とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「須崎で『鍋焼きラーメン』を喰らう」    高知への旅 ⑩
まず頭の中で高知の地図を思い浮かべて頂きたい  ・・・いや無理か
おそらく30%くらいの人しか思い浮かべられんと思う

四国 なら分かるか
よくよく見るとダンベルのような形をしておる
その下半分が高知だ
左上に愛媛 右上に香川 右斜め上に徳島がある
愛媛は瀬戸内海を経て広島と向かい合っている 香川も同様に岡山と向かい合っている
徳島は淡路島を経て兵庫とつながっている
高知はなぁ・・・ 四国山地におおわれて ほぼ独立文化圏と言っても良かろう 
目の前に太平洋 背後に四国山地
どうみても四国4県文化がバラバラでそう仲良さそうでもない
(四国関係者の皆様 申し訳ない 素人の戯言である 失礼ひらにお許し願いたい)

話を高知に戻す
そのダンベルの下半分の真ん中に高知市がある
高知県は東西180kmもある
山地率が89%もある
つまり 逃げがきかん どこに行くにも ただひたすら海岸線を走るしかない 
もしくは その途中のどこかから川に沿って上に上がるしかない

  先ほどから高知及び四国の方々に大変に失礼な物言いばかりしておる
  許して欲しい 決して見下しているわけではない いやむしろ敬愛しておる
  ただただ文章力のなさと浅薄な人間性のなせる業である   繰り返す   敬愛しておる




桂浜を愛でた後 昼飯の話題になる
「とよださんに『鍋焼きラーメン』を食わせたいと思っている」やまだが述べる
無論 異存なぞあろうはずがない 

  ガキの頃 一族の首領であったバァちゃんに「一番好きな食べ物は何かい?」と聞かれ
  「ラーメンである ラーメンには哲学がある」と言ってのけ
  なんだ この可愛げのないガキは  と、親戚中の非難の視線を浴びた小学生は
  そのまんま 大人になってしまった

  バアちゃん(母の母)はニコニコ笑いながら1,000円札を握らせ
  「これでラーメンを食べなさい」と解放してくれた
  当時一杯100~200円の時代である 
  ラーメンを食っても800~900円もの大金が残る おおおおお である
  何を思ったか舞い上がったオイラは友達を集め「桂花ラーメン」で豪遊したのを覚えている

  いや 全く筋と関係ない挿話であった

鍋焼きラーメンは高知の西にある「須崎市」のご当地ラーメンであるそうだ
太平洋を左に見ながらひた走る  あぁ晴れていたらもっと綺麗であったろうに・・・
しかし曇天or小雨の中でも太平洋はやはり偉大であった

途中 明徳義塾の前を通る
「ちょいと寄りますね」
そう言って やまだがハンドルを切る
いや 明徳なんて外から見てれば十分だ・・・と、言うまもなく明徳の裏の寺に着く
四国88ヵ所巡礼の第36番札所 
おお「青龍寺」 朝青龍はここで青春を過ごしていたのか

またしばらく走る
「橋本食堂って言うとこが美味いらしいんですがね カーナビで分かりますかね」
おいおい 片田舎の食堂がカーナビデータにあるわけないだろう・・・

    ・・・あった



  おそるべし「彩速嬢」の女子学級委員長的ポテンシャルの高さ・・・・




長くなりすぎた
鍋焼きラーメンについての本論は明日記す
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/47-de586cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。