とよだの腹
井上真央
井上真央は今や国民的女優のひとりであろう


彼女を最初に認知したのは (TBSの昼ドラだったかな) 「キッズ・ウォー」 である
まだ小学生くらいではなかったか
正義感の強いヤンチャなガキ「茜」役で 注目を集めた
あまりの人気に キッズ・ウォーはシリーズ化され 何年も続いた記憶がある


このブログの読者の方は若い方が多そうなので 皆さんの一番の記憶は やはり
「花より男子」
であろうな

茜が成長して 牧野つくしになった そう錯覚させられるほど つくしはまさしく井上真央であった

ジャニーズファンからは反論が来ようが 嵐をブレークさせたのは 井上真央だったと思う
松本潤を世に知らしめたのは 花より男子 だったと この初老のオヤジは感じている




井上真央は 遠い遠い後輩である
彼女は浮ついた人気に溺れることなく 人間力を高めるためであろう 芸能界を一時休み
明治大学に進学している

人気やメディアの力に頼ることなく 「本物」の女優 となるべく 蓄積して来たんだろうな

NHK朝ドラ「おひさま」では 不思議なところに視聴者の評価が高まったと聞く
曰く
「あれだけ綺麗な箸の持ち方をする俳優を初めて見た」 であり
文字を書くシーンでは代役を立てず すべて自筆で演じた である
(この年 最も万年筆の似合う有名人 に選出されている)






何故 今回 突然 井上真央をテーマにしたのか


それは とんでもない記者会見を見たからである
そして そこに まさに彼女が「本物」であることを見せつけられた 凄まじい覚悟の言葉を聞いたからである


NHK大河「花燃ゆ」の低視聴率の要因を聞かれた井上真央の言葉

  「 いろんな原因があると思うんですけれど 主人公である自分の力不足であるとしか言えない 」


違う! 違うぞ!

今回の大河 明らかにNHKの企画と脚本がヘタクソ過ぎるから 視聴率が上がらんのだ
NHK どこまで 井上真央に甘える気だ
「おひさま」の時もそうだ 姫野カヲルコの「ハルカ・エイティ」をパクッたくせに認めず バレんように
後半オリジナルにこっそり変えて そのあまりの面白くなさに失速したではないか
何回 井上真央を潰せば気が済むのだ

主役とは言ってるけどな どうみたって主役扱いしてないではないか
明らかに4月までは 吉田松陰(伊勢谷友介)が主役でストーリーを回しているではないか

こんなインタビューには NHKの製作陣が答えんかい
主役を演じさせてもらっていない主役に 何故責任を押し付ける


ただ・・・ 逆に

この会見が 井上真央の 「本物」としての「凄味」を思い知らさせてくれた

こんな異例な会見 意地悪な質問に はぐらかすことなく 井上真央は責任の弁を述べた
誰にも責任を転嫁することなく 全て主役である自分の責任である と述べた

この子は 本物の「主役」である


今後 ずっと「花燃ゆ」が歴代最低視聴率を続けようが この子が日本の芸能界から消えることはなかろう

何故なら この子は 

「徳」を持った たっぷりと豊かな人間力を蓄積した 

日本を代表する 


      「本物の主演女優」 


であるからである
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/427-f96d2bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム