とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 今年のNO.1 「音楽大賞」
今年のNo. 1 いや実際は去年のNo.1 であるのだが 恒例行事であるんでな
年も明けた1月11日ではあるが始めたいと思う

まずは 音楽大賞から
過去の受賞曲を振り返る

2011年 「ミスター」  (KARA)
2012年 「女々しくて」  (ゴールデンバンバー)
2013年 「恋するフォーチュンクッキー」  (指原莉乃 with AKB48)
2014年 「let it go」  (松たか子)
2015年 「君の名は希望」  (乃木坂48)



ん? と 思われた方もおられよう
その曲の発売年とリンクしていない曲が多いんでな

ルール(選定基準)を ご説明しよう
いつのヒット曲かなんぞ関係ない

あくまで その年 オイラが う〜ん と唸った曲である
いいではないか オイラのボロブログである オイラの勝手である
どこかの国の大統領のTwitterと似たようなものだ


さてさて 今年(去年)も年初から 唸る曲が多かった アーチストの諸君に感謝する
準大賞から発表していこう


「サイレント・マジョリティー」  (欅坂46)

このガキどものデビュー曲である
いやぁ あのパフォーマンスには恐れ入ったな
ガキどものデビュー曲としては SPEED以来の破壊力であった
秋元銘柄からは これを一番に推しておきたい

「前前前世」 (RADWIMPS)

才能は感じるな
ゲスの川谷や セカオワのフカセに感じたような才能である
いまどきの若いニイちゃんの才能なんだろうな
映像に助けられた感もあるが コラボで新しい世界を見せてくれるのもアリである

「FRASH(ちはやふる映画予告編バージョン)」 (Perfume)

いや 彼女らのPVもいいのだ いいのだけどな
何より「ちはやふる」の 予告編で流れる この曲がいいのだ
広瀬すずが目をパッと見開く瞬間から始まる予告編でな
サビの「FRASH!」と言うところで 取り札が宙に刺さるのがゾクゾクするほどカッコいいのだ
パヒュームには申し訳ないが オイラ 広瀬すずのファンなのだ 許せ

続ける

「パーフェクト ヒューマン」 (RADIO FISH)

リズムネタに分類していいのかは別として 完成度はなかなかのものだ

それ以上に 凄い! と思ったのが

「PPAP」 (ピコ太郎)

である
キワモノ と思われるかもしらんが 違うぞ 全世界・老若男女が口ずさめる歌である
あのビート メロディー そして ごく初心的な簡単な英単語だけで構成された曲
キダタローが 悔しそうに これは現代の「童歌(わらべうた)」だ と絶賛しておったが
オイラもそう思う

哲学的な詞や 優れたメロディーライン 小難しいアレンジだけが 高尚な曲ではない
人類が 歌を口ずさむようになった 原始的な 根本的な楽しさがあるではないか
音楽の原点って こんなものじゃないかなぁと思う



いや ここまで絶賛したので ピコ太郎が 今年の大賞か と問われれば違うのでな
この一年を通じて もっとも人々の心を揺さぶった歌

ピコ太郎 すまん
今年は この歌以外にはないであろうや

「世界に一つだけの花」 (SMAP)

エンターテイメントの世界において この四半世紀 我々に豊かな糧を与え続けてくれた
彼らの功績に 心からの感謝をして この歌を今年のNo.1 にしたい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/502-aabd6d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。