とよだの腹
ガキども
最近 つい ウルッときてしまうCMがある
amazonプライムの ガキと犬のヤツだ


 産院帰りなんだろうか 夫婦と赤ん坊が自宅で遊んでいる
 そこへ家族の一員であろうゴールデンレトリバーが 赤ん坊に寄ってくる
 新しい家族への挨拶であるんだろうが ガキは犬を見て大泣きしてしまう
 空気を悟った犬は悲しそうにその場を立ち去る

 場面は変わり 夫婦とガキは遊んでいる
 特にガキは ライオンのぬいぐるみを大層気に入ったようで さわって
 笑顔満面にしている
 遠くから それを寂しそうに見る犬
 それに気づいた旦那が 分かった とばかりにワンクリックで あるものを
 注文する 

 その夜 注文したものが届く それはライオンのたてがみ
 犬は それを身に着け またガキのもとに向かう
 凝視するガキ 仲良くしてくれるかと不安げな犬
 そして やがて 赤ん坊の小さな手は 犬へと向けられる


言っておくが オイラ ガキも犬も好きではない 「天敵」と心得ている
ついでに言えばamazonも そう好きな企業ではない
赤ん坊とペットという 鉄板のCMキャストを両方使うなんぞ 小賢しい
テメエらの戦術になんぞ乗ってなるものか と思う

でもなぁ
ホロッとしてしまうんよ
天敵 とか強がっていても 可愛いものは やっぱりカワイイのである


田野岡大和が退院した

彼が生還(発見された)したときには やっぱり おぅっ! と感動した
あのガキ 生命力があるなぁ
オヤジを悪く言うなよ 2度も降ろしたのは それくらいのキカン坊であったのだろう
結果オーライだったから言うわけではないが このガキ 将来何かやってくれるかもしらん
それくらいの強烈な体験であったろうと思う それを経たガキだ
大事に育てていってほしい

 数十年前のある事件を思い出した

 確か西日本の方の小学生(低学年)が行方不明になった 
 数日後 彼はとんでもないところで発見される 北海道・札幌である
 どうやって そこまで行けたのか わからない
 でも 見つかったとき 彼はすこぶる元気であったらしい
 新聞の三面記事に 小さく彼の言葉が書いてあった
 「うん 雪まつりが見たかったんだ」

 ガキは時々 とんでもないことをしやがる

オイラ 訳知りの立派なコメンテーターのようなコメントはできんがな
(彼らはおそらく 大人の責任やらガキどもへの教育について述べるんだろうが)

「たいしたもんだ!」 その一言だけをガキどもには伝えたい


ガキってなぁ バカで礼儀知らずで公徳心の欠片もない奴らなんでなぁ 大嫌いなんである
が なぁ 一日ごとにジジ・ババは死に ガキどもは生まれ 繰り上がっていってなぁ
そのうち彼ら彼女らが 世の中の中心になる日が必ず来るのだ 世代は変わっていくのだ

いいじゃないか ガキどもよ 強く生きろよ キミたちの時代が必ず来るんだ
だから このオッサンはなぁ とんでもないことをやってくれるガキどもが現れると
嬉しくってしょうがなくなるのだよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/478-6899f870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム