とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMAP ②  「ガンバレ! 中居」
前回のブログで 「SMAPは社会の“インフラ”である」と 書いていたら
最近 いろんな人が インフラ説を口に出すようになった

おぅ 世間もやっとオイラに追随してきたか と慢心して ネットを見てみたら
何のことはない ずいぶん前に 朝井リョウ(作家:桐島部活やめるってよ の作者)の野郎が
言ってるではないか オイラがヤツに追随していただけであった
まぁ 世の中の多くの人たちが 同じ感覚を持っていたってことか 慢心を恥じよう



SMAPの会見 見たけどなぁ モヤモヤだけが残ったなぁ

一番感じたのは 「中居が可哀想だ」 である

夕刊紙などでは 公開処刑だの公開降格だの書いてあったが 読者の皆さんは「降格」させられた経験が
お有りであろうか オイラは何度もある
時の権力者とよくケンカしてたんでな 合う上司・合わない上司によって 抜擢・降格を繰り返してきた

悶々はある あるが自分が判断した道である 誰にぶつけられるわけでもない 悶々するのみである
「雌伏」の時である 花は咲かずとも根っこを伸ばすしかない


間違いなく 現在の日本のスーパースターのひとりである木村拓哉と 若手NO.1MCである中居
個性派揃いの「インフラ SMAP」であっても 彼らが2トップであることに違いない
そして二人の関係は リーダー中居とヒーロー木村でなければならない
中居を中央ではなく下手に立たせた事務所と それに恐れをなして従ったフジTVは 
大きなミスを犯したことを気づかんのか
中居を潰そうとしたことが これから先 どれほど事務所に 日本の芸能界にダメージを与えるのか 
おそらくは分かっていない 危機管理がなっていない

彼ら(事務所・芸能界)の モノサシからしたら通常のことなんだろうが
そのモノサシを超えたところにSMAPは キミたちの育て上げた「化け物」はもう行っているんだぞ
何故 それに気づかない 80を超えた老齢では無理か じゃぁ下のヤツラが言ってやらんか
まぁ今回のことも結局は「3流ゴシップ誌」文春の一年前の記事が端緒だがな


・・・と ここまで書いて ハッと気がついた

  これは ヤンキーのケンカだな

と すれば 今回のケンカ 額面通りに受け取らん方がいいか
裏にもう一本のアナザーストーリーが 流れているのかも知らん
いや あくまで 仮説であるが・・・


何故 ヤンキーのケンカ と思ったか説明する

その前に断っておく オイラ ヤンキーは嫌いじゃない
オイラだけどころか日本人の多くに ヤンキー好きの血は流れている
ヤンキーと暴力団・犯罪者集団とは違う
ヤンキーはお利口さんになりきれない集団のことを言う 
仲間を何より大切にし 彼らなりの価値観を大切にし 世間様の常識から外れたこともしてしまう
そこで叱られてクシュンとなる 反省はするが 哲学(スジ)は変えられん

アラフォーの いい大人達の謝罪会見(何に謝罪したんだ?)であれば 本来一人称は「私」である
木村は「自分たち」と言った これはOKである
香取・草彅は「僕ら」と言った この「僕ら」こそ ヤンキーのケンカの話ですよ の証左である
おまけに ヤンキー界の大姉御 工藤静香までスポーツ紙に登場するしな
メリーも田辺も ヤンキー界の大御所である

ここで ある疑問が頭をよぎる

ヤンキー界随一の「ケンカ上手」中居が なぜ ああいう会見に臨んだのかである
ここから オイラの仮説がスタートする


  中居正広は 現在の若手NO.1MCである
  彼は実に頭が良い 偏差値エリートの頭の良さではなく 別個のモノサシ上での頭の良さである

  中居が初めてMCをしたのは 「うたばん」(1996〜2010 TBS系)であったと思う
  最初は 天下を取っていた石橋貴明の サブ的存在でのアイドル起用の意味合いであった
  ただ しばらくして TBSは 中居が仕切り・石橋が暴れる という立ち位置に二人を変える
  中居の仕切り能力に気づいたからと思われる

  上手い!と思わせないほどの上手さで 中居は仕切る
  それに気づいたNHKは 間もなくして 何と「紅白」の司会に中居を抜擢する
  そこから先のMC中居の活躍は皆さんのほうがご存知であろう

  中居のどこが凄いのか ずっと分からなかった
  切れ味鋭いMCではない 油断しているうちに 知らぬ間に 中居の空気の中にみんなが漂っている
  そんなMCである

  
  やっと去年である あぁそうだったのか と肚に落ちた番組があった
  テレ朝系「ミになる図書館」である 
  そこに凡人査定のコーナーがあった 
  そこでは2枚の写真を見せ どちらが好きか をチェックしあうだけなんだが
  多数派を選べば「凡人」 少数派を選べば ヒトとは違う感性があるとかで「天才肌」となる

  劇団ひとり あたりが天才肌を積み重ねていく中で 中居は何回やっても「凡人」なのだ
  ついに キングオブ凡人 という芸能人としては有難くない称号を付けられてしまう

    「キング オブ 凡人」 これこそが中居の凄さである

  おそらくは 一般大衆の感性 モワッとした民意を 感覚的に分かってしまうのだ
  恐るべき「観客力」とでも言うか 民衆心理掌握力である


  メディアでは 面白可笑しく 中居VS木村 の対立とうたっているが 
  その手合で言えば おそらく その見立ては間違っている 二人はライバルなどではない
  立っている場所が違う
  もっと言えば 一番最初にスーパースター木村の才能に気づいたのは中居であり 
  今現在 木村の一番のファンといえば それも中居なのだ
  同い年なんでな ケンカもあるかもしらんが


それでは 仮説の内容を説明する

今回の大騒ぎ SMAPが仕掛けたわけではない
発端は明らかに 一年前の3流ゴシップ誌「文春」での メリーの飯島への叱責である
彼らは巻き込まれたに過ぎん

大騒ぎを起こして 誰が得をしたか
・文春は売上を伸ばした
・スポーツ紙は何日も連続して一面にSMAPを持ってきて部数を伸ばした
・凋落フジTVは 姑息な番宣を繰り返して 今年の最高視聴率を取れた

大きな渦に巻き込まれようとしている時 中居は何を考えたか もうここからは完全な推測であるが
「ピンチからチャンスへの転換」である

人気NO.1の座は 嵐に抜かれている 
木村は絶頂期の輝きはなく 視聴率も伸びない
SMAPが国民のインフラであることを誰よりも知っている中居は 一か八かの勝負を掛ける

・国民は いや全世界は SMAPが世界的インフラであったことに気づく
・レコチョクでは 「世界に一つだけの花」が ずっと首位を取り続けている

あの会見で 中居が考えたこと それは「完全に負けおおす」という演出である
よく考えてくれ 天才の木村と中居だけでなく あの5人は優秀な「役者」である事実を

まず 木村との対比で木村を輝かせる
中居は 公開処刑に見えるよう振る舞う 
これはメリー・ジュリー親子に対する完全な反撃であり 飯島に対する最後の恩返しである
事務所に非難が行くことくらい 十分承知していたはずだ
(証拠にBPO=放送倫理・番組向上機構 には 人権侵害だと抗議が殺到しパンクしたと聞く)

これでもう 事務所はSMAPを粗末に扱えなくなった
SMAPを粗末に扱えば扱うほど しっぺ返しでダメージは事務所の方に行く
芸能界に君臨する ヤンキー界の大御所 であれば その現実は怖いほどに分かったのではないか


ケンカ上手 中居は 会見をヤンキーのケンカの場と化すことで 全方位にスジを通しながら
その実 大反撃に出たのではないか

   あんたたちに 中居は SMAPは 潰させませんよ  

あの憔悴しきった表情は ケンカ上手の 役者・中居の 一か八かの演技であるような気がしてならない



まだ ケンカは終わっていない
見事な世論掌握力を見せつけたキミだが どんな再反撃があるかわからない

負けるなよ 中居   キミは大切な国民のインフラなのだ 消えてもらっては困る


  ガンバレ! 中居正広



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/467-292ea27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。