とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 今年のNo.1 ⑤ 「各部門賞」その4
< 映画 部門 >

映画部門と言ったってなぁ 今年は2本しか見てない
「シン・ゴジラ」「君の名は。」である

両方とも No.1に相応しい 良作であった
オイラの 映画に期待するものの基準のひとつに「ポスト宮崎駿」というのがあってな
あのオッサン 凄いだろうが 彼の紡ぎ出す世界観に畏敬の念を覚えるのであるよ
彼には勝てん (いや オイラが競ってどうする?って話だが)

先日だって 日テレで ジブリの再放送やってたが 千と千尋 18.5%だって
8回目の再放送だぞ キムタクの新作より高いんだ なんてこっだ である

その意味で この2作品 庵野秀明と新海誠
お二人とも違うルートで 巨峰 宮崎駿の頂に迫っておられる 素晴らしい

もう あとは どっちで より「ワクワク」したか で測るしかない
決めた

「シン・ゴジラ」

すまん オイラ 初代ゴジラ世代なのだ
幼心で ゴジラに出会って ぶっ飛んだ記憶が抜けんのだ あのゴジラより素敵であったのでな


<お笑い芸人 部門>

部門賞の最後に お笑い芸人を取り上げてみたい

彼ら・彼女らは 実に頭が良い
異論はあろうが 現在の日本の庶民のオピニオンリーダーというか 潜在意識下に影響を与えているヤツら
それは彼らの言動ではないか と思っている

頭の良さ で パッと思いつくのは 宇治原
ただ 今年は とんでもない伏兵が現れたしなぁ カズ・レーザー こいつ ただのバッタもんではない
彼を見てると 「読書」の力の偉大さを感じる 彼の知識の源泉は莫大な読書量である
若い皆さん 読書の力を侮ってはならんよ 又吉にしても若林にしても 読書の力が彼らを作り上げている

大御所は論ずまい
たけし・タモリ・さんま と言ったBIG3は もう日本の代表選手だし
その下のアラフィフ世代 ダウンタウン・ウンナン・とんねるず・爆笑 も
そのちょい下の さまーず・くりぃむ・天素(ナイナイ・雨上がり)・バナナなども地位を築いている

アラフォー以下な その辺の中堅・若手の層の厚さ 凄いな

クイズ番組など見ていると 笑いを取らないでいい場面でガチに当てに行った時
高橋や吉村や斉藤 などは きちんと回答してくる
MC力では 有吉や淳 後藤 なかなかである
ジュニアやバカリ は 笑いの偏差値高いしなぁ
キャラでは 出川が 一時代を作った

いや 好きな芸人さんが出てきてない と 怒るな
多すぎて思い出さんのだ


収拾がつかなくなった
書きたかったのはなぁ ある芸人の笑顔が素敵だなぁ と思ったからなのだ

そいつは イジられた後の「返し」の爆発力で 上がってきた男
そいつがウケるウケないじゃなく そいつが絡んで後輩や仲間が笑いを取った時
画面の隅っこで そいつは 良かったな とニッコリ自然に笑うのだ
それがなんとも素敵なのである
あぁ こいつは 仲間やスタッフから好かれるんだろうなぁ

故に 芸人部門 今年のNo.1は そいつに贈りたい




バイきんぐ 小峠 の笑顔
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/506-70255764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。