とよだの腹
「龍馬と会う」   高知への旅 ⑨
高知出身の有名人と言われて・・・パッと思いつくのは    
広末涼子朝青龍か 
いやもっと多士済々であるんだろうが すまない 勉強不足だ
(朝青龍だって 出はモンゴルだしな)

やはり100人に聞いて105人は「坂本龍馬」と答えるんじゃないか   かくも司馬遼太郎と大河ドラマの力は凄い

司馬遼太郎が「龍馬が行く」を書くまでは 全国的にそんなに知名度があるわけじゃなかったんだがな
かくいうオイラも 司馬遼の小説を読んで興奮した一人である

龍馬はなぁ 明るいからいいな  
小説だから でなく史実的にも本当に明るい兄ちゃんだったみたいだ
ヒトを笑顔にする明るさって天賦のものだからなぁ
世の中の 「明るい」 若者たちよ もうそれだけでキミたちは世の中の役に立ってるんだ 自愛せよ

ただ幕末の人物の中で いや歴史上の人物で オイラが最も尊敬するのは西郷隆盛でね
西郷を死に追いやった官軍側の熊本出身者としては 鹿児島の方々から叱られそうであるが
安岡正篤(歴代総理の指南役と言われた陽明学者の偉いオッサン 昭和58年没 ま興味があれば調べてくれ)
曰く、第一等の指導者は西郷であるそうな  龍馬と勝は徳性よりも才智の方が優っているそうな
おぅ 人間をよく見とる


まぁ西郷については後日また述べる 今日は龍馬だ
桂浜に向かう (高知での運転はすべて「やまだ」がやってくれた 有難い)
龍馬像は桂浜の太平洋を望む小高い丘の上にある
IMG_0142_convert_20110619004819.jpg
ここに至るまでの石段がきつくてなぁ
いや たいしたことないんだ本当は・・・ 
本当はたいしたことないんだが ここ3日ずっとアクセルを踏み続け緊張しまくっていた右脚が
完全にギブアップしておってね 汗はだらだら出るし そりゃもう我儘な80のジジイのように
「もう階段はイヤだぁ」と哀願しておったのである

が、まぁ太平洋はいい
龍馬のような男を輩出したのが良く分かる
こんな海を見ていたら そりゃ「ガキ」から「男子」になるわな
IMG_0143_convert_20110619005726.jpg

高知の男たちの偉いところはね
昭和3年にこの像を建てたところだな
司馬遼の「竜馬が行く」が昭和37年だからなぁ
ちゃんと故郷の先輩を尊敬し 日本中で無名であっても 誇りを持っていたんだな


いいぞ 「いごっそう」!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/46-aeb8c953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム