かこれだけ角川から「楽しい古事記」

 このオッサンの簡にして素の論評が面白い

 曰く 旧約聖書はユダヤ王国建国史 新約聖書はイエスの伝記 コーランは親父の説教


 ・・・ほぅ  このオッサン 教養と覚悟を持って聖典を外から眺めとるなぁ
 しばし彼のガイドで精神世界の古典を旅してみようではないか


 そのうち オイラ ある古典と出会った
 それを読んだ時 聖書で感じた「違和感」が何であったのか気づいた

  (勿論 聖書はユダヤ教・キリスト教のみならず イスラム教にも影響を与えており
   世界で40億人もおられる それぞれの教徒の方の その精神世界に寄与している  
   大ベストセラーであることに敬意を払わぬものではない)





長くなりすぎたなぁ 
次回 「宗教について」最終回で どの本で あぁ っと思ったのか報告する
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/421-1be81fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム