とよだの腹
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 今年のNo.1 ⑧ 「言葉大賞」 後段
さて そんな凄いお方の凄い言葉の後に 大賞を発表する

うって変わって それは誰も知らない田舎の普通のオバちゃんの言葉である

「うん 今ね  みんなで料理大会をやってるの 」

なんだ? とよだ オマエおかしくなったのか
なんでこんな普通の言葉 竹内さんの言葉の上に置く?

すまん さらに皆さんを落胆させることを書く
これは我が実姉の言葉である
身内びいき この上ないな

状況を説明する

オイラの出身は熊本である 大学で上京するまで ここで生まれ青春時代を過ごした
両親はすでに他界し 姉貴の一家だけがいる

姉貴は還暦を迎え 先般 退職した
その退職金をもとに マンションを買ってな そのマンションがやっと完成したらしく引っ越したばかりだった

そして 4月14日 を迎える
もう忘れ去られた方も多かろう 熊本大地震である
姉の旧居は 熊本市の東端 今回最も被害の大きかった 益城町の隣である
旧居より数キロ 市の中心部よりに住まいを変えていたんでな それは幸運であったのだが
ただ マンションの最上階を買っておってな それは揺れたらしい

電話をしたら なんとか生きておった
「家ん中 メチャクチャになっちゃった まぁ明日から片付けるわ」
平常心を失わない女である
ひとまず安心した

そして 皆さんもご記憶にあろう
本震と誰もが思っていたそれは前震であり その前震以上の「本震」が熊本を直下したのだ

やっと電話が繋がった時 姉はマンションを出て近所の中学校に避難していた
「本当に怖かったのよぉ〜」
いつも ニコニコしかしていない姉が 初めて恐怖を口にしていた
今回の地震は今までとパターンが違う またいつ 今回以上の揺れが来るか誰もわからない

子供達は他県に出て 兄(旦那)もまた他県で働いている
避難所といっても引っ越したばかりである コミュニティーが出来ているわけではない
ひとりで震えているであろう姉との兄弟の会話は一点だけであった
「とにかく 生き延びよう それだけを考えてくれ」

姉は とにかく人気のある女であった
太陽みたいにニコニコして 周りには多くの人々が集まってくる
退職前はエリート達が集まる職場のお偉いさんをしていた
さして能力があるわけではない ただニコニコしている
でも不思議に 姉が困っていると 優秀なエリートたちがさっと集まってきて姉を助けてくれるそうだ
年齢を重ねるにつけ 姉は押し上げられるように 上へ上がっていった
姉の能力に関係なく 姉の部署は業績を上げていったからだ 周りの方々が働きやすかったんだろうなぁ

太陽みたいな人だ

弟の身が姉を褒めるのは気味が悪かろう すまん ただ素直にそう思う
偉くなろうが偉ぶった姿を見たことがない リーダーシップを発揮するわけではない

姉のことを「善の塊」と揶揄することがある 「悪」のカケラもない
人間なんて「善」と「悪」のバランスがあって 初めて その人間の幅や深みになると思うんだが
「善」のパワーが強すぎてなぁ
周囲の方々は居心地が良かったんだろうなぁ


長々と身内褒めの駄文を書いて申し訳ない
本論に入る


新興住宅が多い 政令指定都市の街中の中学校である
コミュニティーができているとは思えない あったとしても中学のPTAくらいだ
避難所に馴染めず 車中泊をしエコノミー症候群で亡くなった方のニュースも散見した

そんな中に一人で避難しに行った姉のことが心配でならなかった
連絡を入れた

そこで 先述の言葉と出会う
ワイワイガヤガヤと 賑やかそうな周囲の声の中で 姉の発した言葉
「うん 今ね みんなで料理大会をやってるの 」
である

聞けば やっぱり姉の周りに 見知らぬ方々がたくさん集まってくれたそうである
避難所は中学校 そこで女性陣でサバイバルのため学校内を探索に出かけたらしい
「家庭科教室を発見してね」 姉は嬉しそうに話す 使えそうだと意見が一致する
主婦たちは 各々自宅に一旦戻り 使えそうな食材を持ち寄って まずは「おにぎり」の製作から始めた
「若い人たちは飯盒炊飯ってやったことないそうでね 教えてあげたの キャンプやっててよかった」
おにぎりを大量に作った 翌日のために余ったヤツは保存した ところが
「市役所の人が来てねぇ 食中毒の恐れがあるって捨てちゃうのよ」と 姉は立腹する
姉は前面に立って阻止しようとしたが廃棄されたらしい そりゃそうだろ

ただ その廃棄が 避難所の方々を逆に結束させたようだ
女性陣だけでなく 数百人の避難者の方々がみんなで 料理大会をやったのだ
それはキャンプやBBQ大会のように盛り上がっておってな

何という生命力 いや 姉の太陽力

その避難所は 一人の病気者も出さず数週間後に解散した
「凄いリーダー力やったね」と言うと
「なんも 私はリーダーなんてやれる器じゃない みんなのお手伝い係やったんよ みんなが凄いんよ」
と 素の返事をする そうだろうなぁ 姉の目にはそう映ってるんだろうなぁ
「嬉しかったんはねぇ‥」姉が続ける
「解散式の後 帰宅される前に沢山のご家族が私に握手を求めてくれてねぇ 同志感よねぇ」

号令をかけたり リーダーシップを発揮するだけが本当のリーダーじゃないよ
太陽のように みんなを照らして暖めて 絶望から引っ張り上げたんよ
その握手はねぇ 少し前まで見知らぬ赤の他人だった人たちからの 太陽さんへの 感謝のシルシだよ
「ふぅ〜 アンタは人を褒めるのが上手いねぇ」


多くの震災死・震災関連死の方が 出てきてしまう 大地震
そんな不安と恐怖と絶望の最中 一人ひとりの全人格が浮かび上がるであろう究極の瞬間に
周囲の歓談や笑い声とともに聞いた姉貴の「料理大会やってるの」
弟はその瞬間に 姉が太陽力を発揮している状況が目に浮かんだ

あんたは凄い 本当に凄い女だ

生き延びよう と弟と約束してくれた姉は 周囲の何百人の生命も守ったのかもしれない
姉がこの世に生を受けた理由は この数日間のためだったのも知れない
そして 姉はそんなこと 全然思いもせずに明日からも生きていくんだろうなぁ


今年の言葉大賞
この 田舎の普通のおばちゃんが言った 普通の言葉にさせていただく
弟は ビックリして そして感動したのですよ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://to06002.blog129.fc2.com/tb.php/509-48756ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とよだ

Author:とよだ
いいや 
ダイエットなんぞ 始めてはいない!



来訪者



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



フリーエリア



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。